吉田都×堀内元バレエ公演、大阪・新潟・仙台で開幕直前 超人気...

吉田都×堀内元バレエ公演、大阪・新潟・仙台で開幕直前  超人気作家 恩田陸氏よりメッセージ!!

チャコット株式会社は、バレエ界の至宝が贈る「吉田都×堀内元 Ballet for the Future 2018」公演を、大阪、そして、新潟・仙台で開催いたします。


吉田都×堀内元 (C)瀬戸秀美


海外の一流バレエ団公演が東京に一極集中する中、吉田都・堀内元という日本のバレエ・レジェンドが、バレエの盛んな地域で積極的に公演活動を行い、金沢や札幌で大成功を収めてきました。今年は、地域の熱い要望に応えて3都市での公演が実現しました。


そして、『蜜蜂と遠雷』で史上初めて直木賞と本屋大賞をダブル受賞し、バレエを題材にした小説を構想中の超人気作家 恩田陸氏が、「吉田都×堀内元」公演の開幕直前に、素敵なメッセージを贈ってくださいました。


今まさに盛り上がり、世界の注目を集める日本バレエの最高レベルの公演です。バレエファンの方のみならず、ぜひとも劇場に足をお運び、「バレエの今」をご覧ください。



                  ※※※



■バレエ・フォー・ザ・フューチャー2018公演に寄せて(恩田 陸)


 バレエ漫画でしか知らなかった私でも、それがなにかとてつもなく美しいものであることは分かったし、それは日本人が百年以上前から強く憧れて止まないものだとも気付いていた。

 いっぽうで、それが「外に」あるものだということも、なんとなく感じていた。その素晴らしいものは日本の外にあって、日本にあるものは「本場」のものとは違うらしい、ということも。

 体型が向いていない、リズムが分からない、日本人には無理。そんなふうに言われていた。それでも日本人は粘り強い研鑽を重ね、次世代に引き継いだ。

 すると今度は、技術は素晴らしいが表現力がない、独創性がない、コンテンポラリーは無理。そんなふうに言われるようになった。

 それでも憧れは止まない。更に世代を重ね、たゆまぬ努力は続いた。

 こんにち、とうとう日本人は憧れを手にし、自分たちのバレエを手に入れつつある。それもこれも、海外のカンパニーに果敢に乗り出し、踊ってきた吉田都や堀内元のような人たちのお陰である。その歴史を、伝説を目撃できる私たちは幸せだ。

 まさに、私たちのバレエとその先にある未来を目撃できる絶好の機会、この機会を、どうぞお見逃しなく。



                  ※※※



<公演概要>

●公演名称    :吉田都×堀内元 Ballet for the Future 2018


●出演(予定)

特別出演     :吉田都(元英国ロイヤル・バレエ団 プリンシパル)

芸術監督・特別出演:堀内元(セントルイス・バレエ芸術監督、

              元ニューヨーク・シティ・バレエ プリンシパル)

ゲスト      :加治屋百合子(ヒューストン・バレエ プリンシパル)

出演       :寺田亜沙子(新国立劇場バレエ団 ファースト・ソリスト)

          森ティファニー(セントルイス・バレエ)

          木村綾乃(ワシントン・バレエ ソリスト)

          ※

          福岡雄大(新国立劇場バレエ団 プリンシパル)

          岡田兼宜(元アメリカ・ダズルダンスカンパニー)

          末原雅広(元ニューヨーク・シティ・バレエ ゲスト・アーティスト)

          上村崇人(元セントルイス・バレエ)

          ※

          荒井茜/今井沙耶(法村友井バレエ団)/

          佐々木夢奈(佐々木美智子バレエ団)/高瀬海帆/

          武田恵実(元ヒューストン・バレエ)/立川透子(ルセ国立バレエ団)/

          細井佑季/山本茅美(ルーマニア国立オペラ劇場)/

          吉村菜奈子(元バレエ・ビクトリア)//

          大西慎哉(法村友井バレエ団)/栗野竜一/高須佑治/

          豊永太優/樋口響(新国立劇場バレエ団)/矢木一帆//

          ほか、国内外で活躍する気鋭のダンサー達(女性//男性//50音順)


<大阪公演> 8月21日(火) 開演18:30 NHK大阪ホール

主催    :チャコット

お問い合せ :キョードーインフォメーション

       0570-200-888(10:00~18:00)


<新潟公演> 8月23日(木) 開演18:30 新潟県民会館

主催    :新潟日報社/チャコット

お問い合せ :サンライズプロモーション北陸

       025-246-3939(平日11:00~18:00・土曜日10:00~17:00)


<仙台公演> 8月27日(月) 開演18:30 仙台銀行ホール イズミティ21

主催    :チャコット/TBC東北放送

協力    :河北新報社

お問い合せ :TBC東北放送事業部

       022-714-1022(平日9:30~17:30)


●演目(予定/上演順ではありません)

「ライモンダ」第3幕(結婚の祝宴)より(原振付:マリウス・プティパ)

 出演:吉田都、福岡雄大、ほか


「La Vie」(振付:堀内元)

 出演:加治屋百合子、堀内元、寺田亜沙子、岡田兼宜、ほか


「Bloom」(振付:ブライアン・イーノス)


「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」(振付:ジョージ・バランシン)


「Valse Fantaisie」(振付:ジョージ・バランシン)


