サーバーワークスがみずほ銀行をサポート AWSで時間・コスト...

サーバーワークスがみずほ銀行をサポート  AWSで時間・コストのカット、俊敏性と柔軟性を実感

Amazon Web Services(以下:AWS)Partner Network(以下:APN(※1))プレミアコンサルティングパートナーの株式会社サーバーワークス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大石 良、以下:サーバーワークス)は、株式会社みずほ銀行(本店:東京都千代田区、取締役頭取:藤原 弘治、以下:みずほ銀行)のAmazon Connectの検証事例を公開いたしました。


右からご担当者の黒須様、坂本様、サーバーワークス社員


みずほ銀行は、コンタクトセンターの移転、再編の際のコスト・インフラ構築のスピードに課題を感じていました。コンタクトセンターの効率化を目指し、セルフサービスのクラウド型コンタクトセンターのAmazon Connectの実証実験を2ヶ月間実施。最低でも半年かかっていたインフラ構築期間が2~3時間に短縮、コストも削減され、Amazon Connectの高い俊敏性と柔軟性を実感していただきました。

今後はAWSに蓄積される音声データをマーケティングや業務改善に活用していきたいとのことです。


サーバーワークスは引き続き、みずほ銀行のビジネス拡大・発展へのお力添えをしてまいります。


事例詳細は下記よりご覧いただけます。

https://www.serverworks.co.jp/case/mizuhobank.html



■株式会社みずほ銀行について

みずほ銀行は、国内最大級の顧客基盤や国内外の拠点ネットワークを有するリーディングバンクとして、グループ内の信託銀行・証券会社、資産運用会社、シンクタンク等とも連携し、の総力を結集したコンサルティング機能を発揮することで、幅広いお客さまに最適な金融ソリューションを迅速に提供してまいります。

https://www.mizuhobank.co.jp/retail/index.html



■株式会社サーバーワークスについて

サーバーワークスは、2008年よりAWSに特化したAWS導入支援サービスを提供しているクラウドインテグレーターです。

2019年4月現在、710社、5,900プロジェクトを超えるAWS導入実績を誇っており、2014年10月よりAPN(AWS Partner Network)の最上位パートナー「プレミアコンサルティングパートナー」に継続して認定されています。

また、2016年11月にAPNのマネージドサービスプロバイダー(MSP)3.0プログラム、移行コンピテンシーを獲得し、2018年11月にAWS コンタクトセンターナビゲート、AWS エンドユーザーコンピューティングナビゲートを完了させるなど、AWS事業を継続的に拡大させております。

https://aws.amazon.com/partners/find/partnerdetails/?id=001E000000NaBHzIAN



※1 APN(AWS Partner Network)とは、AWSのエコシステムを支える重要な独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、SaaSベンダー、PaaSベンダー、開発者用ツールベンダー、管理/セキュリティベンダーやシステムインテグレーター(SI)、戦略コンサルタント、リセラー、代理店、VARによって構成されております。

*本リリースに記載された会社名、サービス名等は該当する各社の登録商標です。

*アマゾンウェブサービス、AWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

*本リリースの情報は発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「182313」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報