スマホやパソコンの長時間使用が原因の“VDT症候群” 目につ...

スマホやパソコンの長時間使用が原因の“VDT症候群”  目について考える機会を啓発する活動「LOVE EYES WEEK」実施

~2019年1月15日よりメガネのアイガン243店舗にて開催~

眼鏡専門店「Aigan(アイガン)」( http://www.aigan.co.jp/ )を運営する愛眼株式会社(本社:大阪市天王寺区、代表取締役社長:下條 三千夫)は、視力に係わるメガネを取り扱う企業として、「大切な視力」の事を考える機会を創出することを目的に、1月15日(火)~2月14日(木)まで、店舗にて無料で視力測定を行う「LOVE EYES WEEK」を全国のメガネのアイガン243店舗にて開催いたします。


LOVE EYES WEEK ポスター


【LOVE EYES WEEK開催の目的】

近年、スマートフォンやパソコンなどのディスプレイを使った長時間の作業が原因で、目の疲れ、肩こり、頭痛などの目や身体や心に影響のでる症状を引き起こすVDT症候群(※)が注目されています。また環境の変化により、視力低下が増加傾向にあり社会的な問題となっています。特に成長期の子どもたちの視力低下は、勉強や運動をするうえで集中力や思考力、社会性や感情の発達にも大きな影響を与えます。この活動を通じて少しでも子どもたちを含む全ての方に、家族やご自身の視力変化に気づいていただき、早期の対応に繋げていただきたいと考えています。


※ VDT症候群とは、パソコンなどのディスプレイ(VDT:ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)を使った長時間の作業により、目や身体や心に影響のでる病気のことです。



【LOVE EYES WEEK内容】

期間  : 2019年1月15日(火)~2月14日(木)

店舗  : メガネのアイガン 243店舗(2019.1.1現在)

店舗検索: http://www.aigan.co.jp/store/

費用  : 無料


◆実施内容:

(1)目年齢チェック

遠見時や近見時に自動的にピントを合わす目の機能を“調節”といいますが、近距離(約30cm)にピントを合わられる力が年齢と共に低下していきます

ピントを合わす“目の機能”の力を測定し、年齢別の平均値想定値と比較しお客様の目年齢をお調べします。


(2)視力測定

おなじみの視力測定に加え、自動屈折測定器で近視・乱視・遠視などを瞬時に測定する「自動屈折測定」などもチェックできます。


(3)視力チェック表・無料視力チェック券配布

ご家庭に持ち帰ってご家族みんなで視力の目安をチェックしていただけるチェック表と店舗にて無料で視力チェックを受けていただけるチケットをお渡しします。「ここ最近、視力チェックを受けていない」というご家族にも気軽に視力チェックを受けていただくことができます。


私たち愛眼株式会社は、お客様の暮らしを、より快適に、より豊かにする企業となることを目指し、安心の技術、納得の商品、気持ちに寄り添うサービスを提供します。



■会社概要

商号   : 愛眼株式会社

本社所在地: 大阪市天王寺区大道4丁目9番12号

代表者  : 代表取締役社長 下條 三千夫

資本金  : 5478百万円

設立   : 1961年1月11日

事業内容 : 当社グループは、眼鏡・サングラスその他関連商品を

       取り扱う眼鏡専門店チェーンを展開しております。

URL    : http://www.aigan.co.jp/



≪参考データ≫

https://www.atpress.ne.jp/releases/174735/att_174735_1.pdf

プレスリリース添付資料

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「174735」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報