【ペット保険のアイペット】 子どもたちへ「命の大切さ」を教え...

【ペット保険のアイペット】 子どもたちへ「命の大切さ」を教える、ふれあって学ぶ「動物の授業」支援状況のご報告

アイペット損害保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:山村鉄平)では、小学生に動物愛護についての教育を行っている特定非営利活動法人ワンコレクション(東京都渋谷区、代表理事:道躰雄一郎)の活動を支援しています。2018年10月~2019年3月の期間において、都内の小学生を中心とした子どもたちに向け、計7回の「動物の授業」を行い、延べ287名の子どもたちが動物の生態や接し方について学びました。
授業の様子
授業の様子

【NPO法人ワンコレクションの概要】

特定非営利活動法人ワンコレクションは、小学校や幼稚舎、保育園にて課外活動・学童保育の一環として、子どもたちに色々な体験をしてもらう特別授業を企画運営しています。子どもたちに豊かな心を育んでもらう「きっかけ」作りになることを目的に、様々な分野の講師のもと、専門的な体験型授業を提供していく活動を中心に行っています。その特別授業の一つである「動物の授業」では、実際に動物とのふれあいを通じて子どもたちに命の大切さを伝えています。
同団体の詳細、各授業の活動報告はこちら: http://www.onecollection.org/

【「動物の授業」の目的】

「動物の授業」では、身近に存在していても、一緒に暮らしていないとふれあう機会が少ない犬や猫、街中で見かける機会の多い鳥について、獣医師の指導を受けながら、その生態や接し方を学びます。アイペットは、子どもの頃に動物と触れ合う経験を持つことで、「命の大切さ」や「動物への正しい理解」を学び、将来、動物に優しい大人になって欲しいという想いから本授業を支援しています。

【授業の様子】

各授業では、子どもたちが動物との接し方や、獣医師という仕事について、熱心に耳を傾けていました。獣医師の話を聞いた子どもたちからは、「犬は何歳まで生きるの?」「動物はどうやって話をしているの?」などといった質問が多く飛び交うなど、積極的に授業に参加していました。その後、実際に聴診器で犬の心拍音を聞いてみたり、鳥に触ってみたりと、動物にも大切な命があることを肌で感じている様子でした。
また、保育園での授業では、アイペットのイメージキャラクターである犬の「トッペイ」が登場し、園児たちは犬への挨拶の方法をトッペイと一緒に学んでいました。
犬の授業の様子
犬の授業の様子
保育園では、アイペットイメージキャラクター「トッペイ」も登場
保育園では、アイペットイメージキャラクター「トッペイ」も登場
また、授業では、アイペットオリジナル「ワン!にゃん!かるた」を用いた遊びもカリキュラムに取り入れています。こちらも子どもたちが楽しく学びながら取り組んでおり、大好評でした。
ワン!にゃん!かるたで遊んでいる様子
ワン!にゃん!かるたで遊んでいる様子
なお、アイペットの調査によると、小学校を卒業するまでに犬・猫と一緒に暮らしたことのある子どもを持つ親の約半数が、「感受性が豊かになった」と回答しています。他にも、「命の大切さを理解できるようになった」「動物が好きになった」など、動物と一緒に暮らすことは子どもに良い影響を与えることが分かっています。

調査の詳細:
2018年4月27日
「ペットと暮らした子ども、“感受性が豊かになる”が過半数~ペットと子どもに関する調査~」
https://www.ipet-ins.com/info/13719/

アイペットでは今後も、ペット保険会社としての社会的な責任を踏まえ、このような活動支援も通じて、「ペットとの共生環境の向上とペット産業の健全な発展を促し、潤いのある豊かな社会を創る。」という経営理念の実現を目指してまいります。

【アイペット損害保険株式会社について】

会社名:アイペット損害保険株式会社(https://www.ipet-ins.com
代表取締役:山村 鉄平
本社所在地:〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル
事業内容:損害保険業
取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。