3月10・11日、追悼復興イベント 「SONG OF THE EARTH FUKUSHIMA 311」を Jヴィレッジにて開催! TOSHI-LOW、細美武士、ハナレグミ、Nulbarich、 他22組の出演が決定! サッカーコンテンツも充実の入場無料イベント

 2019年3月10日(日)・11日(月)、SOTE 311 実行委員会<株式会社Jヴィレッジ/福島県相双振興局/一般社団法人 ラブフォーニッポン(以下、LFN)>は、Jヴィレッジ(福島県双葉郡楢葉町)にてSONG OF THE EARTH FUKUSHIMA 311(以下、SOTE 311)を開催いたします。SOTEは今イベントの企画・制作を担当するLFN代表CANDLE JUNEが、新潟中越地震支援として長年実施してきたフェスティバルで、「悲しみから喜びへ」がテーマ。2017年3月11日からは福島県内で開催しています。活動に賛同するアーティストが毎年多数出演し、今回は22組以上に及びます。音楽はもちろん、多彩な模擬店やワークショップを通じて多くの人びとがともに楽しい時間を過ごし、被災地とつながり続ける場を目指しています。

 そして、東日本大震災で8年間営業休止していたJヴィレッジが今春から全面再開することにともなって「スポーツの力を復興の力へ!」との思いを込めてJヴィレッジで開催する運びとなりました。3月10日には、第97回全国高等学校サッカー選手権大会3位に入賞した福島県の尚志高等学校サッカー部はじめ、ふたば未来学園高等学校と帝京安積高等学校からもサッカー部が来場しサッカー教室を実施。開催場所にふさわしい充実したコンテンツを用意しています。


昨年開催されたSOTE 311の様子。2019年は2日間開催です。


SONG OF THE EARTH FUKUSHIMA 311

http://lovefornippon.com/news/2019-sote311



■What’s SOTE ~SOTEとは??

 SOTEは、今イベントの企画・制作を担当する一般社団法人 ラブフォーニッポン(以下、LFN)代表CANDLE JUNEが、新潟中越地震支援として10年間行ってきたフェスティバルで、「悲しみから喜びへ」をテーマとして行ってきました。福島でも2年前より仮設住宅でスタートしています。LFNは震災当時より現地活動を続けており、「たのしいね うれしいね おいしいね ありがとう!!」を合言葉に、毎月11日に福島県内で交流活動を行っています。被災地と繋がり続け「おたがいさま」と感謝しあえる形を目指しています。「悲しみ」を「喜び」や「楽しみ」の中に内包して未来に伝承していく。まるでお祭りのようなイベントです。2017年は富岡町の仮設住宅で。2018年は双葉町の仮設住宅で開催してきました。



■Topic1:メインステージでのライブ

<SOTE 311 出演者>

・3月10日(日)出演(順不同)

TOSHI-LOW/ORANGE RANGE(ACOUSTIC SET)/新羅慎二(若旦那)/Caravan/Nulbarich/谷本賢一郎/ATSUSHI(Dragon Ash)/GAKU-MC/キヨサク/クロワッサンサーカス/平兄弟/HYS/CANDLE JUNE


・3月11日(月)出演(順不同)

細美武士/ハナレグミ/the LOW-ATUS/渡辺俊美/片平里菜/新羅慎二 with アルテ イ ソレラ(フラメンコ舞踊団)/青谷明日香/くるくるシルク/s o t t o/クロワッサンサーカス/高橋てつや/CANDLE JUNE



■Topic2:サッカーコンテンツ「Jヴィレッジでサッカーしよう!」

3月10日12~16時 人工芝6番ピッチにて開催!


(1) サッカーチャレンジ

 親子の部、少年の部、大人の部など誰もが参加できます。尚志高等学校、ふたば未来学園高等学校、帝京安積高等学校の福島県内の高校サッカー部はじめ、元福島ユナイテッドFC茂木選手、ビーチサッカー日本代表選手が所属する「ヴィアティン三重」からもプロ選手が来場。豪華コーチ陣が「楽しむサッカー」を教えてくれます。出演者でもあるGAKU-MCさんやATSUSHIさんなども参加して、最後にはミニエキシビジョンマッチも?


