満寿屋商店 都内2号店をnonowa国立内に4/1オープン! 小麦・酵母・牛乳なども十勝産にこだわったパンが約100種  『十勝ファーマーズベーカリー mugioto(ムギオト)』

株式会社満寿屋商店(本社:北海道帯広市、代表取締役社長:杉山 雅則)は、2019年4月1日より北海道・十勝郊外の大型ベーカリーである当社のフラッグシップ店「麦音」を“満寿屋商店都内2号店”としてJR中央線国立駅直結 nonowa国立内にオープン致します。


国立オープンビジュアル


【十勝ファーマーズベーカリー mugioto(ムギオト)】

単独ベーカリーで日本一の敷地面積(3,400坪)*を持つ麦音が、「十勝ファーマーズベーカリー mugioto(ムギオト)」としてJR中央線国立駅にやってきます。年間来客数約30万人を誇る麦音のパンは、原料である小麦をはじめ、酵母や牛乳、甜菜糖なども十勝産であることが人気のひとつです。そんなこだわりの安心・安全で美味しいパンを国立市近郊の皆様にもお届けします。

*当社調べ


満寿屋商店 麦音 ホームページ: https://www.masuyapan.com/shop/

        Instagram  : https://www.instagram.com/mugioto/?hl=ja



【取扱商品:十勝産小麦100%のパンが約100種類】

十勝・麦音の人気商品を中心に、十勝産小麦を100%使用したパンを約100種類ご用意します。うどん用小麦に比べて生産量が少ない十勝産パン用小麦を全商品に使用することは、満寿屋商店の最も強い想いであり、お客様に安心・安全なパンをご提供できる誇りでもあります。小麦のほか、牛乳やチーズなどの乳製品、コーンや豆などの食材も十勝産を使用しています。こだわりがぎゅっと詰まった「十勝の味」を国立でお楽しみいただけます。


▲催事でも大好評/十勝・麦音の一番人気商品「とろ~りチーズパン」

十勝の麦音で一番の人気メニュー。十勝産チーズを6種類ブレンドし、贅沢に山盛りトッピングしました。生地はチーズとよく合うよう改良されたこだわりの商品です。



【満寿屋商店について】

1950年創業の老舗ベーカリー「満寿屋商店」の直営7店舗(十勝管内6店舗、東京都1店舗)に次いで東京都内2店舗目の出店となります。2018年11月には、満寿屋商店で全店舗十勝産小麦100%使用にするまでの苦労を綴ったノンフィクション「世界に一軒だけのパン屋」(野地 秩嘉著/小学館)が出版されました。


▲満寿屋商店のフラッグシップ店「麦音」

常時120種以上のパンが並び、広いお庭で焼き立てをお召し上がりいただけます。


▲ノンフィクション作家・野地 秩嘉氏著 「世界に一軒だけのパン屋」

三代にわたって「十勝産小麦100%」を成功させた満寿屋商店の歴史と背景にある日本の食糧問題、これからの満寿屋商店としての将来像などを描いた物語です。



【新店舗概要】

店舗名    : 十勝ファーマーズベーカリー mugioto(ムギオト)

所在地    : 東京都国立市北1丁目14-1 nonowa国立EAST

定休日    : 年始のみ

営業時間   : 7:00~21:00(オープン初日4月1日のみ10:00開店)

TEL     : 042-505-4868

ホームページ : https://www.masuyapan.com/shop/kunitachi.php

        (オープン以降公開予定)

公式Instagram: https://www.instagram.com/mugioto.kunitachi/?hl=ja


▲mugiotoパース



■会社概要

商号  : 株式会社満寿屋商店

代表者 : 代表取締役社長 杉山 雅則

所在地 : 〒080-0011 北海道帯広市西1条南10丁目2

設立  : 1953年1月26日

事業内容: パン製造販売

資本金 : 1,000万円

URL   : http://www.masuyapan.com/



【本サービスに関するお客様からのお問い合わせ先】

株式会社満寿屋商店 十勝ファーマーズベーカリー mugioto(ムギオト)

Tel:042-505-4868 (3月29日以降)


株式会社満寿屋商店 販売管理部広報デザイン課

Tel:0155-67-4659

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「180207」を
担当にお伝えください。