6月24日、レジ袋無料配布中止の実験を2店舗で開始~お客さま...

6月24日、レジ袋無料配布中止の実験を2店舗で開始 ~お客さまとともに、環境保全に取り組みます~

 ミニストップ株式会社(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長:藤本明裕、以下:ミニストップ)は、環境に配慮し、持続可能な社会の実現に向け、6月24日(月)より“レジ袋無料配布中止の実験”を「ミニストップイオンタワー店」と「ミニストップイオンタワーアネックス店」の2店舗で開始いたします。

 

 近年、石油資源の枯渇やプラスチックごみが焼却される際の温室効果ガスの発生、河川等に廃棄されることによる環境汚染等が世界規模の問題となっています。こうした中、ミニストップはイオングループの一員として「サステナビリティ基本方針」にある「資源循環の促進」のひとつとして、またプラスチックの使い捨て削減につなげるべく、“レジ袋の無料配布中止の実験”を始めます。

 今回の取り組みでは、お客さまに買物袋等持参のご協力を呼びかけるとともに、レジ袋を必要とするお客さまには、バイオマス※10%含有のレジ袋(1枚3円)をご提供します。

※主にサトウキビの搾りカスを原料とする植物由来ポリエチレンを10%配合したレジ袋

 

 なお、上記2店舗での実験状況(オペレーション、お客さまの声等)の検証を経て、2020年2月までに約40店舗での実験拡大を検討します。

 ミニストップはお客さまとともに、今後も環境に配慮した様々な取り組みを行なってまいります。


【実験店舗紹介】

◇ミニストップイオンタワー店

千葉県千葉市美浜区中瀬1丁目5番地1 (1階)

◇ミニストップイオンタワーアネックス店

千葉県千葉市美浜区中瀬1丁目4番 (2階)

プレスリリースロゴ画像

プレスリリース添付資料

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報