星空生解説×インタラクティブパフォーマンスの新たな融合『LI...|

星空生解説×インタラクティブパフォーマンスの新たな融合 『LIVE ACT PLANETARIA 1st. ACT』“星にねがう夢”

「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」 で12月19日より上映開始

コニカミノルタプラネタリウム株式会社(本社:東京都豊島区、社長:持田啓介、以下 コニカミノルタ)は、有楽町マリオンに来月開業する「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」(以下 プラネタリア TOKYO)内多目的デジタルドームシアター(DOME1)にてアクターを起用した、今までにないプラネタリウムコンテンツ『LIVE ACT  PLANETARIA』を上演いたします。


また、『LIVE ACT PLANETARIA』の鑑賞前に楽しめる、流れ星に願いを届けるインタラクティブな体験エリアを、DOME1ホワイエに設置いたします。


【作品詳細WEBサイト】

https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/program/liveact/winter_18/


★ライブパフォーマンスと一体になった「インタラクティブ星空生解説」★

生解説のプラネタリウムといえば、解説員が季節の星々の見つけ方や、星座にまつわる神話を音声のみで説明することが一般的です。

「プラネタリア TOKYO」がこのたび提供する『LIVE ACT  PLANETARIA』は、若いアクターが公演ごとに交代で主役を務め、演劇やライブパフォーマンスと星空生解説を融合させた、今までにないインタラクティブなプラネタリウム作品です。

デジタルドームシアターならではの高解像度の映像と、アクターによるパフォーマンスがシンクロする「プラネタリア TOKYO」でしかできないプラネタリウム体験にご期待ください。

        

★あなたが”星にねがう夢”は何ですか?★

本作『LIVE ACT  PLANETARIA 1st. ACT』のテーマは“星にねがう夢”。

出演するアクターたちは、それぞれ違ったバックグランドや夢を持った若者たち。彼らの“夢”とともに語られるストーリーの中で星空解説が楽しむことができます。

台本を離れて自分自身の夢を語るシーンや、お客さまにも参加いただくパートを設け、アクターとお客さまが一緒に一つの空間を創り上げていく、インタラクティブな新感覚のプラネタリウム作品です。


●『LIVE ACT PLANETARIA 1st. ACT』“星にねがう夢”作品概要 ●

・上映期間:2018年12月19日(金)~

・鑑賞時間:約40分

・鑑賞料金:一般2500円/小人1500円

※上映時間、休館日、追加上映回など、最新情報は下記ウェブサイトで追って発表します。

https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/


【DOME1ホワイエ情報】

★本当の流れ星に願いを届けるインタラクティブ・コンテンツ★

流れ星を最後に見たのはいつですか?見つけたら願い事が叶うと言われながら、都心の明るい空では観ることが難しい流れ星。実は、日本上空では昼夜を問わず、10分~15分間隔で流れ星が観察されています。

この流れ星をみつけた瞬間のときめきをたくさんの人と共有するために、クリエイティブチーム・バスキュールが開発したリアルタイム流星観測システム「Meteor  Broadcaster(メテオブロードキャスター)」を使用した「流れ星のランタン -流れ星に願いを届けよう- by Meteor Broadcaster」をDOME1のホワイエエリアに設置します。

お手持ちのスマートフォンから”願い”を送るとサーバー内に一時的に保存され、リアルタイム流星観測システムが本物の流れ星を検知した瞬間に、全長12mの巨大スクリーン上にランタンと一緒に打ち上げられます。みなさんは流れ星にどんな夢を願いますか?

 

●株式会社バスキュール プロフィール●

テクノロジー×デザイン×コミュニケーションを統合したスキルを駆使して、さまざまなブランドやプロダクト、サービスの価値を再構築し、未来のユーザー体験を創造するインタラクティブ・クリエイティブ・カンパニー。カンヌライオンズや文化庁メディア芸術祭など、350を超える国際的な広告・クリエイティブ賞を受賞。最近では、テレビ×ネット、年中行事×データなど、人々の日常の行動に由来するリアルタイムデータを新たな体験価値に変換する新しいデザインに挑んでいる。

 

 ★「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」とは★

有楽町は「日劇」の愛称で親しまれた旧 日本劇場をはじめ数多くの映画館や劇場が立ち並び、長きにわたり日本の文化芸能を牽引してきたエリアです。その有楽町に2018年12月中旬、新たなプラネタリウムエンターテイメント施設として「プラネタリア TOKYO」がオープンします。

本施設は、「プラネタリウムドームシアター」と「多目的デジタルドームシアター」という日本初のツインドーム、さらに「体験型VRアトラクション」を備えたドームシアターコンプレックスです。

『プラネタリア TOKYO』WEBサイト

■特設サイト

https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/special/

■施設サイト

https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/

         

           

施設名称:「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」

開業予定:2018年12月19日(水)

所在地:東京都千代田区有楽町2丁目5-1 有楽町マリオン 9階

施設総面積:約1,970m2

施工・運営:コニカミノルタプラネタリウム株式会社


※「日本初のツインドーム」とは観覧を目的とした常設のドームが同施設内に2つあり、それぞれ別々のコンテンツを常時上映していることを意味します。

※『SOUND DOME(サウンド・ドーム)』はコニカミノルタプラネタリウム株式会社の商標です。

※デザインやサービス内容は、変更される可能性があります。

※オープン時期は都合により変更になる場合があります。

 

【施設名称表記上のお願い】

見出し、本文で施設名称を記載いただく場合は次の優先順位で省略形をお使いください。

(1)コニカミノルタプラネタリア TOKYO

(2)プラネタリア TOKYO

    ※「プラネタリア」と「TOKYO」の間には半角スペースが必要です。  

カテゴリ:
イベント
ジャンル:
その他エンタメ 映画 音楽
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「170320」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事