ハンモック、帳票設計を不要にした次世代型OCR 「AnyForm OCR」の新バージョンをリリース

~キーワード登録するだけの簡単操作で、汎用性の高いOCR環境を実現~

株式会社ハンモック(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:若山 大典、以下 ハンモック)は、取引先帳票対応OCRソフトの新バージョン「AnyForm OCR Ver.5.1」を2018年9月20日より販売開始します。

OCRの革新的な新機能「キーワードOCR」により、従来手間のかかっていた帳票設計作業が不要になるため、エンドユーザーにて簡単かつ短期間にOCRを導入することができます。これにより、社内の多種多様な帳票のデータ入力業務の効率化を実現します。


AnyForm OCR Ver.5.1


■「AnyForm OCR」とは

「AnyForm OCR」は、取引先システムから出力される帳票に対するOCR処理を実現します。従来のOCRソフトは、明細行が増減する可変明細帳票への対応ができませんでしたが、「AnyForm OCR」は、独自の画像認識処理によりOCR処理が可能となりました。また、OCR項目に対してあらかじめ予測されるデータが登録できる認識支援辞書機能により、文字の認識精度を向上させることができます。



■背景

労働人口不足に対する解決策としてRPAが注目される中、帳票などの入力業務を効率化することを目的にOCRへのニーズが高まっています。しかし、OCRを運用するために必要な帳票設計に手間がかかるため、

OCRの検討を諦めてしまうという課題がございました。

この度、もっと簡単にOCRを導入したいという多くの声にお応えし、従来OCRとはまったく異なる新たな仕組み「キーワードOCR」機能を搭載した新バージョンをリリースする運びとなりました。



■AnyForm OCR Ver.5.1 の主な強化ポイント

・キーワードOCR 機能

帳票画像ファイルの中から、事前登録した検索キーワードを認識し必要な値を取得します。従来OCRの仕組みとは全く異なり、レイアウトに依存しないため、様々な帳票にご活用いただけます。また、操作性が高く画面も日本語表示のため、システムの開発経験が無い方でもご利用いただけます。


・用途に応じたOCRエンジンの選択

OCR項目ごとに適切なOCRエンジンを使い分けることができます。文字種に応じた選択で全体の文字認識精度を向上させることができます。(カラー帳票のみ)


・罫線除去機能

文字色を基準に罫線部分を自動で除去することができます。これにより、文字認識精度を向上させることができます。(カラー帳票のみ)


また、Ver5.1のリリースに合わせ有償オプションとして販売していました「AnyForm 帳票自動振分」はAnyForm OCRの標準機能となりました。



■製品詳細

▼取引先帳票対応OCRソフト「AnyForm OCR」Webサイト

https://www.hammock.jp/anyform/


▼資料ダウンロードはこちらから

https://hmk.inboundtools.com/form/anyform_dl



■販売価格(税抜)

AnyForm OCR Enterprise 1システム 6,100,000円~

AnyForm OCR Desktop   1システム 2,000,000円



■出荷開始

2018年10月1日



【株式会社ハンモックについて】

株式会社ハンモックは、新しい技術を追求し、ユニークなパッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを開発、販売するソフトウェアメーカーです。先進的ソリューションを提供することで、企業の生産性向上に寄与していきたいと考えています。


代表者  : 代表取締役社長 若山 大典

設立   : 1994年4月1日

資本金  : 2,000万円

売上高  : 23億円(2017年度)

従業者数 : 180名(男138名:女42名)

本社所在地: 東京都新宿区大久保1-3-21 新宿TXビル3F

URL    : https://www.hammock.jp/


※本ニュースリリース記載の会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。

  • 会社情報