使いやすさが進化した、次世代空調服(TM) 『FAN FIT』シリーズが発売!

熱中症対策商品 空調服(TM)を開発・販売する株式会社空調服(本社:東京都板橋区、代表取締役:市ヶ谷 透)は、新製品の『FAN FIT』シリーズを2019年3月26日(火)より、株式会社空調服 楽天直営店にて販売を開始いたしました。


次世代空調服(TM)『FAN FIT空調服(R)』


■FAN FITシリーズとは?

1. まるで空気をまとうような一体感

ウェア内側に取り付けられたスタビライザーとコンプレッションベルトにより、ファンをベストな位置でキープしつつ、ファンが体にフィットすることで、まるで空気をまとっているような一体感を可能にしました。

また、ファン作動時のウェアの膨らみを低減。これまでの空調服(TM)にあった、体を動かした際のファンのブラつきも解消し、狭い場所でも動きやすくなりました。


2. 独自開発の「コントローラー」で操作性向上

これまでの空調服(TM)は、操作のたびにバッテリーをポケットから取り出す必要がありましたが、FAN FITシリーズは、独自開発のコントローラーにより、バッテリーの取出しが不要になりました。作業しながら胸元のコントローラーで、風量の切替とバッテリー残量の確認が可能になり、より使いやすくなりました。


FAN FITシリーズのウェアは、綿100%と綿ポリ混紡の2種類です。カラーは各3種。



■暑さ対策・熱中症対策!「空調服(TM)」とは?

「空調服(TM)」とは服に付いたファンにより、服の中に外気を取り入れ、体の表面に大量の風を流すことによって汗を気化させて、涼しく快適にすごしていただくための商品です。使用するエネルギーもエアコンなどに比べて格段に少なく、環境にも配慮した商品です。工場や屋外作業などエアコンの使用できないような環境でも、快適にすごしていただけるようになります。

現在、建築・土木の大手ゼネコン様や製造業の皆様、電力会社様など夏のユニホームとして数多く採用されています。

空調服(TM)の開発元である親会社の株式会社セフト研究所は、昨年『空調服の開発・商品化の普及』活動が認められ、平成29年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受賞いたしました。

株式会社空調服は、暑さや熱中症対策と節電を考慮しながら、よりよい商品をご提供できる様、日々開発に努めております。



■商品仕様

名称 :FAN FIT 空調服(R)

品番 :FF91800

サイズ:M、L、LL、XL、4L、5L

カラー:モスグリーン、ダークブルー、ライトブルー

素材 :綿100%

価格 :オープン


名称 :FAN FIT 空調服(R)

品番 :FF91810

サイズ:M、L、LL、XL、4L、5L

カラー:シルバー、ネイビー、ブルー

素材 :ポリエステル75%、綿25% 帯電防止素材

価格 :オープン


名称   :FAN FIT空調服(R)用バッテリーセット

品番   :FFSET

セット内容:バッテリー、充電器、コントローラー、バッテリーケース

定格容量 :6500mAh

出力   :4段階(3.3V/6.0V/5.0V/7.2V)

価格   :オープン


発売日  :2019年3月26日

販売価格 :オープン

販売サイト:

・FANFIT空調服(R)綿100%

https://item.rakuten.co.jp/pc2b/10000859/?s-id=Rmail_PC_diaryTop_bodytext_pc2b

・FANFIT空調服(R)混紡

https://item.rakuten.co.jp/pc2b/10000861/?s-id=Rmail_PC_diaryTop_bodytext_pc2b



■会社概要

社名    : 株式会社空調服

代表者   : 代表取締役 市ヶ谷 透

事業所(本社): 〒174-0041 東京都板橋区舟渡1丁目8番3号

TEL     : 03-6279-8124

ホームページ: http://9229.co.jp/

従業員   : 14名

事業内容  : 空調服(TM)及び関連商品の企画・販売、空調ヘルメットの販売、

        空調ベッドの販売、空調リュックの販売、

        どこでも座クールの販売

主な商品  : ポリエステル製長袖作業着型空調服(TM)、

        裏地式綿厚手長袖作業着型空調服(TM)、

        ポリエステル製長袖ブルゾン型空調服(TM)、

        防蜂用空調服(TM)、空調ヘルメット、空調ベッド風眠、

        空調リュック(R)COOL PACK、どこでも座クール

プレスリリース動画

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報