ナノバブルオゾンを使用した治癒・改善の研究をスタート|

ナノバブルオゾンを使用した治癒・改善の研究をスタート

がん患者(肺がん、大腸がん、乳がん、すい臓がんなどの腺癌)に対して ナノバブルオゾンを使用した治療・改善効果に関する多施設共同研究

一般社団法人 日本先進医療臨床研究会(所在地:東京都中央区、代表:小林 英男)は、がん患者に対して、ナノバブルオゾンを高含有した素材(液状サプリメント)を使用し、治療・改善について実際の効果を検証するため、動物実験などで高い効果を得た腺癌(特に肺ガン・大腸ガン・乳ガン・膵臓ガン)に対する治癒・改善の効果を測るため、治療の積み上げによる症例研究(または複数施設による観察研究)を行うことにしました。対象となる方(患者さん)をご担当の先生におかれましては、ぜひ症例の積み上げにご協力を賜りたく、宜しくお願い申し上げます。


世界各国で、がん細胞の殺傷効果が報告されているオゾンですが、これまでは腫瘍患部まで到達させる方法がありませんでした。ところが、この度日本で開発された独自技術により、オゾンをナノバブル(100万分の1の気泡)に包含する事で、腫瘍患部にまで殺傷能力の高いオゾンを到達する事が可能となりました。

このナノバブルオゾンを用いた試験管実験及び動物実験では腫瘍殺傷の高い効果を確認しました。また、安全性の試験に関しても高い安全性を示しました。


そこで当会では、上記素材の実際の効果を検証するため、治療(実臨床)において上記素材を使用し、がんに対して、特に動物実験などで高い効果を得た腺癌で、「肺がん」、「大腸がん」、「乳がん」、「すい臓がん」に対する治癒・改善の効果を測るため、多施設共同の臨床研究を行うことにしました。



■研究の背景、意義と必要性

がんは1981年以降、日本人の死亡要因の第一位でありその罹患率は50%以上、死亡率は35%にも上ります。つまり日本人の2人に1人はがんに罹り、3人に1人はがんで死亡するのです。そしてがんの罹患率と死亡率は本国においては年々増加しています。ところが欧米各国では標準治療と併用した先端医療及び補完代替医療への取り組みなど効果的な統合医療の推進によって、がんの死亡率が減少に転じています。


また、本国(日本)においては、がん治療に対する標準的な治療法は、手術・抗がん剤治療、放射線治療の3つがほとんどで、進行したがんに関しては、放射線治療または抗がん剤治療しか選択がなく、これら3つの標準的な治療法だけでは、進行したがんを治癒する事は難しい現状です。

そこで放射線治療、及び抗がん剤治療の治療効果を増大することが出来るような、効果的な代替療法または併用・補完療法が求められています。


当会では、実際の治療の中で、様々な素材を使用した症例の集積から、こうした効果的な治療法を見つける事で、現在のがん治療の奏効率を大幅に上げられるのではないか、と期待しています。



■本研究の目的

こうした状況を受けて、日本においてもがん治療に関する統合医療を推進すべく、効果的な先端医療及び補完代替医療を探索する必要性を感じます。また標準治療と先端医療及び補完代替医療を組み合わせた、統合医療の推進によって、日本でのがんの罹患率と死亡率の減少を目指します。



「日本先進医療臨床研究会」のご紹介

https://www.youtube.com/watch?v=Lj8WlxP97Ww


「日本先進医療臨床研究会」で行っている「治療臨床と研究素材」のご紹介

https://www.youtube.com/watch?v=OVNv_WtRgVM

プレスリリースロゴ画像

プレスリリース動画

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「168874」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんなリリースをよく見ています

このリリースを見た人が興味がある…

  • 関連記事
  • 会社情報