渡部豪太&福本莉子が音楽劇「あらしのよるに」に出演決定!日生...

渡部豪太&福本莉子が音楽劇「あらしのよるに」に出演決定! 日生劇場ファミリーフェスティヴァルにて2019年8月上演

【出演 渡部豪太 福本莉子 高田恵篤 平田敦子 ほか】

公益財団法人ニッセイ文化振興財団[日生劇場]は、毎年、ファミリーを中心に1.8万人の方にご来場いただいている大人気の「日生劇場ファミリーフェスティヴァル」2019年度の開催において、8月3日(土)、4日(日)、5日(月)に音楽劇『あらしのよるに』を新制作で上演します。


渡部豪太(ガブ役) 福本莉子(メイ役)



原作は食べる側と食べられる側、決して仲良くなるはずのない二人の友情と葛藤、自己犠牲を描き、1994年の1作目以来、多くの人々に愛され続ける現代の名作。主人公の心優しいオオカミ、ガブ役には、映像に舞台に、多方面で活躍する実力派俳優の渡部豪太、そのガブと秘密の友情を育むヤギのメイ役には、第8回「東宝シンデレラ」オーディション・グランプリの福本莉子が出演。高田恵篤、平田敦子らベテランが脇を固めます。


歌や音楽、ダンスがたくさん盛り込まれた音楽劇「あらしのよるに」。台本と演出を手掛けるのは演技・身体・音楽・美術・照明など、舞台の構成要素を全て等価に捉える多面的アプローチが特徴の演出家、立山ひろみ。音楽は劇団時々自動のメンバーであり、ナイロン100℃などの作品も手掛ける音楽家、鈴木光介。自身のカンパニーの他、多彩なジャンルのアーティストとのコラボレーションも多い山田うんの振付など、各界注目の才能が参画し、皆さまのもとへお届けします。“ファミリー公演”の枠に収まらない、新しい音楽劇「あらしのよるに」。是非ご期待ください。



■ストーリー

ある嵐の夜、ヤギのメイとオオカミのガブは、避難した山小屋で偶然出会い、互いの正体に気づかないまま言葉を交わします。翌日、「あらしのよるに」を合言葉に再会。互いの正体に驚きながらも、秘密の友達になった二人でしたが、やがてその関係がお互いの群れに露見してしまいます。群れの仲間からの圧力で、互いに相手の動向を探るスパイに仕立てられますが、群れよりも友情を選んだ二人は、仲間のもとを逃げ出します。二人で仲良く暮らすため、遠く高い雪山の向こう、みどりの森を目指して歩き出した二人は、やがて猛吹雪に行く手を阻まれてしまいます……。



■公演概要

【タイトル】

日生劇場ファミリーフェスティヴァル2019

音楽劇「あらしのよるに」(新制作)


【原作】

きむらゆういち作「あらしのよるに」(講談社刊)


【出演】

渡部 豪太

福本 莉子

高田 恵篤 平田 敦子

飯嶋 あやめ 川合 ロン 木原 浩太 小山 まさし 酒井 直之 島田 惇平

滝本 直子 笘篠 ひとみ 長谷川 暢 早川 一矢 平山 トオル 福留 麻里

古川 和佳奈 三坂 知絵子 三田 瑶子 山口 将太朗 山崎 まゆ子 山根 海音


【演奏】

鈴木 光介(tp) 砂川 佳代子(cl) 関根 真理(per) 高橋 牧(acco) 日高 和子(sax)


【スタッフ】

演出・台本:立山 ひろみ

音楽:鈴木 光介(時々自動)/振付:山田 うん

美術:池田 ともゆき/照明:齋藤 茂男/衣裳:太田 雅公/音響:島 猛

学芸:大池 容子(うさぎストライプ)/舞台監督:八木 清市


【会場】

日生劇場(東京都千代田区有楽町1-1-1)


【公演日程】

2019年8月3日(土)、4日(日)、5日(月)

各日11:00/15:00開演予定 (全6回公演)

※チケット料金、発売日等は決定次第、日生劇場のウェブサイトで発表いたします。



■立山ひろみ(演出)コメント

本当は友達になってはいけない、オオカミとヤギ。食べる側と食べられる側という関係をこえて、ふたりが結びついていく、特別な関係になっていく様子を大事に描きたいです。身体表現と音楽、美術、衣装、あらゆる舞台的要素を駆使して今しか出来ない音楽劇『あらしのよるに』をお届けします。豪太さんのワイルドだけど、とても優しいところは「ガブ」にピッタリ!!初々しさと、芯のつよさを合わせもつ、莉子さんの「メイ」との共演にご期待下さい。



■日生劇場ファミリーフェスティヴァルとは

児童・青少年の心を豊かに育むことを願い、子どもたちに本物の舞台作品を提供する取り組みとして、1993年にスタート。以来25年にわたり、毎夏4演目20公演程度を実施、首都圏を中心に、毎年約18,000名の方々に来場いただいています。

URL:http://famifes.nissaytheatre.or.jp/



■プロフィール

渡部 豪太(わたべ ごうた)

1986年3月8日生まれ。茨城県出身。幼少時より芸能活動を始め、現在ドラマ、映画、舞台、CMで活躍。主な作品にNHK大河ドラマ「西郷どん」、Eテレ「ふるカフェ系 ハルさんの休日」主演。現在NTV「太陽からのおくりもの~輝く笑顔を求めて~」でナレーションを務めている。映画では『桜田門外ノ変』('10)、日本・トルコ合作映画『海難1890』('15)、舞台『コーパスクリスティ 聖骸』('12)主演、つながる音楽劇『麦ふみクーツェ』('15)主演など。


福本 莉子(ふくもと りこ)

大阪府出身、2000年生まれ。2016年11月、第8回「東宝シンデレラ」オーディションにてグランプリ、セブンティーン賞を受賞。映画『のみとり侍』('18)でスクリーンデビュー。ミュージカル『魔女の宅急便』('18)ではキキ役で初舞台、初主演を務めた。


高田 恵篤(たかた けいとく)

1979年に寺山修司主催の演劇実験室・天井桟敷に入団。1983年、J・A・シーザーと共に演劇実験室・万有引力を結成。俳優のほか、シーザーとの共同演出、制作も担当する。主な出演作にロンドンのサイモン・マクバーニー演出『エレファント・バニッシュ』、『春琴』、イタリアのテレーサ・ルドヴィコ演出『旅とあいつとお姫様』、『ピノッキオ』など。


平田 敦子(ひらたあつこ)

1984年青年座研究所を経て、以後吉本興業所属で舞台を中心に活動。舞台上で圧倒的な存在感を放つその容姿、確かな演技力と愛くるしいキャラクターを活かし、個性派俳優として各方面から高い評価をうけている。


立山 ひろみ(演出|たてやま ひろみ)

1979年宮崎県出身。劇作家、演出家。ニグリノーダ主宰。宮崎県立芸術劇場演劇ディレクター。東京学芸大学美術科演劇専修を卒業後、黒テント入団。劇団を退団後「ニグリノーダ」発足。

主な作・演出作品にニグリノーダ『楽園』、オペラシアターこんにゃく座オペラ『おぐりとてるて-説経節「小栗判官照手姫」より-』、デフ・パペットシアター・ひとみ『河の童』など。

プレスリリース添付資料

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「170110」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報