採用ご責任者様向け・東京五輪中の人手不足危機に備える特別セミ...|

採用ご責任者様向け・東京五輪中の人手不足危機に備える 特別セミナー「東京五輪と人手不足クライシス」開催  7/3(火)東京・日本橋(無料)

HRソリューションズ株式会社(東京都中央区、代表取締役:武井 繁)は、企業の採用ご責任者様に向け「2020年東京五輪期間中の人手不足危機」をテーマに、無料セミナーを2018年7月3日(火)に開催いたします。

お申込み・詳細 https://jinzai-saiyo.net/180703/


東京五輪と人手不足クライシス


■概要

2年後に迫った東京2020大会は、11万人以上のボランティアが運営を支えます。近年は深刻化する人手不足に伴い、営業時間の短縮や、AI・ロボットの活用などのニュースが増える中、大会期間中に「11万人の労働力がボランティア活動へ流入する」ことは産業界に非常に大きな影響を及ぼすことが懸念されています。一方、大会期間中の訪日観光客数は500万人以上、その消費額は2,000億円以上と予測され(※)、人的資源を整えることができた企業にとって大きな商機となることは言うまでもありません。

そこで当社は「東京五輪と人手不足クライシス」と題し、人事・採用ご責任者様向けのセミナーを開催いたします。

セミナー冒頭では、前・野村総合研究所理事長の谷川 史郎(現:HRソリューションズ特別顧問)がアフター2020の経済動向の見通しについて解説。基調講演は、組織委員会にボランティア募集・教育のノウハウを提供する、日本財団グループ笹川スポーツ財団理事長と日本スポーツボランティアネットワーク理事長を兼任されている渡邉 一利様をお招きし、社会におけるボランティア活動についてお話いただきます。続くパネルディスカッションは、社会人ボランティアとしてご活躍中の方や企業のCSRご担当者をお迎えし、人手不足を乗り越え五輪期間中のインバウンド特需を最大限活かす方策について考えてまいります。

※みずほ総合研究所 調べ



■開催情報

特別セミナー「東京五輪と人手不足クライシス ~人材獲得競争を勝ち抜く採用戦略~」

日時  :2018年7月3日火曜日15:00~17:00

会場  :オンワードパークビルディング2階ホール

     (東京都中央区日本橋3丁目10-5)

     東京駅 徒歩10分、日本橋駅 徒歩3分/地図 https://goo.gl/UUadEK

定員  :70名

     ※参加お申込み多数の場合は抽選とさせていただく場合がございます。

参加費 :無料

参加対象:企業の経営者、役員、人事、採用ご責任者の方々


セミナー参加お申込み: https://jinzai-saiyo.net/180703


【プログラム】

第1部 「2020年からの日本経済と労働市場」

― 株式会社野村総合研究所元理事長、HRソリューションズ株式会社特別顧問 谷川 史郎


第2部 「スポーツボランティア活動が創る共生社会」

様々なスポーツシーンを支えるスポーツボランティア。健康づくりからまちづくりへの触媒活動が、やがて共生社会の礎に。

― 日本スポーツボランティアネットワーク理事長 渡邉 一利様


第3部 「人生100年時代の人材獲得競争とCSR」

― ファシリテーター 谷川 史郎

― パネリスト 日本スポーツボランティアネットワーク理事長 渡邉 一利様、他ゲストパネリスト


【セミナー問合せ先】

HRソリューションズ セミナー事務局 school@hr-s.co.jp



■「スポボラ.net」と当社

当社HRソリューションズ株式会社は、「新しい価値を創造し社会の豊かさに貢献する」という企業理念のもと、人材の採用・雇用支援システム「ハイソル」「リクオプ」「リクログ」などを開発・提供し、求人企業の採用・雇用促進、つまり有償労働領域を支援してまいりました。これに加え、「スポーツ活動を通じた豊かな生活の形成に寄与する」ことを目的として、2015年よりNPO法人日本スポーツボランティアネットワーク様が開設されたスポーツボランティアに特化したポータルサイト「スポボラ.net( https://spovol.net/ )」の開発に協力しております。無償労働領域への支援も行うことで、より多様な働き方の実現を支援してまいります。



■会社概要

商号  : HRソリューションズ株式会社

所在地 : 東京都中央区日本橋3丁目10-5 オンワードパークビルディング10階

代表者 : 代表取締役 武井 繁

設立  : 2004年9月

事業内容: 採用・雇用業務支援システムの企画・開発・提供

資本金 : 1億2,924万円

URL   : https://www.hr-s.co.jp/

プレスリリース添付資料

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「158742」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報