エヴィクサー、新しい音響測定アプリ「ミミガーAR」をリリース...|

エヴィクサー、新しい音響測定アプリ「ミミガーAR」をリリース  ~ARKitを活用し、見えない・聞こえない音の シームレスな可視化をiPhoneで実現~

エヴィクサー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:瀧川 淳、以下 エヴィクサー)は、新しい音響測定アプリ「ミミガーAR」をリリースいたしました。

「ミミガーAR」とは、iOS向けの無料アプリで、iPhoneやiPadのマイクから取得した音声信号の分析内容を、iOSの新AR機能「ARKit」を活用して空間位置と合わせて記録することが可能で、下記イメージのような音響測定結果の可視化が可能です。

なお、ミミガーARの詳細については、2018年8月7日から開催されるAES(Audio Engineering Society)の国際コンファレンス「2018 AES INTERNATIONAL CONFERENCE ON SPATIAL REPRODUCTION - AESTHETICS AND SCIENCE」(※1)の協賛企業ブースで紹介いたします。


ミミガーAR アイコン


ミミガーAR スクリーンショット

https://www.atpress.ne.jp/releases/162450/img_162450_2.png

ミミガーAR ダウンロードページQR

https://www.atpress.ne.jp/releases/162450/img_162450_3.png



■ ミミガーARの概要

『ミミガーAR』の主な機能は下記の通りです。

・ARKitを利用した音空間測定

・測定結果のプロット

・周波数: All、Octave、Custom

・時定数: 瞬時、0.125秒、1.0秒、3.0秒、5.0秒

・マイク校正


https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%83%9F%E3%83%9F%E3%82%AC%E3%83%BCar/id1414714644?mt=8


エヴィクサーはこれまで、展開する音響通信ソリューション「Another Track(R)」の現場検証業務の向上や研究者サポートなどを目的として、オクターブバンド分析スマートフォンアプリ「MIMIGAR(ミミガー)」(※2)、FFT分析スマートフォンアプリ「ミミガーFFT」(※3)をリリースしてまいりました。

今回の「ミミガーAR」のリリースでは、上記アプリ群のリリースで培ったノウハウや現場の要望を実現するだけでなく、AR(拡張現実)ニーズの活況に代表されるような、スマートデバイスやセンサーの活用ニーズが高まる中で、五感をまたぐアプリケーションの実現を提案します。


エヴィクサーでは今後、「ミミガーAR」の開発やリリースを皮切りに、自社ソリューションの普及を促進するだけでなく、音響エンジニアのサポートも積極的に行ってまいります。



※1 「2018 AES INTERNATIONAL CONFERENCE ON SPATIAL REPRODUCTION - AESTHETICS AND SCIENCE」とは

2018年8月7日より東京電機大学で開催されるAES(Audio Engineering Society)の国際コンファレンスとなります。詳細につきましては下記Webサイトを参照ください。

http://www.aes.org/conferences/2018/spatial/


※2 オクターブバンド分析スマートフォンアプリ「MIMIGAR(ミミガー)」とは

https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%83%9F%E3%83%9F%E3%82%AC%E3%83%BC/id1255363631?mt=8

MIMIGAR(ミミガー)は、iOSで動作するオクターブバンド分析アプリで、無料でご利用可能です。下記のような特徴を備えています。また、英語版もご用意しております。OSの言語設定が英語であれば、そのまま英語設定でアプリが使用できます。

・校正機能

・1/1、1/3オクターブバンド分析のサポート

・A/C/F特性のサポート

・Fast/Slow動特性のサポート

・自動録音機能


※3 FFT分析スマートフォンアプリ「ミミガーFFT」とは

https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%83%9F%E3%83%9F%E3%82%AC%E3%83%BCfft/id1345825370?mt=8

ミミガーFFTは、iOSで動作するFFT分析アプリで、無料でご利用可能です。下記のような特徴を備えています。

・マイク校正

・時定数

・周波数レンジ

・Log/Linearスケール

・クリップ検出



■ エヴィクサー株式会社について (URL: https://www.evixar.com )

「音でみえる 音でつながる 音でたのしむ 音のソリューションパートナー」

エヴィクサーは、音の信号処理に基づくソフトウェア(ACR技術、音響通信、音センシング)と、ネットワーク関連技術の研究開発に取り組む技術者集団です。

テレビ放送局、映画会社、大手広告代理店、プラットフォーム運営会社などが手がけるアプリやキャンペーンに数多く技術協力。特に、音響通信「Another Track(R)」では、映画「貞子3D2」のスマ 4D、映画「アイカツ!ミュージックアワードみんなで賞をもらっちゃいまSHOW!」、明治座インバウンド向け公演「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」、千葉ロッテマリーンズ公式アプリ「Mアプリ」のSound Flash企画など、様々なスマホアプリ連動企画を実現しています。


MIMIGAR(TM)は、エヴィクサー株式会社で登録申請中の商標です。


Another Track(R)(アナザートラック)、Evixarロゴは、エヴィクサー株式会社の登録商標です。

Another Track(R)は、エヴィクサーが独自に開発した音響通信ソリューションで、取得済みおよび出願中の複数の特許によって構成されています。

Another Track(R)は、「2017年 世界発信コンペティション」製品・技術(ベンチャー技術)部門(主催:東京都)で東京都ベンチャー技術優秀賞、「MCPC award 2017」サービス&ソリューション部門(主催:モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)で特別賞、第29回「中小企業優秀新技術・新製品賞」ソフトウエア部門(主催:りそな中小企業振興財団/日刊工業新聞社)で優秀賞を受賞いたしました。

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「162450」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報