アトレ初の海外出店、台北・Breeze南山「atre」 2019年1月10日(木)にグランドオープン

台北・信義エリアの新規商業施設に 台湾初出店16店舗を含む51店舗

株式会社アトレ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:一ノ瀬 俊郎)は三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安永 竜夫)と、共同出資会社である株式会社アトレインターナショナルを通じて、台湾の大手ディベロッパー・長僑投資開發股●有限公司(本社:台湾台北市、董事長:廖鎮漢)の新規商業施設「Breeze南山」内にキーテナントとなる「atre」の開発を進めてきましたが、この度、2019年1月10日にグランドオープンすることとなりました。


※会社名の「●」は正式には「人偏に分」の漢字表記です



■Breeze南山「atre」の主な特徴

今回出店するのは、台北で注目されているトレンド発信エリア「信義」。台北101に隣接したロケーションです。そこに、グローバル・台湾・日本のブランドを組み合わせた「高感度×デイリー」の商業施設を展開します。

館内は回遊を促す「街の小径」のような商業環境を創出。またテラスには屋外デッキを設置。さらにイベントを実施可能なスペースを館内に13箇所設置しました。また、開業キービジュアルには台湾の有名フォトグラファー江民仕(Ming Shih Chiang)氏を起用しています。


施設内観(パース)


施設外観



■SCコンセプト:SLOW TIME、SLOW LIFE

Breeze南山はハイブランドも出店する施設ですが、「atre」ではそのようなハイブランドが出店する商業施設の中でも、落ち着いて、穏やかな気分のときにも過ごしたくなる空間をめざし「SLOW TIME、SLOW LIFE」をSCコンセプトにしました。アトレが日本国内で得意とする、ベーシックでありながらもちょっと上質な「高感度×デイリー」を台湾の方々に提案します。



■フロアコンセプト、ショップ構成

<フロアコンセプト>

今回出店する「atre」は、たとえば台北の赤峰街・永康街の街並みのようなデイリーな雰囲気だけでなく、ラグジュアリーな雰囲気も体験できるような商業施設を目指しています。atreは、Breezeの有するブランド力や顧客ネットワークを基盤として、厳選したブランドから成るライフスタイルを提案します。そして、アトレが日本で展開する「日常の暮らしをちょっと豊かにする『高感度&デイリーなアトレスタイル』」の新たな風潮を、台湾市場で創り出します。


[2階の特色]

スイーツや輸入食品、カフェなど沢山の食関連ショップと、小さくてもエッジの効いた雑貨店では必ずお気に入りが見つかるはず。季節やモチベーションに合わせたおしゃれなプチギフトもお任せ。


[3階の特色]

ファッションから小物まで、日常の暮らしを彩るお気に入りのアイテムがそろうセレクトスタイルアーケード。スイーツショップや食堂・ティーハウスで次の買い物に思いを巡らせましょう。


[4階の特色]

おしゃれでカジュアルなスタイルは組み合わせが難しいですが、イメージが膨らむ大型コンセプトショップなら、きっと「わたし流の日常」がみつかります。また、カフェやクオリティの高いカジュアルダイニングには、「食べる」ことをもっと楽しむコンテンツが詰まっています。



<ショップ構成>

・日本を含む世界からの台湾初出店ショップおよび新業態

「Blue Bottle Coffee」(2階・食物販)、「Dandelion Chocolate」(2階・食物販)、

「9 palette parlor」(2階・食物販)、「Le Boulanger de monge」(2階・カフェ)、

「FRUTA FRUTA Acai cafe」(3階・食物販)、「P&T 柏林茶館 Bloomingville」(3階・カフェ)、

「DANCING CRAB」(4階・レストラン)、「JAPAN RAIL CAFE」(4階・カフェ)など


・台湾路面店からのSC初出店ショップ

「九州パンケーキ」(3階・カフェ)、

「In Blooom 印花樂」(3階・文化用品・雑貨)、

「David & Maisie Select」(4階・カフェ) など


※各ショップの名称は変更となる可能性があります



<国別構成比>

グローバルショップ:20%、日本ショップ:60%、台湾ローカルショップ:20%


<業種別構成比>

ファッション18%、食料品18%、飲食24%、雑貨39%、サービス2%


■環境設計、デザイン

(1)館内にはたくさんのグリーンがあふれ、お客様がまるでぶらっと街歩きを楽しんでいるような空間を楽しむことができます。そして、日本でアトレが得意とするファッション・カフェ・雑貨等のショップを回遊できる環境づくりを当施設でも実現。自然とお客様の回遊を促す商業空間です。


