マンダリン オリエンタル 東京 12年連続『ミシュランガイド...

マンダリン オリエンタル 東京  12年連続『ミシュランガイド東京』で1つ星に輝く フレンチファインダイニング「シグネチャー」新料理長就任 ~季節と風土が育む上質な国内の素材とドライエイジングの 技術を用いた、革新的な「コンテンポラリーフレンチ」~

「マンダリン オリエンタル 東京」(東京都中央区日本橋室町、運営:マンダリン・オリエンタル東京株式会社、総支配人:ポール ジョーンズ)は、『ミシュランガイド東京』にて創刊より12年連続1つ星に輝く37階のフレンチファインダイニング「シグネチャー」の料理長にルーク アームストロング(Luke Armstrong)が就任したことをお知らせします。料理長ルークは、季節と風土が育む国内の上質な食材を多く使用し、それらの豊かな味わいを最大限に活かし、細部へのこだわりを表現したクリエイティブな「コンテンポラリーフレンチ」を創り上げます。牛肉、ジビエ、天然魚をドライエイジングし、味の奥深さを追求する革新的な一皿は、彼の信念を色濃く表現しています。


オーストラリアでシェフとしてのキャリアをスタートさせたルーク アームストロングは、その後、オランダにて伝説と称されるレストラン「スロイス(Oud Sluis)」(ミシュランガイド3つ星)、ロンドンの「レッドベリー(The Ledbury)」(ミシュランガイド2つ星)及び「ピエ ア テール(Pied a Terre)」(ミシュランガイド1つ星)にて、10年以上に渡り研鑽を積みました。シンガポールの「バッカナリア(Bacchanalia)」では、料理長としての功績が認められ、半年後の2017年には最年少で『ミシュランガイド』の1つ星を獲得しました。


フレンチファインダイニング「シグネチャー」の料理長、ルーク アームストロング


季節のうつろいを料理に反映する料理長ルークは、春には新鮮なアスパラガスやモリーユ、夏には様々な茸、秋には滋味豊かなジビエ、そして冬には黒トリュフや日本の柑橘系の果物など、旬を迎える食材を豊富に使用し、自然と調和するメニューをご用意いたします。


メニュー:

> フルーツトマト エルダーフラワーのクリーム ローカルグリーンのエミュルション 柑橘のジュレとガスパチョのブイヨン (左上)

> 本日の魚のロースト クリスピースキン 季節の野菜 空豆とヴェルジュ (右上)

> A5和牛フィレ肉のロースト 野菜のフリカッセ 赤ワインソース (左下)

> シチリア産ピスタチオとライムのソルベ ホワイトチョコレートのカラメリゼ

季節のフルーツのバニラの香り (右下)



37階 フレンチファインダイニング「シグネチャー」

時間: ランチ 11:30 - 14:00 (L.O) ディナー 18:00 - 23:00 (21:30 L.O)

お問い合わせは、マンダリン オリエンタル 東京 0120-806-823 (レストラン総合予約) またはEメール motyo-fbres@mohg.com にて承ります。


Facebook : Mandarin Oriental, Tokyo

Instagram: mo_tokyo

# MOTYO_Signature

# MOTYO_シグネチャー



■「マンダリン オリエンタル 東京」とは( http://mandarinoriental.co.jp/tokyo )

マンダリン オリエンタル日本初のホテルとして、2005年12月2日、東京日本橋に開業しました。グループの理念「センス・オブ・プレイス=立地する土地柄と文化に敬意を表するホテルづくり」をハード面はもちろんソフト面でも実現。館内デザインには「森と水=日本の自然」をモチーフに和の趣を取り入れ、スタイリッシュな中にも安らぎに満ちたラグジュアリーな空間を作り出しています。38階建の日本橋三井タワー高層階に位置するゲストルームは全179室。50平方メートル以上のゆとりあるスペースに最先端のITを取り入れ、すべてのゲストルームから東京を眼下に見渡す眺望をお楽しみいただけます。館内には、充実した施設と数々の受賞歴を誇る直営スパ、12の料飲施設、グランドボールルーム(1)、バンケットルーム(4)、ミーティングルーム(6)、チャペルなどを完備しています。開業以来数々の世界的な賞やランキングに輝いていますが、主なものとして以下があげられます。


2019年、5年連続で米国の格付け会社『フォーブス・トラベルガイド』より、「ホテル部門」・「スパ部門」共に最高評価の5つ星を獲得。

2019年、『ゴ・エ・ミヨ2019』にて2年連続で「素晴らしいレストラン」を評価する3トック獲得(フレンチファインダイニング シグネチャー)。

2018年、『ミシュランガイド東京2019』にて創刊より12年連続1つ星評価(フレンチファインダイニング シグネチャー)。

2018年、『ミシュランガイド東京2019』にて6年連続1つ星評価(広東料理 センス)。

2018年、『ミシュランガイド東京2019』にて5年連続1つ星評価(タパス モラキュラーバー)。

2018年、『ミシュランガイド東京2019』にて2年連続ビブグルマン評価(ピッツァバー on 38th)。

2018年、『ミシュランガイド東京2019』にて創刊より12年連続「5レッドパビリオン(ホテル格付最高ランク)」評価。

2018年、『ガンベロロッソ』より、『世界のトップイタリアンレストラン 2019』にてピッツェリア部門2スライスを受賞(ピッツァバー on 38th)。

2018年、『フォーブス・トラベルガイド ヴェリファイド リスト』にて「2018 モースト・ラグジュアリー・スパ」に選定。



■「マンダリン オリエンタル ホテル グループ」とは( http://mandarinoriental.com )

数々の権威ある賞に輝くマンダリン オリエンタル ホテル グループは、世界で最もラグジュアリーなホテル、リゾート、レジデンスを展開しています。アジアをルーツにグローバルブランドへと成長を続け、現在 23カ国・地域において、オリエンタルヘリテージと「センス・オブ・プレイス=立地する土地柄と文化に敬意を表するホテルづくり」を表現する 32のホテルと6のレジデンスを運営しています。マンダリン オリエンタルは、今後もホテルやレジデンスの開発を計画しています。マンダリン オリエンタルは、ジャーディン・マセソン・グループの傘下に属します。

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「184464」を
担当にお伝えください。