学童保育で『家族団らん食堂』をスタート 働くお母さんが我が子...

学童保育で『家族団らん食堂』をスタート  働くお母さんが我が子が作った夕食を一緒に食事

325種類の豊富なカリキュラムで児童数が増加中の民間学童保育事業「おうち学童(大阪府茨木市)」は、2019年4月1日より新たな取り組みとして、「家族団らん食堂」をスタートします。子どもが学童指導員と一緒に夕食を作り、仕事帰りのお母さんと一緒に夕食を食べます。「第二のおうち」というコンセプトで一軒家の少人数制で運営しているおうち学童ならではの新しい企画で、みんな一緒に第二の家族団らんの夕食を囲みます。子ども達を預かるだけの学童ではなく、家族全員が笑顔で暮らせる地域社会を支える新しい学童保育を目指します。


おうち学童


お母さんにとって、単に時間短縮が出来て助かるだけではありません。我が子の思いやりと笑顔に触れる、癒しと喜びが仕事の疲れを忘れさせてくれます。子どもは、大好きなお母さんのためにと、一生懸命に作った夕食を喜んで食べるお母さんと一緒に過ごす一連の過程を通して自主性や思いやりの心が育ちます。おうち学童にとっては、追加負担なしに、提供価値のアップと売上アップ(1食480円)に繋がります。



■子どもの心の土台育成とお母さんサポートの両立

 おうち学童だからできる一石三鳥の仕組み

おうち学童では、これまで子どもの心の土台を育む300種類を超えるカリキュラムを実施して参りました。共働き世帯にとって日常的に家族団らん時間を確保するのは至難の業です。そこで今回おうち学童では、新しいカリキュラムとしてお母さんサポートを兼ね備えた「おうち学童の家族団らん食堂」をスタートします。

この新しい取組みは、一軒家で台所や居間がある、少人数制できめ細やかな対応が出来る、多種多様なお菓子作りカリキュラム実績を通した実施ノウハウがある、延長預かり児童に対する夕食提供サービスがある、そんなおうち学童だからこそ提供可能な「子どもの心の土台育成」「働くお母さんの時間貧困の改善」「孤食から家族団らん」の一石三鳥サービスです。

これからも、子どもたちの土台育成のために、家族のサポートを含めて、皆が笑顔で暮らせる社会の土台作りに貢献して参ります。



<体験型学童保育 おうち学童の主なサービス内容>

・保護者が就労している児童の放課後の時間の居場所の提供と育成及び家族支援を行う

・対象:小学生1年から6年

・放課後と長期休み期間の子育て支援サービス(預かり、教育、遊びなど)

・安全・安心して子どもを預けられる場所、過ごせる場所

・他の学童保育との違い・特徴

子ども一人ひとりに寄り添う超少人数制、325種類以上の沢山の体験型カリキュラムで子どもの心の土台を育む。笑顔は幸せの証、「みんな笑顔!」をモットーに、「子どもの心の土台を育む。家族が安心して暮らせる社会をつくる」を理念に全国展開を目指す。



■家族団らん食堂

1食480円(おうち学童の通常の夕食料金と同額。大人、子ども共)通常の利用料と併せて一括請求。夕食料金の内訳は、材料費、人件費、その他運営経費。メニューは、子どものリクエストに応える、一緒に買い物に行く場合等もあり。基本的に専属のママスタッフが材料の買い物と調理を担当。台所で調理した手作りの夕食。

お父さん、及び兄弟姉妹も一緒に食事OK。お仕事が遅いお父さん用のテイクアウトも可能。


開業   :2007年7月

会員生徒数:164名(2019年2月時点)

場所   :大阪府茨木市

運営   :光ジェネシステムズ株式会社 屋号「体験型学童保育 おうち学童」



【新規開校(予定)】(2019年4月1日 おうち学童 第三校)

新一年生保護者向け相談会

開催:2019年3月2日(土)、9日(土)、16日(土)、23日(土)

時間:9:30~11:00



【公式サイト】 https://www.gakudo.jp/

【公式動画】 https://youtu.be/ZOeIKFsL7b4



■会社概要

会社名:体験型学童保育 おうち学童 光ジェネシステムズ株式会社

住所 :大阪府茨木市新中条町8-9

連絡先:072-629-2321

プレスリリース動画

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「179214」を
担当にお伝えください。