※上演時間:約2時間(休憩含む)/音楽:録音音源


●プロフィール

特別出演:吉田都/Miyako Yoshida

東京生まれ。9歳でバレエを始める。1983年ローザンヌ国際バレエコンクールでローザンヌ賞受賞。英国ロイヤル・バレエスクールに留学後、84年サドラーズ・ウェルズ・ロイヤル・バレエ団(現バーミンガム・ロイヤル・バレエ団)に入団。88年に最高位のプリンシパルに昇格。95年英国ロイヤル・バレエ団へプリンシパルとして移籍。芸術選奨文部科学大臣賞、英国批評家協会最優秀女性ダンサー賞など多数受賞。2007年紫綬褒章、大英帝国勲章(OBE)受章。04年ユネスコ平和芸術家に、12年国連UNHCR協会国連難民親善アーティストに任命される。10年に英国ロイヤル・バレエ団退団後、現在はフリーランスのバレリーナとして、子供たちへのワークショップやボランティア等も含め、幅広く活躍を続けている。自伝的エッセイ「バレリーナ 踊り続ける理由」を出版。17年文化功労者受章。


芸術監督・特別出演:堀内元/Gen Horiuchi

父 堀内完のもと7歳からバレエを始める。1980年ローザンヌ国際バレエコンクールでスカラシップ賞受賞。スクール・オブ・アメリカン・バレエに留学。82年、巨匠バランシンに認められ、ニューヨーク・シティ・バレエにアジア人初、日本人として今に至るまで唯一の入団者となる。その後アジア人初のプリンシパルに昇格。バランシンの愛弟子として数々のレパートリーを踊る。ミュージカルにも進出し、「キャッツ」では世界3都市に出演した唯一のダンサー。長野オリンピック開会式振付。2000年セントルイス・バレエ芸術監督に就任。自ら舞台に立ちながら演出振付を手掛ける。米国で芸術監督に就いた日本人は初。ローザンヌで過去5回審査員を務め、近年は若い世代の育成にも力を注いでいる。15年芸術選奨文部科学大臣賞受賞。



●チケット好評発売中


<大阪公演>

8月21日(火) 開演18:30 NHK大阪ホール

S席¥9,300/A席¥7,800/B席¥6,300(税込)

発売所   :○チケットぴあ( http://w.pia.jp/t/bftf/ )

        0570-02-9999<Pコード:486-646>

       ○ローソンチケット( http://l-tike.com/ )

        0570-000-407(オペレーター)、

        0570-084-005<Lコード:55181>

       ○CNプレイガイド( http://cncn.jp/ )

        0570-08-9990

       ○e+(イープラス)( http://eplus.jp/ )

       ○阪神プレイガイド(窓口のみ・11:00~19:00)

お問い合せ :キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00~18:00)


<新潟公演>

8月23日(木) 開演18:30 新潟県民会館

S席¥9,300/A席¥7,300/B席¥5,300(税込)

発売所   :○インフォメーションセンター えん(メディアシップ1階)

       ○新潟県民会館

       ○新潟伊勢丹

       ○ローソンチケット( http://l-tike.com/ )

        0570-000-407(オペレーター)、

        0570-084-003<Lコード:33338>

       ○チケットぴあ( http://w.pia.jp/t/bftf/ )

        0570-02-9999<Pコード:487-029>

       ○e+(イープラス)( http://eplus.jp/ )

       ※NIC新潟日報販売店でもお取り寄せできます。

お問い合せ :サンライズプロモーション北陸

       025-246-3939(平日11:00~18:00・土曜日10:00~17:00)


<仙台公演>

8月27日(月) 開演18:30 仙台銀行ホール イズミティ21

S席¥9,300/A席¥7,300/B席¥5,300(税込)

発売所   :○藤崎

       ○仙台三越

       ○ローソンチケット( http://l-tike.com/ )

        0570-000-407(オペレーター)、

        0570-084-002<Lコード:21607>

       ○チケットぴあ( http://w.pia.jp/t/bftf/ )

        0570-02-9999<Pコード:487-025>

       ○e+(イープラス)( http://eplus.jp/ )

       ○TBCホームページ( http://www.tbc-sendai.co.jp/ )

       ○河北チケットセンター 022-211-1189(平日10:00~14:00)

        ※電話受付のみ

お問い合せ :TBC東北放送事業部 022-714-1022(平日9:30~17:30)


※未就学児童入場不可。

※車椅子をご利用のお客様は、事前にお問い合せ先までご連絡ください。

※出演者は2018年4月末日現在の予定です。出演者の怪我や病気その他やむを得ない事情により変更になる場合がございます。

※出演者の変更等により、やむを得ず演目が変更になる場合がございます。最終的な出演者・演目は当日発表とさせていただきます。

※公演中止の場合を除き、キャンセルや変更及び払い戻し等はいたしかねます。また、公演中止の場合の旅費等の補償はいたしかねます。

※開演後の入場は制限させて頂く場合がございます。

※20名様以上の団体の方には団体割がございます。チャコットwebサイトお問い合せ先メールまでご相談ください。

以上を予めご了承の上、お買い求めください。


協力:ブルーミングエージェンシー/オフィス・エイツー/

   バレエスタジオ ミューズ/セントルイス・バレエ/株式会社ビデオ

企画・制作:チャコット


公式webサイト: http://www.chacott-jp.com/j/topics/detail4813

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「163309」を
担当にお伝えください。