「24時間テレビ41」名古屋地区では、東海3県の市民とともに...

「24時間テレビ41」名古屋地区では、東海3県の市民とともに オリジナル映画を製作!8月26日ささしまライブで上映

~愛知・岐阜・三重の皆さんの「人生を変えた言葉」を元に~

中京テレビ放送株式会社(本社:名古屋市中村区平池町四丁目60番地11、代表取締役社長:小松 伸生、以下 中京テレビ)は、2018年8月25日(土)26日(日)に放送される「24時間テレビ41」のテーマ「人生を変えてくれた人」を元に、東海3県(※)の市民とともに市民参加映画を製作し、8月26日(日)の夕方に、名古屋地区 メイン募金会場のささしまライブにて上映会を開催します。

※愛知・岐阜・三重県

8月25日(土)26日(日)に放送される「24時間テレビ41」が、いよいよ今週末に迫りました!


みんなで創る市民映画ロゴ


【テーマ「人生を変えてくれた人」を元にした市民参加映画】

今年のテーマは「人生を変えてくれた人」。人は生きていく中で、様々な人に出会い、様々な言葉をもらい、進むべき人生を決めていきます。中京テレビでは東海3県の皆さんから「人生を変えた言葉」を集め、その言葉を元に、1本の市民参加映画を創り上げます。出演者は、性別、年齢、障がいのあるなしを超えた、東海3県の市民の方。

名古屋のろう学校に通う11歳の女の子を始め、多くの市民の方が演技に初めて挑戦します。徳井義実やビビる大木など24時間テレビ出演者も出演します。



【実際の「人生を変えた言葉」から創り上げたオリジナルストーリー】

映画のストーリーは、東海3県の皆さんの「人生を変えた言葉」の数々からインスピレーションを受けたオリジナルストーリー。

未だ下町の雰囲気が残る名古屋 円頓寺商店街の昔ながらの喫茶店。店をきりもみする主人・大輔と妻・道子には、3人の子供がいた。

高校卒業後の進路を迷いながら日々を過ごす高校3年生の長男・啓介(17)。その下にはしっかり者の次男・陽介(14)と冷静な観察眼で長女を見ている長女・薫(10)。

来年には「大学受験か?就職か?実家を継ぐか?」人生の選択肢を迫られた啓介は、父と喧嘩しながらも、将来について真剣に考え始め、様々な人からもらった「人生を変える言葉」によって少しずつ成長していく物語。


完成した映画は、24時間テレビ内8月26日(日)の夕方5時ごろから、名古屋地区 メイン募金会場のささしまライブで上映会を開催します。


<上映概要>

日時:2018年8月26日(日)午後5時ごろ~

場所:名古屋地区メイン募金会場 ささしまライブ



映画上映会の他、開催当日は募金活動・番組の公開生放送・お笑いステージや音楽ステージ等も開催いたいます。詳細は、中京テレビ「24時間テレビ」公式サイトにてご覧ください。



【開催概要】

■放送日

2018年8月25日(土)・26(日)


■名古屋地区メイン募金会場

ささしまライブ

※上記のほかにも、愛知・岐阜・三重県の各県で、募金会場を設置。


■公式サイト

https://www.ctv.co.jp/24htv/


■主催

中京テレビ放送株式会社


■共催

ささしまライブ24まちづくり協議会


■協力

名古屋駅地区街づくり協議会、名古屋駅太閤通口まちづくり協議会、

名駅南地区まちづくり協議会

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「163858」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報