日本や世界を代表する信州の貴重な水源で育成 「黒い宝石」キャ...

日本や世界を代表する信州の貴重な水源で育成  「黒い宝石」キャビアで有名なチョウザメを使用  信州産『チョウザメ冷燻スモーク』新発売

信州産オーク材で“低温冷燻製”が醸し出す深い味わい

ドリームウィングス合同会社(本社:長野県小県郡長和町、代表:東久保 貴之)では、独自に調達・育成したチョウザメ(古代黒耀蝶鮫(R))をオーク材で低温燻製にした「チョウザメ冷燻スモーク」を、2月14日からインターネット及び長和町にある小さな物産館「とびっ蔵」※を通じて発売します。


パッケージデザイン


今回発売する「チョウザメ冷燻スモーク」は当社が独自に育成したチョウザメを原料に製造したもので、燻製が醸し出す深い味わいと適度な歯ごたえが特徴です。

チョウザメは3億年前から生き続けている古代魚で、ヨーロッパや北アメリカの淡水に生息しており、その魚卵「キャビア」のおいしさで有名ですが、実は身肉も上品な味わいで食されています。


長和町は、古代には刃物や矢じりなどに使われた貴重な火山岩である黒耀石の産地として知られています。また黒耀石の地層を通って湧出している天然水は、不純物が極めて少ないため水が腐りにくいのが特徴で、デトックス効果も高いとされています。

「チョウザメ冷燻スモーク」は、この名水「黒耀の水」を使って衛生的に育成したチョウザメを使用しています。


当社ではチョウザメの身肉の味の良さに着目し、我が国でも広く普及するようにと考え育成を行っており、今後もオリジナリティあふれる商品を開発・販売してまいります。


※「とびっ蔵」:長野県小県郡長和町の「道の駅マルメロの駅ながと」にある小さな物産館

https://www.facebook.com/tobikkura/



【商品概要】

● 名称   :チョウザメ冷燻スモーク

● 形状   :スライス(プラスチックパウチ入り)※要冷蔵

● 賞味期限 :2週間

● 内容量  :35g

● 発売日  :2019年2月14日

● 販売ルート:・インターネットホームページ https://terroir-menokami.jp/

        ・長和町物産店「とびっ蔵」 https://www.facebook.com/tobikkura/

● 価格   :2,100円/消費税別(2,268円/消費税込み)

● 特徴   :1. 信州・長和町「黒耀の水」で育成したチョウザメを使用

        2. 信州産オーク材で低温冷燻

        3. チョウザメは栄養価も高く健康や美容にもいい



【会社概要】

ドリームウィングス合同会社

本社 :〒386-0602 長野県小県郡長和町長久保2191-21

    電話 0268-71-6488

代表 :東久保 貴之

事業 :チョウザメの育成及び各種加工食品の製造販売

資本金:452万円



<一般の方からの問い合わせ先>

ドリームウィングス合同会社

お客様相談室 0268-71-6488

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。