沖縄県が4年連続、愛知県長久手市が3年連続1位!人が集まる場...

沖縄県が4年連続、愛知県長久手市が3年連続1位! 人が集まる場の活気が地域元気の秘訣! 全国「地域元気指数調査2018」発表

株式会社アール・ピー・アイ(所在地:千代田区、代表取締役:長澤 博英)は全国約10万人の20~69歳の男女を対象に、住民自身が地域の元気度合いを評価する「全国『地域元気指数調査』」を2015年から実施しており、今年度で4年目になります。

地域元気指数とは、地域の総体的な元気度及び、元気の源となる47の評価要素を数値化したものです。これによって、全国の都道府県別・市町村別の元気度や元気の評価要素を共通のモノサシで測定することができます。また自己・他者評価として住みやすさ、土地柄など30項目をリサーチしました。県民性、地方の特長の一端がうかがえる結果となりました。

本調査は地域元気指数を定点調査しつつ、行政や住民自らが地域の元気を増幅することのできる施策や取り組みを明らかにし、地域の元気や個人の幸福度を高めることを目指しています。


図1_全国_地域の元気度と幸せ感


【調査サマリー】

■今、日本の地域元気指数は5.69と中位で、前年よりはやや回復。個人の幸せ感は6.13で、同様にやや回復。

2018年、日本の地域元気指数(10段階評価)は5.69(全国平均)で中位の状態にあり、前年の5.66から0.03ポイント上昇、DI※も-5.2ポイントで前年よりも0.2ポイント回復した。一方、個人の幸せ感は6.13で、前年の6.11から0.02ポイント上昇、DIも4.1ポイントで前年よりも2.2ポイント回復した。

※DI(ディフージョン・インデックス):対前年からの変化の方向性を示す指数。

 「増えた」の回答割合-「減った」の回答割合で算出。


▽図1_全国_地域の元気度と幸せ感

https://www.atpress.ne.jp/releases/175026/img_175026_1.jpg


■地域元気指数(都道府県部門)トップ10では、沖縄県と東京都が同ポイントで第1位。増減では宮崎県が第1位。

全都道府県における地域元気指数トップ10は、沖縄県(6.17)が前年に続き1位をキープ、東京都(6.17)は前年2位から1位に返り咲いた(一昨年1位)。一方、前年からの増減では、宮崎県(0.21増)が1位、熊本県(0.20増)が2位、福島県(0.18増)が3位。復興と特徴を活かした地域づくりが地域元気を上昇させたと考えられる。


▽図2_都道府県別_地域元気指数上位10

https://www.atpress.ne.jp/releases/175026/img_175026_2.jpg

▽図3_都道府県別_地域元気指数の増減上位5

https://www.atpress.ne.jp/releases/175026/img_175026_3.jpg


■市部門は愛知県長久手市が3年連続第1位。町村部門では沖縄県北谷町が初の第1位。

市部門(605市平均5.77)地域元気指数トップ10では、愛知県長久手市(7.60)が堂々の3年連続1位、前年の7.21から0.39ポイント上昇。3位の沖縄県石垣市(6.94)、5位の神奈川県海老名市(6.81)などが順位・地域元気指数ともに大きく上昇。

町村部門(237町村平均5.50)地域元気指数トップ10では、1位が沖縄県北谷町(7.35)で前年2位からトップ、2位福岡県新宮町(7.32)、3位沖縄県南風原町(7.26)。トップ10に沖縄県から5町村がランクインし、都道府県、市町村ともに、沖縄が目立つ結果となった。

※人口は平成27年国勢調査


▽図4_市別・町村別_地域元気指数上位10

https://www.atpress.ne.jp/releases/175026/img_175026_4.jpg


■「交通基盤が整っている」「にぎやかで楽しい」「活力がある」は、自己評価・他者評価が比較的一致。「食べ物がおいしい」「人が優しい」は一致度が低く、県民性がうかがえる結果に。

県民性の主観・客観性を図る質問では、「交通基盤が整っている」「にぎやかで楽しい」「活力がある」などは自己評価・他者評価の一致度が高く、「食べ物がおいしい」「人が優しい」「地域の人同士のつながりが強い」などは自己評価・他者評価の一致度が低い結果となった。


▽図5_都道府県別_自己評価と他者評価

https://www.atpress.ne.jp/releases/175026/img_175026_5.jpg


■ヒト・モノの流動と人が集まる場所の活気が、地域の元気を支えている。

地域元気指数が高い市町村は、「新しいものを受け入れる風土がある」「地域に楽しめる場所がある」「地域内で若い人の姿を多く見かける」「地元で買い物をする人が多い」「再開発などで街が変化し地域が魅力的になった」などの割合が高く、これらが地域の元気をつくる要因となっていると考えられる。総じて、商店街や集客施設等、人が集まる場の活気が、地域の元気を支えている結果になった。


▽図6_地域元気評価47要素

https://www.atpress.ne.jp/releases/175026/img_175026_6.jpg

▽図7_要素別市町村ランキング上位5

https://www.atpress.ne.jp/releases/175026/img_175026_7.jpg



調査結果の詳細は、以下URLよりご覧いただけます。

▽全国「地域元気指数調査2018」

http://www.rpi.co.jp/genki/2018_tiikigenki.pdf



※データを転載する際には、『全国「地域元気指数調査2018」(株式会社アール・ピー・アイ調べ)』と明記いただきますようお願い申し上げます。



【株式会社アール・ピー・アイについて】

アール・ピー・アイは「まちづくり」を中心とした、調査・コンサルティング・事業プロデュース・運営サポートを行う会社です。

私たちは地域づくりのさまざまな分野、場面において、地域が抱えるテーマに対し、ともに最適解を導きだし課題を解決する、グッドパートナーとしてチカラになることを目指しています。

私たちは、地域を元気にし、より多くの人々が幸福な生活をおくることのできる地域社会の実現に向けて、これからも労を惜しまず、情熱をもって努力し続けます。

URL: http://www.rpi.co.jp/

プレスリリース添付資料

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「175026」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報