環境設計、デザイン(館内)


環境設計、デザイン(ファサード)



(2) 屋外にはテラスデッキを設置。隣接の台北101をはじめ、周辺のランドスケープを楽しむことができます。


(3) イベント等実施可能なスペースを13箇所設置。週末をはじめとしたイベントを実施し、いつ来ても楽しい施設を目指します。



■開業キービジュアル:台湾の有名フォトグラファーMing Shih Chiang氏を起用

開業キービジュアル キャッチコピー:日常不思議 atre&me

キャッチコピーには、「atre」がお客様の毎日の中で不思議と惹かれるモノや体験を見つけられる場所であってほしいという思いを込めています。


開業キービジュアル



・フォトグラファー:江民仕(Ming Shih Chiang)

台湾で活躍するハイファッション界のフォトグラファー。特に人物写真が堪能で、ハイブランド及び知名タレントにおいて数多くの実績があり、「VOGUE」、「ELLE」、「HARPER'S BAZAAR」等のグローバルファッション誌の表紙撮影に抜擢される。「ELLE」2013年フォトグラファー賞受賞。


フォトグラファー江民仕氏



・モデル:林酉芯(Sora)

台湾の若手女優。映画代表作に「As a pigeon 賽鴿賽歌」「Breast and House 乳、房」、TVCM出演作品には「クノールカップスープ」、「ポカリスエット」、「セントラム(マルチビタミン)」など。


モデル林酉芯氏



・イラストレーター:古曉茵(Gu Siaoyin)

台湾の有名イラストレーター。作品は広告、出版、雑誌、ホームページなどに幅広く展開され不定期に展示会を行う。近年、日本の関連イベントにも招待され活躍中。


イラストレーター古暁茵氏



■施設概要

【Breeze南山「atre」施設概要】

施設名 :atre

所在地 :台北市信義区松智路17號 No.17、 Songzhi Rd.、 Xinyi Dist.、 Taipei City 110、 Taiwan

営業時間:11:00~21:0(木・金・土・祝祭日の前日は22:00閉店)

     ※一部、営業時間の異なるショップがございます。

構造  :鉄骨造、鉄筋コンクリート造

階数  :商業棟:地下2階~地上7階 オフィス棟:地下2階~地上48階

     (うち、アトレは2階一部~4階)

延床面積:約12,000平方メートル

店舗面積:約6,000平方メートル

店舗数 :Breeze南山全体208店舗、うちアトレ51店舗



【本事業会社・SC運営会社概要】

長僑投資開發股●有限公司(Breeze)、三井物産株式会社、株式会社アトレの3社は、台湾においてショッピングセンター事業の実施と今後の駅等商業施設の開発・運営事業への参画を共同で推進することで合意、2017年8月8日に関連諸契約を締結しました*1。これに先立ち、三井物産とアトレは、株式会社アトレインターナショナル(以下「AICO」)を設立しました。そしてBreezeとAICOの間で合弁会社のBreeze atre Holdingを設立し、このたびオープンするBreeze南山の「atre」は、Breeze atre HoldingのSPC子会社である微風艾妥列南山股●有限公司が運営しています。


*1 2017/8/8「台湾におけるショッピングセンター事業、駅等商業施設への開発・運営事業への共同出資」


名称  :微風艾妥列南山股●有限公司

所在地 :台北市信義区松智路17號3樓

会社設立:2018年2月

総経理 :伊藤 浩平

事業内容:商業施設の管理および運営等


※会社名の「●」は正式には「人偏に分」の漢字表記です



【株式会社アトレインターナショナル】

所在地 :東京都渋谷区恵比寿4丁目1番18号 恵比寿ネオナート6F

会社設立:2017年7月

資本構成:株式会社アトレ51%、三井物産株式会社 49%

事業概要:海外におけるアトレブランドを活用した

     ショッピングセンター事業の統括会社



【株式会社アトレ】

所在地 :東京都渋谷区恵比寿4丁目1番18号 恵比寿ネオナート6F

会社設立:1990年4月2日

資本金 :16億3千万円

代表者 :一ノ瀬 俊郎

事業内容:駅ビルの管理および運営等

運営施設:アトレ恵比寿、アトレ品川、アトレ吉祥寺、アトレ上野 他

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「173207」を
担当にお伝えください。