~「海外送金」に関する意識調査を実施~約8割は海外送金で本当...|

~「海外送金」に関する意識調査を実施~約8割は海外送金で本当に掛かる手数料を把握していない結果に!

実際は手数料と為替レートの上乗せで2重の手数料が掛かっている!

グローバル化の加速によって、日本で働く外国人労働者数や訪日外国人客数が過去最高を記録。また、日本人が留学や赴任・就職のために海外で生活する人も増えてきました。国境をまたがって生活する際に避けて通れないのが海外送金です。生活費や学校の授業料を支払うため、他国の銀行へ多額の資金送金を行う必要があります。海外送金を行う際の大きな問題として、その手数料の高さが挙げられます。G20の中で日本は2番目に送金手数料が高いといった世界銀行の発表もあります。また2016年度に日本から他国への送金額は約1兆円ともいわれています。大きなお金が動いている海外送金市場ですが、そこで発生する手数料について実際にいくら掛かるのかが分かりにくいことも大きな問題としてあります。トランスファーワイズジャパン株式会社は、20歳~59歳の男女を対象に「海外送金」に関するインターネットリサーチを実施しました。調査では海外送金を行う際にかかる手数料のコスト、手続き完了までの期間などに対してのイメージや、実際に海外送金をする場合に選ぶ機関についてなどのアンケートを実施。その結果、約8割が海外送金で本当に掛かる手数料を把握していないということが分かりました。

 

[調査結果サマリー]

≪ポイント1≫

海外送金をする際、「為替レートに上乗せされている」が36.6%、「20%以上の手数料がかかる」が30.4%


海外送金をする際に「手数料がかかる」と回答した人が62.8%、その内「為替レートに上乗せされている」と回答した人が36.6%と、手数料以外に為替レートに上乗せされた手数料がかかるというイメージを持っている人が多くいました。また手数料の金額については「送金額に対して、5%以上」と回答した人が76.0%「送金額に対して、20%以上」と回答した人が30.4%と、海外送金には高い手数料がかかるイメージを持っている人が多くいました。実際には、手数料と合わせて為替レートにも上乗せされている為2重の手数料が掛かっているので、約8割の人はその事実を知らないということが見てとれました。   




≪ポイント2≫

海外送をする際、手続き完了まで「1日以上かかる」が64.8%、着金まで「1週間程度かかる」が37.7%


コスト面に続いて、海外送金をする際の手続きに要する期間の意識調査結果も実施しました。海外送金をする際の送金手続きに必要な時間については「1日以上かかる」と回答した人が64.8%、その内「1週間程度かかる」と回答した人が18.1%と、海外送金の手続きにはとても時間がかかるイメージを持っている人が多いという結果に。また、送金から着金までの期間についても「1週間以上かかる」と回答した人が37.7%と、国内で送金手続きが完了してから相手側に届くまでにも長い時間がかかるというイメージを多くの人が持っているという結果となりました。




≪ポイント3≫

海外送をする際、「大手銀行を選ぶ」が41.5%


ここまでの調査結果で、海外送金に対して多くの人は「多額の手数料がかかる」、「手続き完了まで、長い期間が必要」というイメージを持っていることがうかがえました。続いて、海外送金をする際に選ぶ機関についての質問には「大手銀行」が41.5%、「ゆうちょ銀行」が20.6%、「ネット銀行」が19.2%という結果となりました。大手銀行をはじめ多くの金融機関は手数料を安くみせるために、為替レートに手数料を上乗せしているため、とても多額のコストがかかります。不透明で高い手数料になるにも関わらず、約8割の人が大手銀行やゆうちょ、ネット銀行を選んでしまっています。また、送金手続きから相手側に届くまでの期間も数日~1週間近くかかってしまいます。一方、『トランスファーワイズ』で海外送金を行えば、即時で送金処理が完了し、24時間以内に海外送金が完了します。さらに掛かるコストは大手銀行などと比較して、1/8程度になります。

 

    海外送金のような、少し難しいイメージがある手続きの手数料について、手数料が高く掛かるイメージを持っていても、多くの人が「分からないから大手銀行に任せてしまおう」という日本人にありがちな傾向が調査結果から浮かび上がりました。「安さ」だけでなく、「手間」も大きく節約できる海外送金サービス『トランスファーワイズ』を活用して、グローバル時代に賢く対応してもらいたいと思います。  




【トランスファーワイズジャパン株式会社について】

トランスファーワイズジャパン株式会社は、2011年に創業されたロンドンに本社を置く、世界最大の海外送金会社「TransferWise」の日本法人。2016年設立。

https://transferwise.com/jp/


報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「158632」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事