「アニヴェルセル総研」 第64弾、恋愛・結婚意識調査いまどき...

「アニヴェルセル総研」 第64弾、恋愛・結婚意識調査 いまどきカップルは最初にどんなデートを選んでいる!? 「初めて」から「3回目」までのデートの違いを調査

 全国でゲストハウスウエディングを中心に、様々な記念日プロデュース事業を展開しているアニヴェルセル株式会社(代表取締役社長:平井  雅丈)は、継続的に実態調査を行い、ホームページ上に設置したコンテンツ「アニヴェルセル総研」(http://www.anniversaire.co.jp/brand/pr/soken1/)に調査結果を公開しています。

第64弾は、全国の20代~30代の恋愛経験のある未婚・既婚男女715名の方を対象に、「お付き合い経験がある方にお聞きします。初めて・2回目・3回目のデートは何をしましたか?(それぞれ複数回答)」というアンケート調査を行いました。

 一般の方々の経験から見えてきた、初心者カップルのデート内容についてレポートします。  



 アニヴェルセル株式会社では、「幸せは、祝福されると記念日になる。」というコンセプトのもと、「アニヴェルセル総研」を通して、結婚に関する興味喚起を訴求してまいります。

1位と2位は不動の定番デート!? デートに慣れてきた2回目・3回目は3位の項目に変化が!

 初めてのデート。恋愛初心者はもちろんのこと、恋愛経験豊富な方でもハラハラ・ドキドキ、独特の緊張感があるものではないでしょうか。まだお相手の趣味や好みがよくわからない中で計画するデートは、大きな喜びの中にもちょっぴり不安がつきまとうものでしょう。

 そんないまどきの初心者カップルたちは、初めてのデートで、そして2回目、3回目のデートでどんな時間を過ごしているのか気になりませんか?  その実態を調査いたしました。  


 アンケートは、「テーマパークに行った」「映画館に行った」「ドライブ」「アウトドア」「食事に行った」「カラオケ・ネットカフェ」「スポーツをする」「スポーツ観戦」「ショッピング」「旅行(日帰りも含む)」「自分の家・相手の家で過ごした」「イベント・フェス」「その他」「デートはしていない」の14項目の選択肢の中から、初めて・2回目・3回目の各デート内容を複数回答で答えていただきました。

 それでは早速、アンケートの結果をご覧いただきましょう。


・1位 食事に行った(59.3%)

1位は「食事に行った」。2位に大差をつける6割近い方からの得票です。やはり、食事はふたりの距離を近付けるデートの定番ということでしょうか。

 

・2位 ドライブ(17.9%)

2位には「ドライブ」が入りました。しかし、2位といっても2割に満たない得票。それでも若い人のクルマ離れが叫ばれる昨今、これはなかなかの健闘といえるのかもしれません。

 

・3位 映画館に行った(12.4%)

3位は「映画館に行った」。デートの定番といえば映画は外せません。初めてのデートでどこかぎこちないふたりの間を埋めてくれるのが映画。映画館は頼りになるスポットですね。

 

・4位 ショッピング(9.1%)

4位は「ショッピング」。一緒に買い物を楽しむというのも、カップルならではの時間の過ごし方です。ショッピングは、「結婚」を頭の隅に思い浮かべながら、互いの趣味や嗜好を確認し合う大切な時間なのかもしれません。

 

・5位 自分の家・相手の家で過ごした(6.6%)

5位は「自分の家・相手の家で過ごした」。お相手を自宅に招くというのは、互いを認めあったカップルの証でしょうか。初めてのデートで、この回答が5位(6.6%)に入ったのを多いと見るか、少ないと見るか、考えが分かれるところかもしれません。  


 以下、6位「テーマパークに行った」(5.7%)、7位「カラオケ・ネットカフェ」(5.6%)、8位「その他」(2.9%)、9位「デートはしていない」(2.8%)、10位「アウトドア」(2.5%)、11位「スポーツをする」(2.1%)、12位「旅行(日帰りも含む)」(2.0%)、13位「イベント・フェス」(1.5%)、14位「スポーツ観戦」(1.1%)と続きました。

 

 では次に、2回目、3回目のデートの内容を合わせてご覧ください。 なお、グラフ中の赤い矢印は前回のデート経験からランクアップした項目、青い矢印はランクダウンした項目を表しています。  


 2回目、3回目とも、1位「食事に行った」、2位「ドライブ」の順位は変わらず、「食事に行った」は依然として5割近い票を獲得しています。

注目すべきは3位です。初めてのデートで3位だった「映画館に行った」は、2回目のデートでは4位に、3回目のデートでは5位と順位を下げてしまいました。

 反対に、2回目のデートでは「ショッピング」が、3回目のデートでは「自分の家・相手の家で過ごした」がそれぞれ3位に食い込んできました。特に「自分の家・相手の家で過ごした」は、初めて・2回目の調査では共に5位だったのが、3回目でいきなり3位に浮上し、得票率も6.6%から18.0%へと大きく飛躍しています。  



ふたりの距離を近づける様々なデートの形、でも心躍る「初デート」の気持ちをいつまでも大切に。

「食事」と「ドライブ」が、ほとんどのカップルが早い段階で経験するデートの「初心者コース」だとするなら、3回目のデートで急浮上した「家で過ごした」の項目は一気にふたりの距離が近づく、デートの「中級者コース」と言えるのかもしれません。  お付き合いをはじめたばかりの高揚感がやや冷めて、ふたりが一緒に時を過ごすためのリアルな日常を意識しはじめる。今回の調査結果では、そんな意識が隠れているのかもしれません。

 いずれにしても、初めてのデートは誰しも心躍るものです。ふたり一緒にいるだけで幸せ、同じ景色を眺め、同じ時間を過ごせるだけで満足。そんな初々しい気持ちは、きっと誰もが心の中にしまっていることでしょう。たまには、お相手とふたりで、その頃のことを思い出しながら、初デートの場所を訪れてみるのも楽しいかもしれません。どうか、その気持ちを大切に。



【レポート記事のご案内】

当リリースの内容をもとに、アニヴェルセルの編集スタッフが一般のお客様に読みやすい記事へと編集したレポートを公開しています。こちらで使用している記事およびグラフやイラストなども、当社のリリースであることと、当該掲載記事へのリンクを掲載いただける場合は、自由にご利用いただけます。合わせてご利用ください。

アニヴェルセル総研: http://www.anniversaire.co.jp/brand/pr/soken1/

クレジット:アニヴェルセル株式会社  


【調査概要】

表題:「恋愛・結婚意識」に関する実態調査

調査方法:  インターネット調査

調査期間:  2018年4月5日~4月7日

調査対象:  全国20歳~39歳未婚・既婚男女715名  

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「178950」を
担当にお伝えください。