プロのような番組演出をYouTuberなど出演者自身で行える...

プロのような番組演出をYouTuberなど出演者自身で行える ライブ配信に最適なAVストリーミング・ミキサー発売

~映像の自動切り替えやボイス・チェンジャーで番組を楽しく演出。 注目を集める配信が手軽に実現~

ローランド株式会社は、YouTuberなど出演者自身でプロ・クオリティの番組をつくることができる、ライブ配信に最適なフル・ハイビジョン対応のAVストリーミング・ミキサー『VR-1HD』を、2019年3月下旬に発売します。


『VR-1HD』/『VR-1HD』を使って自宅で演奏をライブ配信するイメージ



近年、ビデオ・カメラの低価格化、スマートフォンやタブレット、ソーシャル・メディアの普及により、気軽にライブ配信を行えるようになってきました。今回発売する『VR-1HD』は、映像や音響を操作するスタッフがいなくても、YouTuber、Podcasterなどのパフォーマーやパーソナリティー自身が思い通りに音と映像を演出し、ライブ配信をより楽しい内容にできるAVストリーミング・ミキサーです。カメラ、スマートフォン、パソコンなどを接続して最大3つの映像を切り替えたり、複数の映像を組み合わせた画面構成にしたりして、より魅力的な番組をつくることができます。


新たに、対談などトーク番組の出演者の声や、音楽のビート、あるいは予め設定した時間に合わせて映像を自動的に切り替える機能を搭載しました。これにより出演者は、煩わしい操作から解放されトークや演奏に専念することができます。また、出演者自ら、ボタン1つで自分の声をロボット・ボイスや異なるキャラクターの音声に変えたり、残響を加えたり、拍手などの効果音を加えることもでき、思い通りのタイミングで番組を盛り上げることができます。


『VR-1HD』は、VRシリーズ(*)の特長を継承しつつもシンプルな操作性、低価格を実現。パーソナルな配信のシーンでも、気軽に活用できます。


※「VRシリーズ」は、省スペースで映像と音声をコントロールできるローランドのAVミキサーです。2011年の発売以来、ライブ配信用の映像・音響機器の定番として、ライブ・イベントでの映像演出や中継配信、eトレーニング、TV会議などさまざまなシーンで活用され、プロの映像制作会社やイベント運営会社、一般企業、学校などで幅広く使用されています。


製品プロモーション動画: http://roland.cm/vr-1hd



●こんな方にオススメ

・トーク番組や演奏、ゲーム実況など、魅力的なライブ配信で注目を集めたい

 個人やYouTuberの方

・イベントや講義などをライブ配信し、社内外のコミュニケーションや

 ビジネスに活用したい企業や学校


●ここがポイント

・映像と音を効果的に演出して、1人でもプロのような番組制作とライブ配信を

 簡単に実現するAVストリーミング・ミキサー


品名/品番         :AVストリーミング・ミキサー『VR-1HD』

価格            :オープン価格

発売時期          :2019年3月下旬

初年度販売台数(国内/海外計):5,000台



■映像を自動的に切り替えて魅力的な番組づくりができる

『VR-1HD』の「オート・スイッチング機能」を使えば、映像を自動的に切り替えることができるので、オペレーションを大幅に省力化しながら出演者自身で魅力的な番組制作が可能です。


●トーク番組などで出演者の音声に合わせて映像を切り替え

(「Video Follows Audioモード」)

出演者の声の音量を感知し、その出演者のカメラ映像に自動的に切り替え。二人で会話をしているときや入力音声を感知しないときは、ワイドショットのカメラ映像に自動的に切り替わります。

※マイク入力数は最大2チャンネル


出演者の声の音量に合わせて映像を自動切り替え

https://www.atpress.ne.jp/releases/174177/img_174177_2.jpg


●演奏や音楽のビートに合わせて映像を切り替え

 (「Beat Syncモード」)

