フジ医療器の最高峰モデルが2019年1月18日新発売!  AIマッサージで一人ひとりに寄り添ったマッサージを実現 「サイバーリラックス マッサージチェア AS-2000」

2019年4月に創業65周年を迎える株式会社フジ医療器(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:大槻 利幸)は、創業から積み重ねてきたマッサージ技術にAI技術を新搭載し、一人ひとりの体形や部位の状態に自動的に合わせて人の手技のようなきめ細やかなマッサージを実現した最高峰モデル「サイバーリラックス マッサージチェア AS-2000」(以下、AS-2000)を2019年1月18日(金)に発売し、1月23日より本格的に全国展開いたします。メーカー希望小売価格はオープン価格、全国の家電量販店を通じて販売いたします。


サイバーリラックス マッサージチェア AS-2000


マッサージチェア市場の成熟化が進む中、さらなる本格マッサージを求める声が高まっており、ハイエンド商品の需要は引き続き安定成長しています。

AS-2000は、本格的なマッサージを求める声に対応するために、これまで培ってきたマッサージ技術と最新のAI技術を融合することでマッサージシステムをワンランクアップさせました。新たに「5D-AIメカ」および「AIダブルセンシング」を開発し、今まで以上に一人ひとりの体に合わせたマッサージを行います。

「5D-AIメカ」は、ユーザーの体の負荷状態などから得られる情報に合わせてリアルタイムに力加減、動作の緩急、圧力を自動調節し、安定した滑らかなマッサージを行います。「AIダブルセンシング」は、進化した高精度センシング技術で背すじラインと肩の高さを自動検知します。AIダブルセンシングが検知した体形情報と5D-AIメカから得られるユーザー情報をAIが組み合わせてマッサージに反映することで、ユーザーに寄り添った上質なマッサージを実現させます。

このほか、業界最多※の35種類のコース(自動コース23種類、部位集中技12種類)、マッサージ効果をサポートする豊富なストレッチ機能、そして圧倒的なメニュー数から好みのマッサージを選択しやすいようにタッチパネルリモコンの画面を大型化し音声ガイド機能を搭載しました。機能面での充実化とともに操作性を高めています。

高齢化、ストレス社会が進行する現代において、AS-2000はあらゆるニーズにこたえる機能を有し、一人ひとりの疲れをトータルケアする最高峰モデルです。



<製品特長>

(1) 新開発「5D-AIメカ」と「AIダブルセンシング」を搭載

人によるマッサージを再現するために考えぬいた5つの要素にたどり着きました。それは、人の手の立体的な3Dの動き(上下・左右・前後)、人の手の滑らかさや繊細さ(緩急)、全身を使った圧力のかけ方(圧)です。

新開発した「5D-AIメカ」は、この5つの要素を高いレベルでの機械動作で実現する為、新たに高精度のブラシレスモーターを採用しています。「AIダブルセンシング」で把握した高精度のユーザー体形情報と、5D-AIメカから得られるユーザー情報(負荷や予測された部位情報)をすべてAIが包括してマッサージに反映させることにより、自動的にユーザーに最適な心地よさを感じていただけるマッサージを行います。


https://www.atpress.ne.jp/releases/175196/img_175196_2.jpg


(2) 2つの新しい自動コースを追加、業界最多※の35種類のコースを搭載

自動コース23種と部位集中技12種の計35種類のコース数は、業界最多を誇ります。AS-2000には新コースとして、就寝前に効果的なゆったりとしたストレッチとマッサージを行う「ナイトヒーリングコース」(30分コース)と、短時間で全身を集中的にもみほぐす「クイックコース」(7分コース)の2種類の自動コースを追加しました。好みや集中的にほぐしたい箇所、マッサージにかけたい時間などニーズに合わせて選択できます。


(3) マッサージ効果を高める、多彩なストレッチメニュー

コリの溜まりやすい部位を気持ちよく伸ばし、マッサージ効果を高めるためのこだわりのストレッチ機能には、4種類の全身ストレッチコースと、首・背・腰それぞれに対応した3種類の伸ばし技、さらにフットストレッチを3種類搭載しています。


(4) 上半身と足裏を温めるダブルヒーター搭載

上半身にはヒーターを内蔵した背パッドを採用した「即熱マルチヒーター」を搭載しています。背面に敷くと腰まわりを、ファスナーを外して前面にセットすると、お腹まわりを温められます。また、冷えやすい足先を温める「足裏ヒーター」も搭載しています。


https://www.atpress.ne.jp/releases/175196/img_175196_3.jpg


(5) 音声ガイドで快適に操作ができる、4.3インチのフルカラータッチパネルリモコン

視認性に優れた4.3インチの大型液晶タッチパネルと、声で使い方をサポートする音声ガイド機能でさらに操作がしやすくなりました。音声とパネル表記は5つの言語(日本語、英語、中国語、台湾語、韓国語)に対応していますので、外国人の方もストレスなくお使いいただけます。


https://www.atpress.ne.jp/releases/175196/img_175196_4.jpg


※ 当社調べ(2019年1月現在)



<仕様>

販売名      :マッサージチェア H55

品番       :AS-2000

愛称       :サイバーリラックス

本体色      :ブラック(BK)、ベージュ(CS)

本体寸法     :【リクライニングしていないとき(腕部を閉じ、脚部を収納したとき)】

           幅 約760×奥行 約1,380×高さ 約1,250mm

          【リクライニングしたとき(腕部を広げ、脚部を出したとき)】

           幅 約880×奥行 約2,000×高さ 約740mm

本体質量      :約78kg

定格電源(50/60Hz)  :AC100V

定格時間      :30分

定格消費電力(50/60Hz)     :115W(ヒーターのみ25W)

リクライニング角度(背もたれ部):約110度~約157度

張地        :PVCレザー、ポリエステル

医療機器認証番号  :230ABBZX00123000

           (家庭用電気マッサージ器・管理医療機器)

メーカー希望小売価格:オープン価格

使用目的または効果 :あんま・マッサージの代用。一般家庭で使用すること。

           疲労回復/血行をよくする/筋肉の疲れをとる/

           筋肉のこりをほぐす/神経痛・筋肉痛の痛みの緩解


●「サイバーリラックス」、「CYBER-RELAX」は株式会社フジ医療器の登録商標です。

●AS-2000商品ページURL https://www.fujiiryoki.co.jp/product/massagechair/as2000/index.html


<フジ医療器 会社概要>

株式会社フジ医療器は、1954年創業の「美と健康」にまつわる商品を提供する健康機器メーカーです。

世界で初めてマッサージチェアを量産化した実績を持ち、現存する第一号機は、マッサージチェアのルーツとして象徴的な存在であると評価され、2014年に「機械遺産」の第68号に認定されました。創業以来、マッサージチェアのパイオニアとして、エアーバッグのみを使った世界初のマッサージチェアの開発や、業界初の体形検知システムなどを搭載したマッサージチェアを製造し、高機能・高品質を誇る革新的な商品は、日本国内外において多くのお客様に選ばれ続けています。


社名     : 株式会社フジ医療器

創業     : 1954年

設立     : 1965年4月

代表取締役社長: 大槻 利幸

本社所在地  : 大阪市中央区農人橋1丁目1番22号 大江ビル14階

事業内容   : 健康・美容機器の製造、販売、輸出入

資本金    : 3億円

従業員数   : 844名(2018年3月現在)

URL      : https://www.fujiiryoki.co.jp/



■お客様お問い合わせ先

フジ医療器お客様相談窓口

【フリーダイヤル】0120-027-612

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「175196」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報