色とりどりのカラーワインブーム到来チーズと好相性の「イエロー...

色とりどりのカラーワインブーム到来 チーズと好相性の「イエローワイン」が注目度急上昇

希少性の高いファインワイン(中高価格帯ワイン)の輸入・販売大手の株式会社フィラディス(代表:石田大八朗、本社:神奈川県横浜市)では、今ヴァン・ジョーヌ(フランス語で「黄色いワイン」という意味 *ヴァン=ワイン/ジョーヌ=黄色)と呼ばれる「イエローワイン」への問い合わせが急増しています。また販売数もレストランへの卸、インターネット販売を中心に2014年に比べ4倍超になっており、年々増加傾向にあります。



【インスタ映えが後押し、「カラーワイン」ブーム到来】


昨年人気が急上昇した「オレンジワイン」。オレンジから造られたわけではなく、白ワイン用の葡萄で赤ワインの醸造法を経て作られ、透明なオレンジの色味を帯びることから名付けられたもの。注目され始めたのは最近でもその歴史は古く、ワイン発祥の地、東ヨーロッパの歴史のある「ジョージアワイン」がルーツで、海外で流行に敏感なセレブたちを中心に人気が高まり、昨年から日本でも一気に話題になりました。そうしたオレンジワインへの注目度の高まりや、インスタ映えを追求する流れから、最近では黒・緑・黄・桃色と、色とりどりの「カラーワイン」への注目度が高まってきています。



【チーズと好相性の実力派「イエローワイン」】


その中でも、ヴァン・ジョーヌ(フランス語でジョーヌ=黄色)と呼ばれる「イエローワイン」は、見た目だけでなく、料理の味を引き立てる本物の実力派として注目を集めています。フランス・ブルゴーニュ地方の東部、スイスとの国境に位置するジュラ地方でのみ造られている黄色味を帯びた独特なワインで、イエローワイン用の伝統の土着品種「サヴァニャン」と呼ばれるナッツの香りが特徴の完熟した葡萄で白ワインを造ったのち樽で6年以上寝かせ、その間蒸発し目減りした分の補充や澱引きもしない製法で作られることから、色合いは濃い黄色に変化し、クルミやローストしたアーモンドのような風味になると同時にシェリー香や紹興酒のような独特の味わいに仕上がります。醸造家によっては葡萄の生育に満足できない年は醸造を中止してしまうこともあるため、とても希少性の高いワインです。



■ チーズをはじめ様々な料理にマッチ


熟成された中にも味わい深い酸味を感じるヴァン・ジョーヌのコクのあるミネラル感と酸の醸し出す熟成された味わいは、チーズをはじめ、フレンチや中華、和食などさまざまなジャンルのお料理にマッチし、歴史と新しさが融合した新感覚のワインとして、感度の高い女性を中心に指名が急増しています。ヴァン・ジョーヌはソムリエが料理とのペアリングにおすすめすることが多く、ヴァン・ジョーヌ含め、ジュラ地方のワインはフランスでも昔から高い評価を得ており、最も注目されている産地のひとつとなっています。



【当社取扱いヴァン・ジョーヌ商品】


「2011 Vin Jaune L`Etoile ヴァン・ジョーヌ レトワール」(限定品)


商品詳細
・ 産地: L`Etoile
・ 品種: サヴァニャン100%
・ 熟成: バリック75ヵ月
・ アルコール度数: 14.5%
・ 希望小売価格 : 7,300円(税抜)


クルミやローストアーモンド、クミンシード、ナツメグ、バニラ、ハチミツ、ドライフルーツが複雑に絡み合う芳ばしい香りが特徴。樹齢50年の古樹の区画のブドウが最大熟成するまで待って収穫を行い、最低6年以上の熟成を経ることにより希少性の高い味わい深い風味をお楽しみいただけます。



【今後の展開】


当社では、まだ日本で知られていない「きれいに熟成した飲み頃のファインワイン」「価格以上の価値を持つクオリティーワイン」を広めていくとともに、今年は低価格帯の「バリューワイン」に挑戦します。現在、ヴァン・ジョーヌの国内での導入状況は2014年で60店舗、2018年では186店舗となっており、今後は500店舗での導入を目指しています。



【会社概要】

名称: 株式会社フィラディスFiradis Ltd.

住所: 〒231-8331 神奈川県横浜市中区桜木町1−1−7

          ヒューリックみなとみらい12階  

URL: http://www.firadis.co.jp

カテゴリ:
商品
ジャンル:
フード・飲食 社会(国内)
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「180009」を
担当にお伝えください。