情報技術開発、クラウド型サイネージ管理サービス「DAiS S...|

情報技術開発、クラウド型サイネージ管理サービス 「DAiS Signage」、管理者権限を拡張したVer1.2.1を提供開始

情報技術開発株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:三好 一郎、以下 tdi)は、2018年4月16日(月)、店舗に設置したサイネージ・ディスプレイに表示する販促コンテンツ(動画・静止画・テロップ)を一括管理できるクラウドサービス「DAiS Signage」において、ユーザー管理に「コンテンツ管理者」権限を追加したVer1.2.1を提供開始します。「DAiS Signage」をすでに導入いただいている既存ユーザー様は、そのまま本機能をご利用いただけます。


図1 コンテンツ管理者権限 イメージ


クラウド型サイネージ管理サービス「DAiS Signage」

https://www.tdi.co.jp/dais-signage/



【提供の背景】

「DAiS Signage」は、日本全国にて1,000台以上の導入実績があり、多くのお客様に継続してご利用いただいています。

導入いただいているお客様の中には、コンテンツ提供企業から一度コンテンツを受領した後、「DAiS Signage」にアップロードして各デジタルサイネージへコンテンツ配信しているお客様がいらっしゃいました。そして、アップロードするコンテンツデータのファイルサイズが大きいため、コンテンツ提供企業とのデータ受け渡しに手間が発生していました。

この度、「DAiS Signage」のユーザー管理機能の権限ロールの1つに「コンテンツ管理者」権限を追加することで、コンテンツ提供企業が直接「DAiS Signage」にコンテンツをアップロードすることができるようになり、コンテンツ受け渡しの利便性を向上しました。



【新機能の概要】

<コンテンツ管理者権限>

従来の権限ロールでは「ユーザー」と「マスター」があり、「ユーザー」には「店舗・デバイス管理」および「ユーザー管理」を除く権限を、「マスター」にはすべての管理権限を付与していました。※図2参照

今回のバージョンアップで追加した「コンテンツ管理者」は、「DAiS Signage」へコンテンツをアップロードすることに特化した権限ロールです。

「コンテンツ管理者」からアップロードされたコンテンツは、「DAiS Signage」の管理者である「マスター」や「ユーザー」が従来同様に配信管理をすることができます。


図2 権限ロール別機能一覧

https://www.atpress.ne.jp/releases/154222/img_154222_2.jpg


例えば、コンテンツ制作を専門企業へ依頼する場合、コンテンツ管理者権限をそのコンテンツ制作企業へ付与すれば、「DAiS Signage」の管理者はコンテンツのアップロードを制作企業へ依頼することができます。

また、配信するコンテンツがメーカー企業から提供される場合も同様に、コンテンツ管理者の権限をメーカー企業へ付与するだけで、「DAiS Signage」の管理者は手間をかけずにコンテンツを受け取ることができます。


サービスのお問い合わせ先

https://www.tdi.co.jp/inquiry



■会社概要 情報技術開発株式会社について

IoT、AIを中心に“情報技術で未来を創造”する独立系システムインテグレーターです。企業向けにコンサルティング・システム開発・保守・システム運用・管理などのサービスを提供しています。


商号 : 情報技術開発株式会社(略称:tdi)

代表者: 代表取締役社長 三好 一郎

所在地: 東京都新宿区西新宿六丁目8番1号 住友不動産新宿オークタワー

創業 : 1968年9月

資本金: 13億5,100万円

URL  : https://www.tdi.co.jp

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「154222」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報