誰でも簡単にビッグデータを活用したマーケティングを可能に 位...|

誰でも簡単にビッグデータを活用したマーケティングを可能に  位置情報データ活用プラットフォーム「Location AI Platform」 提供開始

 位置情報データ活用プラットフォーム「Location AI Platform」を開発・提供するクロスロケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小尾 一介、以下 当社)は、2018年9月12日より、企業が位置情報ビッグデータを活用し事業展開やマーケティングに活用できるプラットフォーム「Location AI Platform(ロケーションエーアイプラットフォーム)」をクラウド形式で提供開始します。これにより、専門知識が無くとも、簡単に位置情報データを活用した事業展開やマーケティングが行える環境が整いました。


図1 Location AI Platform

 ビッグデータという言葉が誕生してかなりの時間が経過しました。その一つである位置情報データの利用分野も今後、産業、個人、家庭、公共などで飛躍的に拡大すると見込まれており、市場規模は2020年度には62兆円に拡大すると予測されています※1。


 広告配信における位置情報の活用の現状は、ビッグデータ活用の側面より、ターゲット顧客をどこまで高精度にトラッキングできるかというマイクロデータとしての活用が注目されています。しかし、トラッキングを主体とした来店計測ではデータ量が不足しがちです。対策を打つためにどういうエリア特性の地域から来店する傾向があるかなど、分析を行なう上でデータ量が充分ではありません。全体傾向の把握や施策の改善を行なう上で、十分な判断材料とは成り得ていないのが現状です。


 「Location AI Platform」では専門知識がなければ解析困難である位置情報ビッグデータを、実際のビジネスで有効活用するためのプラットフォームです。位置情報ビッグデータをプラットフォームが分析、施策立案と実施をAIが支援します。また傾向値としてのデータを活用することで、プライバシー等に配慮した安全な位置情報の活用を促進します。



<「Location AI Platform」とは>

 「Location AI Platform」は専門知識がない担当者でも位置情報ビッグデータ活用を実現するプラットフォームです。位置情報ビッグデータの分析をプラットフォームが行い、施策立案をAIが支援します。

 位置情報ビッグデータを活用し、最適なロケーションベース広告※2の配信ができる「XL Advertising」、戦略立案のための分析レポートを提供する「XL Insight」、企業が保有する位置情報データを取り込みプラットフォームが保有するデータと複合して分析ができる「XL Analyzer」の3つの機能を持っています。


【概要】

サービス名 : Location AI Platform(ロケーションエーアイプラットフォーム)

提供開始日 : 2018年9月

価格    : 10万円(税抜)/月~

お問い合わせ: https://www.x-locations.com/contact/


XL戦略マップ

https://www.atpress.ne.jp/releases/165640/img_165640_2.jpg

AIによる施策立案サポート

https://www.atpress.ne.jp/releases/165640/img_165640_3.jpg



【プラットフォーム活用事例】川崎駅前店舗の戦略マップ作成

「XL Insight」で、ROI向上に結びつく施策立案とその評価ができます。また「XL Insight」では、XL戦略マップ(特許出願中)も作成可能で、自社店舗に来店する確率が高いエリアとそうでないエリアが明確になります。(図2)

さらに作成した戦略マップに自社のCRMデータを照らし合わせ、どのエリアに課題が有るかを分析できます。


図2 川崎駅前店舗の戦略マップ

   赤が来店確率の高いエリア、青が来店確率の低いエリア

https://www.atpress.ne.jp/releases/165640/img_165640_4.jpg


図3 CRMデータのオーバーレイ

   緑がCRM上で顧客の多いエリア

https://www.atpress.ne.jp/releases/165640/img_165640_5.jpg


分析の結果、来店確率が高いが会員登録数が少ないエリアに対し、中吊広告やモバイル広告で会員になるメリットを訴求しました。また、近隣の競合の影響を受けている青のエリアには、差別化されたオファーを提供することにしました。3ヶ月後には、戦略エリアの新規会員数の増加を戦略マップで確認し効果測定が可能です。


図4 戦略マップ(効果測定)

   施策実施後の顧客エリアの増加を確認

https://www.atpress.ne.jp/releases/165640/img_165640_6.jpg


※1 総務省「G空間×ICT推進会議報告書」より

※2 ロケーションベース広告

   許諾済のスマートフォーンの位置情報を活用した広告配信



<クロスロケーションズ株式会社について>

 「多種多様な位置情報や空間情報を意味のある形で結合・可視化・分析し、誰でも活用できるようにすること」をミッションとしています。シリコンバレーの有力ベンチャーキャピタルからの投資支援によりロケーションベース広告配信システムを2012年より開発運用し、グローバルに事業展開してきたNear Pte Ltd.と、現経営メンバー、国内パートナーとの合弁により新規に設立されました。位置情報に関する技術や知見、データを活用し新たなプラットフォーム「Location AI Platform」の開発・提供を行っています。



<当社が取り扱うデータとサービスについて>

 当社の取り扱う位置情報などのデータはユーザーからの許諾を得たものであります。また当社からのサービス提供においても個人情報を特定しうる形式での提供は行なわず、消費者のプライバシーの保護と利便性の向上を最重要視したデータ活用を行なってまいります。



<会社概要>

社名     : クロスロケーションズ株式会社(X-Locations Inc.)

設立     : 2017年11月28日

代表者・取締役: 代表取締役 小尾 一介

         取締役COO  猪谷 久

         取締役CTO  若狭 健一

所在地    : 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-1-1

URL      : https://www.x-locations.com

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「165640」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事