ソフトバンクとカタリナ、5Gとディープラーニングを活用したリ...

ソフトバンクとカタリナ、 5Gとディープラーニングを活用した リアルタイム映像処理のデモを展示

ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)と株式会社カタリナ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高橋 豊志、以下「カタリナ」)は、2018年11月30日にリニューアルオープンしたソフトバンクの「5G×IoT Studio」のお台場ラボに、第5世代移動通信システム(以下「5G」)を活用し、カメラ映像に映り込んだ人物の目に対してリアルタイムでぼかし処理を加えるデモンストレーションを展示します。


ソフトバンクとカタリナは、カメラのライブ映像を5Gの高速大容量通信を活用して伝送し、顔や人体などの単純な認識にとどまらず、カタリナが持つ視線や表情などの細かい特徴を検出することができる映像解析のディープラーニング技術をMEC※上で利用することによって、映り込んだ人物の目に対するリアルタイムなぼかし処理を可能にしました。


今回のデモンストレーションでは、放送業における屋外生中継のユースケースを想定し、映像の伝送・処理・配信までのリアルタイム性を体感できる環境を構築しました。具体的には、お台場ラボに設置したカメラのライブ映像を5Gで伝送し、映像の品質を担保しながらも、視聴に耐えうる必要最低限のぼかし処理を加え、プライバシーの保護に配慮した映像を、テレビを模したディスプレーに配信します。


将来的には、5Gで伝送された映像に対してリアルタイムにディープラーニング技術でぼかし処理を加えることが可能になるため、生中継における遅延の解消と不測の事態への対処の双方に寄与します。


ソフトバンクとカタリナは、2018年5月に業務提携契約を締結しており、ソフトバンクが提供する通信環境およびIoTプラットフォームと、カタリナが開発するディープラーニング技術を組み合わせて、今後もさまざまなAIソリューションを共同検討・開発していきます。


※Multi-access Edge Computing:端末から近い位置にデータ処理機能を配備することで、通信の最適化や高速化をすることができる技術


デモンストレーション構成図

https://www.atpress.ne.jp/releases/172387/img_172387_2.png


※「5G×IoT Studio」について

ソフトバンクは、5GやIoTを活用した新たなサービス、ソリューション、プロダクトの提供を目指す企業向けに、5Gの実験機器で技術検証ができるトライアル環境を提供し、さまざまな企業と新たな価値の共創を目指す「5G×IoT Studio」を2018年2月に開始しました。今後来るべき5GやIoTの時代に向けて、お客さまの新たなサービス開発をサポートしています。「5G×IoT Studio」の詳細は、こちら( https://www.softbank.jp/biz/5g/ )をご覧ください。


5G×IoT Studio



■カタリナについて

【商号】  株式会社カタリナ

【代表者】 代表取締役社長 高橋 豊志

【所在地】 東京都千代田区神田三崎町3-6-14 第2ハンタービル 5階

【設立年月】2015年6月

【事業内容】AIを活用した各種課題解決ソリューション、

      業務効率化ソリューションの

      企画・開発・提供ならびにコンサルティング

【URL】   https://www.catalyna.jp/


●SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

●その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「172387」を
担当にお伝えください。