入力される音声のビートに合わせて、効果的にカメラ入力を切り替えます。


映像や音楽のビートに合わせて映像を自動切り替え

https://www.atpress.ne.jp/releases/174177/img_174177_3.jpg


●設定した時間に合わせて映像を切り替え

(「Auto Scanモード」)

入力やシーンごとに予め設定した時間に合わせて、自動的に順次またはランダムに切り替えます。



■番組進行に合わせてボタン1つでお好みの画面構成へ

『VR-1HD』のシーン機能を使うと、番組の進行に合わせてボタン1つで場面に合った映像を呼び出すことができます。メイン映像に別の映像を子画面で挿入したり、左右/上下に画面を分割するなど、1つの画面に複数の映像を映し出し、視聴者に伝わる映像演出ができます。


シーン機能を使ってボタン1つで映像を演出

https://www.atpress.ne.jp/releases/174177/img_174177_4.jpg



■ボイス・チェンジャーや効果音のポン出しで番組を楽しく演出

『VR-1HD』は、生放送中、ライブ配信中にボタン1つで自分の声を変えたり、BGM、ジングルや拍手などの効果音を加えたりすることで、番組をより楽しく演出することができます。『VR-1HD』は、当社のボイス・トランスフォーマー「VTシリーズ」の技術を用いた「ボイス・チェンジャー機能」を搭載。リアルタイムで、自分の声をロボット・ボイスに変化させたり、声質や音高を変えて男性から女性の声に変化させたり、さらに残響を加えたりするなど、ユニークな演出を行えます。

また、USBメモリーに保存したお好きな曲やジングル、拍手などの効果音をボタン1つで呼び出し、番組を楽しく演出することもできます。


『VR-1HD』のオーディオ・エフェクトボタン

https://www.atpress.ne.jp/releases/174177/img_174177_5.jpg

市販のグースネック・マイクを装着可能。よりパーソナルなセッティングに

https://www.atpress.ne.jp/releases/174177/img_174177_6.jpg



■音声バランスも自動で調整

対談やディスカッションなど2本のマイクが使われる場合、『VR-1HD』の「オート・ミキシング機能」を使うと、音声入力の有無や音量を感知し、各音声チャネルの音量調整を自動で行います。通常、音量の調節は各チャンネルのフェーダーの上げ下げにより行いますが、この操作が不要になるため、出演者は映像のスイッチングや演出に専念することができます。


オート・ミキシング機能のイメージ。音声入力を感知し、音量調整を自動で行う

https://www.atpress.ne.jp/releases/174177/img_174177_7.jpg



■『VR-1HD』の接続イメージ

https://www.atpress.ne.jp/releases/174177/img_174177_14.jpg



■製品写真

『VR-1HD』

https://www.atpress.ne.jp/releases/174177/img_174177_8.jpg

https://www.atpress.ne.jp/releases/174177/img_174177_9.jpg

『VR-1HD』リアパネル

https://www.atpress.ne.jp/releases/174177/img_174177_10.jpg

『VR-1HD』左サイドパネル

https://www.atpress.ne.jp/releases/174177/img_174177_11.jpg


●外形寸法:314(幅)×169(奥行)×66(高さ)mm

●質量:1.6kg(ACアダプターを除く)


『VR-1HD』を使ってトーク番組をライブ配信するイメージ

https://www.atpress.ne.jp/releases/174177/img_174177_12.jpg

『VR-1HD』を使って自宅で演奏をライブ配信するイメージ

https://www.atpress.ne.jp/releases/174177/img_174177_13.jpg



※製品画像は、ニュースリリース・ページ https://www.roland.com/jp/news/0818/ よりダウンロードいただけます。

※製品の詳細につきましては、ローランド・ホームページにてご確認ください。

https://proav.roland.com/jp/products/vr-1hd/

※文中記載の会社名および製品名などは、各社の登録商標または商標です。

※このニュースリリースに掲載されている製品情報や発売日などは、発表日現在の情報です。

 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。



【製品に関するお客様のお問い合わせ先】

ローランド株式会社

お客様相談センター:050-3101-2555

プレスリリース動画

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「174177」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報