JFEシステムズ、食品業界向け商品情報管理システム「Merc...

JFEシステムズ、食品業界向け商品情報管理システム 「Mercrius クラウド(R)」のエントリーモデル 「原料コース」を提供開始

JFEシステムズ株式会社(東証二部 4832、本社:東京都港区、代表取締役社長:西崎 宏、以下 当社)は、自社開発の食品業界向け商品情報管理システム 「Mercrius(R)(メルクリウス)」のクラウドサービス(以下、「Mercrius クラウド(R)」)に原料規格書管理に限定した「原料コース」を新設し、2019年7月1日よりサービスを開始します。



食品の品質に対する社会的な関心は高く、品質情報をはじめとする商品情報管理システムを導入する食品メーカーが増えています。しかし、その根幹をなす原料情報データベースは「原料規格書が集まらない」「正しく十分な情報が手に入らない」などの悩みがつきものです。

当社はこのようなお悩みに対応し、食品メーカーと原料サプライヤー間の原料規格書の収集サービス「MerQurius Net(R) 原料規格書サービス」や、食品メーカーの原料・商品・商品カルテを統合管理する「Mercrius クラウド(R)」をご提供し、相互に連動させることで食品メーカーの原料情報収集をサポートしてまいりました。


更にこの度、Mercrius クラウド(R)の原料規格書管理機能だけを手軽に利用したいお客様向けに、エントリーモデルとして「原料コース」の提供を新たに開始します。本コースは、「Mercrius クラウド(R)」の原料規格書管理機能(収集した原料規格書のデータベース化、社内の承認フロー、定期的な規格書の更新、有事の検索機能等)と、「MerQurius Net(R) 原料規格書サービス」をセットにした、スモールスタートが可能なモデルです。

本モデルを採用頂くことで、原料規格書の収集・管理からシステム化し、段階的に商品情報、得意先へのカルテ情報の管理へと機能を拡張することができるため、原料規格書の見直しを検討されている企業様や、費用面でシステムの利用を躊躇する企業様にも、必要最低限の機能から安心してご採用頂けます。



当社は、今後も食品メーカーの商品情報管理基盤と原料規格書収集業務の共通化を通し、「食の安心・安全」に貢献してまいります。



【特長と導入メリット】

・原料情報管理業務プロセスを標準化、すぐにご利用いただけます。

・5,000社超のサプライヤーが参加する「MerQurius Net(R) 原料規格書サービス」と連携し、原料規格書の授受を効率化します。

・将来的に商品データベース、商品カルテデータベースを機能拡張できます。


【システム構成イメージ】

Mercrius クラウドエントリーモデル「原料コース」 システム構成



【初年度サービス利用料(税抜)】

初期費用

Mercrius クラウド(R) 原料(エントリー)コース

50,000円


MerQurius Net(R) 原料規格書サービス(サプライヤー50社)

100,000円


年間利用料

Mercrius クラウド(R) 原料(エントリー)コース

120,000円


MerQurius Net(R) 原料規格書サービス(50社250原料)

230,000円


合計

500,000円

(※)「Mercrius クラウド(R)」契約単位は1年間です。



【MerQurius Net(R) 原料規格書サービスについて】

食品メーカー約200社、その食品メーカーに原料を納入するサプライヤーの登録社数が5,000社を超える、原料規格書の収集サービスです。



【Mercrius クラウド(R)について】 https://www.merqurius.jp/mercriuscloud.html

製菓・冷凍食品・調味料などの大手食品メーカーを中心に300社以上の実績を持つ商品情報管理システム「Mercrius(R)」をクラウド環境で利用できるサービスです。クラウドの特性と当社が長年の導入で培ったノウハウを元に開発したテンプレートをベースとし、より迅速な導入を可能にします。クラウド型サービスのため複雑な設定が不要で、お申込みから最短1ヶ月で利用開始できます。



・「Mercrius(R)」「MerQurius Net(R)」「Mercrius クラウド(R)」は、JFEシステムズ株式会社の登録商標です。

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「187241」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報