「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2018」にゆるキャラが参戦! ねば~る君か家康くんか、まさかの優勝者とは・・・?

AbemaTV初!豊田社長もコメント出演!

 株式会社AbemaTV(所在地:東京都渋谷区 代表取締役社長 藤田晋)は、富士スピードウェイにて実施された「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2018(以下、TGRF2018)」会場にて、『爆走!ゆるキャラレーシング』を放送いたしましたので、その様子をお届けいたします。

 番組では、ねば~る君、うどん脳、ちっちゃいおっさん、出世大名 家康くんなど人気ご当地ゆるキャラが、ミニゲームやカーレースに本気でチャレンジ。ゆるキャラたちがカートに乗っている映像やプロレーサーの追われている様子に加え、ねば~る君が突然伸びたり、椅子取りゲームでの熾烈な争いなど、生放送ならではのハプニングも続出しました。競技に対して真剣に取り組むゆるキャラたちの様子を見ることができる数少ない機会となりました。レポーターには、「ずん」のお二人(飯尾 和樹さん、やすさん)、MCには原口あきまささんを迎え、番組を盛り上げました。また、『爆走!ゆるキャラレーシング」番組内では、TGRF2018の様子を中継。ル・マン優勝時の瞬間について語る中嶋一貴選手や、根強い人気を誇るスープラの新型車やTGRF2018のハイライトを映し出しました。


放送された番組は下記のURLよりご覧になることができます。

【AbemaTV「爆走!ゆるキャラレーシング」】

https://abema.tv/channels/abema-special/slots/Bq6HJKaxmpzp8w?utm_campaign=slot_share_cy&utm_medium=referral&utm_source=referral


【TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2018 公式HP URL】

https://toyotagazooracing.com/jp/tgrf/2018/


■AbemaTV『爆走!ゆるキャラレーシング」について

『爆走!ゆるキャラレーシング』では、ねば~る君、うどん脳、ちっちゃいおっさん、出世大名 家康くんなど人気ご当地ゆるキャラ8体が、イス取りゲーム、風船カートレース、障害物レース、超強風ビーチフラッグ、ゆるキャラカート対決の計5種目に臨みました。普段見られないゆるキャラの姿や生放送ならではのハプニングが続出。中には、どう考えても見えてはいけないものまで・・・。また、一生懸命に取り組むゆるキャラたちへのエールとして、トヨタ自動車の豊田章男社長からの応援VTRが寄せられるなど充実の内容になりました。また、番組中にTGRF2018の様子を中継。ハイライトをお伝えしました。1978年~2002年まで販売されていたスポーツカー・スープラの新型が番組内でお目見え。ゆるキャラによるゆるくない戦いだけでなく、車ファンにはたまらない内容が盛りだくさんの放送となりました。


放送された番組は下記のURLよりご覧になることができます。

【AbemaTV「爆走!ゆるキャラレーシング」】

https://abema.tv/channels/abema-special/slots/Bq6HJKaxmpzp8w?utm_campaign=slot_share_cy&utm_medium=referral&utm_source=referral

 番組はMCの原口あきまささんによるゆるキャラたちの紹介からスタート。ビジュアルも発言も個性的なゆるキャラたちに終始圧倒されながら、番組は進行していきました。


1.争奪!イス取りゲーム

笛が鳴ったらイスの前を回り、笛の合図で座る。イスに座れなかったら脱落。


一見、身軽そうなじねんじゃーやキタキュウマンが有利かと思いきや、ねば~る君の不正(?)などもあり、勝負は大荒れ。最後は、上手く隙をついた出世大名家康くんが1位に輝きました。

【結果】

1位:家康君


イス取りゲームが終わったところで、ずんの二人によるGRスープラ コンセプトの紹介が始まりました。

GRスープラ コンセプトは1978年から2002年から販売していたスポーツカー。その新型スープラが来年より17年ぶりに世界各国で販売を開始する予定。今回、TGRF2018で、国内では初のお披露目となりました。


1.車名のスープラはどういう意味?

ずん飯尾「開発者の名前ですよ。ミスタースープラが作ったんですよ」

正解「ラテン語で“史上”」


2.歴代のスープラは全てFRを採用!FRとは何の略?

