乾電池でもUSB電源でも動く屋外カメラ新登場 赤外線光量の最...

乾電池でもUSB電源でも動く屋外カメラ新登場  赤外線光量の最適化により、 白飛びを抑えながら10メートルまで夜間撮影が可能

産業用LED照明・防犯カメラ企画製造を行う株式会社ダイトク(所在地:埼玉県川口市、代表取締役社長:主代 直樹)は自社製品として、乾電池やUSB給電で動くカメラ『ラディアントミニ』の販売を2018年7月2日(月)に開始します。


ラディアントミニ 正面


■ラディアントミニについて

乾電池式カメラは屋外の電源供給源を確保する心配なく使用できるメリットがあります。その一方で屋外環境に調整されている為、少し狭い場所や室内での夜間撮影は「赤外線が強すぎて白飛びしやすい」というデメリットがあります。

ラディアントミニは屋外カメラのデメリットにもなり得る「光量の強さ」を調整し、室内撮影での白とびも軽減しつつ10メートルの撮影距離がある「屋内でも室内でも使える乾電池式カメラ」です。

赤外線は赤く光らない不可視赤外線搭載機なので、夜間撮影はもとより夜間撮影時の本体と録画データ盗難予防に最適。人感センサー角もワイドな100°と広範囲の被写体に対応、防水性能はIP54。

ダイトクはお客様の様々なニーズにお応えするべく、ご要望を反映させたラインナップで「屋外から屋内までお家周りの簡単防犯」を展開していきます。


ホームセキュリティー・防犯カメラ「グランシールド」

http://glanshield.com/



■ラディアントミニ 特長

・単三乾電池4本だけで最長4カ月スタンバイ可能

・USB給電での動作も可能

・100万画素の映像品質

・最適化されて赤外線光量で白とび防止

・内蔵の1.0インチ液晶モニターで設定確認

・防水性能IP54

・赤外線は、屋内でも白飛びしにくく、夜間撮影も10メートルまで可能

・人感センサーワイド100°

・赤外線は赤く発光しない不可視タイプで、本体と録画データを盗難の恐れから遠ざけます

・乾電池式だから、付属のベルトで取付簡単

・オプションパーツ(別売り)でさらに機能拡張



■『ラディアントミニ』仕様

型式         : TL-5900DTK

色          : カモフラージュグリーン

イメージセンサー   : 1/4”CMOS 100万画素

動画解像度(ピクセル) : 1,280×720、640x480、320x240

写真解像度(ピクセル) : 3,264×2,448、2,560×1,920、1,920×1,080

視野角        : 水平:約49°

動画フォーマット   : AVI

動画圧縮型      : M-JPEG

フレーム数      : 15FPS、30FPS

メモリ        : microSDHCカード(32GBまで)※別売

消費電力       : 0.96w~5.22w

電源         : 単3アルカリ電池4本※別売

外部電源(USB)     : 5V1A

動作環境温度(結露なし): -20°~60°湿度90%未満(結露なきこと)

動作時間       : 連続待機約4ヶ月(乾電池使用時)

             ※録画時間・消費容量は電池性能・仕様、

              電源環境、撮影環境等によります。

防水         : IP54

本体サイズ(WxHxD mm) : 84×115×56

本体重量 (g)     : 225g ※電池・SDカード除く

外装サイズ(WxHxD mm) : 140×95×107

付属品        : 本体・USBケーブル・取付ベルト・日本語説明書

プレスリリース動画

プレスリリース添付資料

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「160129」を
担当にお伝えください。