【オフィス向け宅配弁当とITの融合・キャッシュレス化を目指す...

【オフィス向け宅配弁当とITの融合・キャッシュレス化を目指す】  お昼に安くて美味しい日替わり弁当を都内に配達する 企業向け宅配弁当の「あづま給食センター」が専用アプリの決済に LINE Payに対応した「LINE De BENTO」を開始。

あづま給食は企業で働くオフィスワーカー向けに、弁当の製造から配達までを 手掛けている(宅配エリアは、葛飾区・江戸川区・墨田区・台東区・北区・ 足立区・江東区・新宿区・千代田区・港区・品川区・渋谷区・中央区・ 文京区・荒川区・船橋市・市川市・浦安市)

株式会社あづま給食センター(代表取締役社長:古川 直/本社所在地:東京都葛飾区)は、2019年3月よりオフィス向け宅配弁当の決済システムにQRコードを使ったスマホ決済アプリ「LINE Pay」を対応することに致します。


あづま給食のお弁当【LINE Pay(ラインペイ)】に対応


■「ランチ難民を救うサービスを」

あづま給食のお弁当は、メニューを日替わりの1種類に絞り効率よく製造しているため、1食450円でボリュームと健康にこだわったお弁当を、低価格で提供。東京都・葛飾区に本社を置き、10年前から海外進出もしており、米国ニューヨーク、ニュージャージーでも販売を始め、日本の弁当文化を広めています。

現在、都内のランチタイムのオフィス街周辺は飲食店が混雑していたり、また社員食堂をもたない企業も増えたことで、「ランチ難民」という言葉ができるほど、ランチの選択肢が限られています。こうした中、オフィスまでまとめて配達してくれる企業向け宅配弁当のニーズは高まっています。



■「ITと弁当の融合」により宅配弁当業界の仕組みをかえたい。

あづま給食は2014年より、テクノロジーを使った様々サービスを提供して参りました。

2014年:スマホで注文、決済、集計ができる専用アプリ【OBENTO-TEC】

2015年:専用アプリの決済にYahoo!ウォレット・楽天ID決済を対応【POINT-BENTO】

2017年:iPadを使い電子マネーで決済ができる【OBENTO-PIT】

2018年:QRコードで決済するサービス「PayPay(ペイペイ)」での決済を開始

2018年:QRコードで決済するサービス「ALIPAY(アリペイ)」での決済を開始


そして、2019年3月より、あづま給食は新たな決済サービスと致しまして、LINE Payに対応した「LINE De BENTO」を開始致します。



■「LINE Pay」とは、

LINE Payは、LINEを使った電子マネーサービス。店舗やネットショップでの決済に加え、割り勘や送金など友達とお金のやりとりが簡単にできます。出金のみ手数料がかかりますが利用は基本的に無料で、チャージも銀行口座やコンビニATMから手軽に行うことができます。

支払い方法はシンプルで簡単。「設置されたQRコードをスマートフォンのカメラで読み取るだけで決済できる」。大変簡単に決済ができます。



■手作り弁当でオフィスワーカーをサポート

あづま給食センターは創業よりオフィスワーカー向けに仕出し弁当を製造、配達してきました。

2019年には創業53年を迎え、品質およびサービスの向上として、新たな取り組みを行っております。

ITやマスメディア、不動産など、幅広い業種のお客様にご利用いただき、毎日4,000~4,500食の手作り弁当を、製造からお届けまで一貫して自社で行っております。



■会社概要

名称       : 株式会社あづま給食センター

所在地      : 東京都葛飾区東新小岩8-21-14

代表者      : 代表取締役社長 古川 直

資本金      : 1,000万円(2017年11月末現在)

設立       : 1977年4月

創業       : 1964年7月

本社ホームページ : http://press.azuma-bento.com/

本社メールアドレス: contact@azuma-bento.com

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「174992」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報