(2) 自分ってすごい!?(チャレンジゲーム)

 的を打ち抜くキックターゲットや、ドリブルの速さを競うドリブルスピード、蹴ったボールの速度を測定するキックスピードなど。自分でもまだ知らない実力に気付くかもしれません。


(3) フットゴルフ

 「サッカーボールを蹴ってゴルフをする」新感覚スポーツ。競技化されてわずか10年ほどで急速な人気を集めワールドカップも開催、世界各国で活躍した元プロサッカー選手たちも参戦し、世界40カ国以上に愛好者がいます。初めてボールを蹴る人やゴルフ好きの方にも満足!当日はゴムボールも用意しておりますのでこの機会にチャレンジしてみませんか。


(4) スタンプラリー

 (1)から(3)までに参加した方には台紙にスタンプを押印!スタンプが揃うと抽選でステキな景品が進呈されます。



■Topic3:みんなで作る!キャンドルナイト

*キャンドル、サーチライト写真

 3月10、11日17~20時 9番ピッチ及びステージ周辺でキャンドルを灯します。「将来の夢」や「311への想い」、さまざまな想いが天まで届くようにサーチライトとキャンドルを灯します。サーチライトは楢葉町が帰町宣言をした夜にも点灯したものでその周りをキャンドルが囲みます。当日は、CANDLE JUNEのオリジナルキャンドルも一緒に灯され、会場内では誰もがこのキャンドルナイトに参加できるようにメッセージを書くことができるブースを設置します。静寂のなか思い思いの時間を過ごせるようになれると思います。



■Topic4:福島、新潟、熊本からの出展!

 福島、新潟、熊本、3県の共通点といえば、日本屈指のうまいもの産地であること!各地からの自慢の食、風土を活かしたワークショップなどが展開予定です。福島県内からは、ならはみらいサケワークショップ、川内むらのイワナの里、双葉町ふたばダルマ、白河3兄弟(supported by 福島フェス)などを予定しています。



■LFN代表CANDLE JUNE(キャンドルジュン)より

 震災、津波被害、原発事故から9年目を迎えます。私たちLFNは発災当時から現地に通い続け、活動を行なっています。風評被害や風化問題などもありますが、日々復興努力を重ねる被災地域の皆さんの努力、そして暖かさを知っています。発災当時「絆」という言葉が多く叫ばれましたが、今こそ日本の復興拠点とも言えるJヴィレッジにたくさんの方々が笑顔で集うことができたらと願っています。

「悲しみから喜びへ」

 そして8年間の活動で学んできた頃を新たな被災地へ。つながることの大切さを皆さんとともに実感できる3月11日になれたら幸いです。



【イベント開催概要】

タイトル  :SONG OF THE EARTH FUKUSHIMA 311

       (ソングオブジアース フクシマ サンイチイチ)

       略式 SOTE 311(ソテ サンイチイチ)

開催日時  :2019年3月10日(日) 11:00~20:00

          3月11日(月) 12:00~20:00(本式典)*雨天決行、荒天中止

開催場所  :Jヴィレッジ(福島県双葉郡楢葉町山田岡美し森8)

       雨天練習場 練習場駐車場

入場料   :無料

主催    :SOTE 311 実行委員会

       (株式会社Jヴィレッジ/福島県 相双振興局/

       一般社団法人 ラブフォーニッポン)

企画・制作 :一般社団法人 ラブフォーニッポン

制作運営協力:株式会社スローハンド・リレイション/小林直/

       株式会社インフュージョンデザイン

協賛    :株式会社アカツキ/日本たばこ産業株式会社(JT)/KiU/

       キーン・ジャパン合同会社/PBF Karada studio/

       CHROME INDUSTRIES JAPAN/CHUMS/株式会社シミズオクト/

       カメヤマ株式会社

協力    :東北テント株式会社/コーエィ株式会社/TOWER RECORDS/

       天神浜オートキャンプ場・猪苗代野外音楽堂

後援    :相馬市/南相馬市/広野町/楢葉町/富岡町/川内村/大熊町/

       双葉町/浪江町/葛尾村/新地町/飯館村/福島民友新聞社/

       福島中央テレビ


イベント実施内容(予定):

・3月11日14時46分黙祷

・参加型キャンドルナイト(※3月10、11日の両日開催)

・アーティスト・ライブ

・全国被災地域における物産展/飲食出店・ワークショップ など

・パフォーマンス(スポーツコンテンツ・大道芸・サーカス・着ぐるみなど)

・サッカーコンテンツ、サッカー教室、フットゴルフなど

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「178683」を
担当にお伝えください。