株式会社ファイン、中国・杭州市、シンガポールに新拠点を設立 ...

株式会社ファイン、中国・杭州市、シンガポールに新拠点を設立  - グローバル展開をさらに加速へ -

株式会社ファイン(本社:大阪市東淀川区、代表取締役:佐々木 信綱)は、100%子会社であるFINE GROUP LIMITED(香港)内に、新たに2つの海外拠点を設立いたしました。


・北京潤天堂健康科技有限公司杭州分公司(中国・杭州市)

・CASON FINE JAPAN PTE. LTD.(シンガポール)


これまで、海外のグループ会社は、香港、アメリカ、台湾、ベトナム、そしてマレーシア、フィリピン、モンゴルの代理店で活動を行っておりましたが、この2拠点を加え、計9拠点で、現地マーケットニーズに対応し、さらなるグローバル化を目指してまいります。

今後も、ファインバイオサイエンス研究所(FBRC)での研究成果を、播磨先端製造技術センター(HAMTC)など5か所のグループ工場で、「機能性表示食品」、「医療用食品」、「医薬品」はじめ、幅広くエビデンスをベースとした製品を作り、製品やサービスを通じて、世界中の人々の美と健康に貢献できるよう取り組んでまいります。



【中国現地法人の杭州支店開設について】


1. 支店開設の目的

これまで、天猫国際(Tmall Global)など複数のECモールで日本の健康食品の提供を行ってまいりました。今後は、より多くの中国国民へアプローチし、中国国内での販売ルートを確立するなど、新たな展開を考えており、そのための新たな拠点として杭州市を選びました。杭州市は中国デジタル経済の中心といわれ、各種メディアの集積も充実してくるなど、今後の当社のビジネスの基盤を確立するために最適な都市と判断いたしました。


2. 支店概要

(1) 商号  :北京潤天堂健康科技有限公司杭州分公司

       (英文:FINE CHINA CO.,LTD HANGZHOU BRANCH)

(2) 代表者 :張 瑞峰

(3) 所在地 :浙江省杭州市江千区紅街天城2番1404号室

(4) 設立  :2019年5月7日

(5) 事業内容:EC業務及び現地での販売



【シンガポールにおける合弁会社設立について】


1. 新会社設立の目的

これまで香港を拠点として、美容系健康食品を中心にアジア圏の販売に力を入れてきました。新会社を設立したシンガポールは、グローバル経済が発展していくのと比例して、いまや名実ともにASEAN諸国の中心地として、世界中から進出企業が相次いでいます。当社は、現地での健康食品の拡売を見込み、これまで協力関係にあったマレーシア代理店CASON INTERNATIONAL SDN.BHD.と合弁会社を設立することに合意。シンガポールを第2のハブとし、現行のビジネスをASEANで横展開し、事業拡大を目指してまいります。


2. 合弁会社概要

(1) 商号  :CASON FINE JAPAN PTE. LTD.

(2) 代表者 :福田 晋也

(3) 所在地 :10 Anson Road #23-05 International Plaza Singapore 079903

(4) 設立  :2019年5月28日

(5) 事業内容:シンガポール・マレーシア・東南アジアでの健康食品販売、EC業務

(6) 資本金 :SG$100,000(円換算約8.6百万円)

(7) 出資構成:FINE GROUP LIMITED(香港) 60%

       CASON INTERNATIONAL SDN.BHD. 40%

(8) その他 :FINE GROUP LIMITED(香港)は当社100%子会社のため、

       本件合弁会社は株式会社ファインの間接子会社となります。



【株式会社ファイン会社概要】

(1) 商号  :株式会社ファイン(FINE JAPAN CO.,LTD.)

(2) 代表者 :代表取締役 佐々木 信綱

(3) 所在地 :大阪市東淀川区下新庄5丁目7番8号

(4) 設立  :1974年4月1日

(5) 事業内容:健康食品、自然食品の製造・販売

(6) 資本金 :3,000万円


<関連リンク>

株式会社ファイン : https://www.fine-kagaku.co.jp

FINE GROUP LIMITED: http://www.hkfinegroup.com

プレスリリースロゴ画像

プレスリリース添付資料

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「188067」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報