ずん飯尾「フレンドルーマニア転勤」

正解「フロントエンジン・リアドライブ方式。後輪駆動」


2.トップレーサー参戦!風船カートレース

1組4体で鬼(トップレーサー)から逃げる。カートの後ろについている3つの風船のうち、1つでも鬼に割られた人は失格


1グループ目は、関口雄飛選手が鬼役。1キャラあたり1つ風船を割ればクリアにも関わらず、すべての風船を割るという驚きのカートテクニックを見せました。


2グループ目は、平川亮選手が鬼を努めます。こちらも順調に割っていく…かと思いきや、コースを逸れて時間を稼ぐなどの連携プレーを見せるゆるキャラたち。結局、じねんじゃーがまさかの逃げ切りに成功しました。

【結果】

1グループ目:全員失敗

2グループ目:じねんじゃーが逃げ切り成功


 ここで、TOYOTA GAZOO Racing公式マスコットキャラクターのトヨタくま吉・ルーキー・モリゾウくんが登場。ゆるキャラたちへエールを送ります。

その後豊田章男社長からのコメントVTRが届きました。


 豊田社長「AbemaTVをご覧のみなさん、こんにちは。ここ富士スピードウェイにて、GAZOO Racing FESTIVAL、今日はなんと、ゆるキャラVSリアルレーサーです。みなさんお楽しみいただいて。頑張ってください!」


3.なにがなんでも走り抜け!障害物レース

ぐるぐるバット→平均台→麻袋ジャンプ→タイヤ転がし

4つの障害物レース


3競技目は障害物レース。1グループ目は順当にやはり身軽なじねんじゃーが1位に。一方、2グループ目は、大混戦に。最後はタイヤ転がしで抜け出した、うどん脳が勝利しました。途中、麻袋に対してごんぼうがしびれを切らせるという、名(迷)場面も生まれました。

【結果】

1グループ目:1位 じねんじゃー

2グループ目:2位 うどん脳


4.逆風に負けるな!超強風ビーチフラッグ

2体で対決 巨大扇風機の前にあるフラッグを取れたら、4ポイント獲得


面積が大きいゆるキャラの方が空気抵抗が大きく、不利なのでは?という前評判の元、スタートしたビーチフラッグス対決。蓋を開けてみると、抵抗はあまり関係なく、勝利したゆるキャラの横幅は非常にまばらでした。途中、MCの原口あきまささんが巻き込まれるというハプニングもありました。

【結果】

1グループ目:ちっちゃいおっさんVSごんぼう ちっちゃいおっさん勝利シーン 

2グループ目:てしお仮面VSうどん脳 てしお仮面勝利シーン 

3グループ目:キタキュウマンVSねばーるくん キタキュウマン勝利シーン

4グループ目:家康君VSじねんじゃー 家康君勝利シーン


 ゆるキャラレーシングの最終決戦を前に中継が入りました。TOYOTA GAZOO Racingの一員として、ル・マン 24時間レースで優勝をはたした中嶋一貴選手にずんのお二人がインタビューをしました。


―優勝した時の気持ちは?

「ほっとしたというのが正直な気持ちです。何年もやってきて、やっとのことでしたし、今年優勝できないとどうなっちゃうのかなっていうような崖っぷちだったので、優勝してほっとした気持ちが強くて。喜びが爆発というよりは。力抜けちゃったような感じです。シャンパンの味もちょっと覚えてないですね。」


―レース中は何が大変でしたか?

「24時間戦うってことがすごく大変なので、仮眠も取るんですけど、やはりプレッシャーとかもあってなかなか寝られなかったりもします。チーム全体にそういうプレッシャーがありますから、ドライバーだけではなく、メカニックとかエンジニアとか。全てのスタッフが同じ重みを共有してたと思います。」


5.最終決戦!ゆるキャラカート対決

富士スピードウェイサーキット特別コースを全3周して順位を決める


最終決戦では、全ゆるキャラがカートに乗り、大爆走。今ひとつスピードが上がらないキタキュウマンやうどん脳などを尻目に、ねば~る君が謎の快走。ぶっちぎりの優勝を見せるという、衝撃の幕切れとなりました。

【結果】

ねば~るくん


結果発表

<総合順位> 

1位:じねんじゃー

2位:家康くん

3位:ちっちゃいおっさん


最後に、優勝したじねんじゃーには、地元をPRする権利が与えられました。

しねんじゃー「今日はみんな応援ありがとろろ~。千葉県白井市に地底からやってきた忍者、じねんじゃーです。千葉県白井市は夏は梨、冬は自然薯がおいしいんだよ!」


MCの原口あきまささんとゆるキャラたちがTwitterにてコメントを投稿しています。

【コメント】

■原口あきまさhttps://twitter.com/haraguchiakimas/status/1066618190657015809

「皆様!ご視聴有難うございました!くだらな過ぎて笑い過ぎて声とんだ。感謝∞!

#爆走!#ゆるキャラレーシング #Amebatv #富士スピードウェイ」


■出世大名家康https://twitter.com/ieyasukun100/status/1067223728327614464

「爆走!ゆるキャラレーシングは見逃し視聴が可能じゃ

https://abema.tv/channels/abema-special/slots/Bq6HJKaxmpzp8w

たくさんの応援のおかげで2位になれたのじゃ。次回があれば、次こそは優勝したいのじゃ!カートの練習ではクイック浜名の皆さまにも大変お世話になったのじゃ。ありがとうの~

#ゆるキャラ#家康くん #クイック浜名」


■ちっちゃいおっさん(pic.twitter.com/nLpwn5UMga)

「みんな~今日のAbemaTV 「ゆるキャラレーシング」は観てくれたか~??それはそれは過酷な生放送やったんやけども?ワシはなんと3位に入賞したで~!最後のレースで大逆転できたシーンを届けるで笑笑

応援おおきにやで~!(^○^)」


■うどん脳https://twitter.com/udonnoww/status/1066880393054285824

脳@)爆走!?ゆるキャラレーシング★また。来年あるかなー?TOYOTAさん、ありがとうどん。


■AbemaTV『爆走!ゆるキャラレーシング」出演者について

■ねば~る君(茨城県)

プロフィール:茨城県を代表する納豆のキャラクター


■ちっちゃいおっさん(兵庫県)

プロフィール:『笑う門には福来たる♪』と、チビッコ達の明るい未来のために

日本人として「大切なこと=道徳(感謝の気持ち、あいさつ、思いやり)、ユーモア等」を伝えるべく、いつもほろ酔い笑顔で奮闘中♪


■出世大名 家康くん(静岡県浜松市)

プロフィール:徳川家康公は、浜松の地に「浜松城(出世城)」を築き、17 年間城主を務めたのち天下統一を成し遂げた、まさしく「出世大名」。拙者は、その生まれ変わりと言われているのじゃ。 浜松にお越しの皆々には、お近づきの印に拙者の「出世運」を授けるのじゃ。


■しろい地底王国忍者じねんじゃー(千葉県白井市)

プロフィール:千葉県白井市の非公認キャラクター 千葉県白井市の特産品である「しろいの自然薯」をPRする地底忍者 さらわれた地底王国ねばーランドの王女トロロ姫を探している。 ムンクの叫びのようなゆるい顔が特徴。


■ツルキャラ うどん脳(香川県)

プロフィール:饂飩が好きすぎて、ある朝目覚めると脳が饂飩になっていた元人間の妖怪。


■十和田ごんぼう(青森県十和田市)

プロフィール:青森県十和田市公認キャラクター 十和田市の野菜をPR するため日々活躍中! 十和田の荒ぶる巨大ごぼう!時には乱暴だけど、時には優しいごぼうの「ごんぼう」


■キタキュウマン(福岡県北九州市)

プロフィール:福岡県北九州市のヒーロー、キタキュウマン。 体が硬いので、できれば戦いたくないそうです。 特技は北九州のグルメを深夜に投稿する「飯テロ」。


■てしお仮面(北海道天塩町)

天然しじみ貝のヒーロー 「天塩(てしお)」の名を日本全国の人に知ってもらうため天塩町に突如現れた。 今では、お年寄りから子どもまで愛されているまちのヒーロー。 でも、大粒しじみを全面に出しすぎて、地元の子どもにすら「しじみマン」と間違えて呼ばれることを気にしている・・・


【MC】

原口あきまさ/ものまね芸人

1975年11月3日生まれ。福岡県北九州市出身(北九州市観光大使)。

第33回ベストファーザー イエローリボン賞 芸能部門受賞。

明石家さんまさんのモノマネで大ブレイク。

ものまねレパートリーは100以上!

プライベートでは4人の男の子のパパとして、

子育てに奮闘中!!

 

その他原口あきまさに関する情報は、ブログをチェック!!

「一日一笑 ゆる~いブログ」http://ameblo.jp/akimasa-h/


【レポーター】

ずん/お笑い芸人

飯尾 和樹(いいお かずき) 左

1968年12月22日生まれ。東京都出身

やす 右

1969年11月18日生まれ。宮崎県出身

2000年、コンビ結成。

コンビ名は、「ずんと心に残るような感じ」と「響き」でつけた。

独特な間合いとフレーズのギャグやモノマネなど、老若男女、幅広い世代に人気のお笑い芸人。

カテゴリ:
その他
ジャンル:
芸能 その他スポーツ
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「173137」を
担当にお伝えください。