理学療法士らのための短時間で効果が出る技術習得講習会に歯科医...

理学療法士らのための短時間で効果が出る技術習得講習会に 歯科医師の参加がじわりと増加

 セラピストスキルアップ実践会(代表:中村光太郎、千葉県松戸市)は、体の痛みを短時間で緩和する手法を学ぶ、理学療法士などのプロのための講習会ですが、歯科医師の参加がじわりと増加しています。


 セラピストスキルアップ実践会(実践会)は、体のゆがみからくる痛みを短時間で診断し解消する「操体法」という手法を、実習を通じて学ぶ講習会で、参加者の半数以上は理学療法士、作業療法士、柔道整復師など国家資格を有する技術者であり、経験年数10年以上のベテランが多いのが特徴です。その中で、この1年間に4名の歯科医師が操体法を学び、その後の歯科診療に役立てています。


【背景】

 平成28年の厚労省「あん摩、マッサージ及び指圧を行う施術所等数の年次推移」によれば、施術所数は2年前の平成26年から約6千件増加して13万6千件となっており、その中で差別化をはかるために実践会で、技術向上を図る施術所オーナーが増えています。

 同様に歯科医師の数は現在約10万人、歯科医院の数も約7万件で、約5万店のコンビニより多いといわれ、歯科医過剰で競争が激化する中、他院との差別化を図らねばならない状況となっています。そのような差別化への1つの選択肢として、実践会への参加があるようです。 


【実践例】

 徳屋島市内で歯科医院を開業している島田歯科医師は、約1年前にウェブの動画を見て実践会に参加しました。この技術を習得後、診療時に一番役に立つことは、歯そのものが原因の痛みか、全身のゆがみが原因の痛みかを診断し、治療する手段の引き出しが1つ増えたことで、患者さんへの侵襲を少なくすることができるといいます。

 また、春先は就職、就学、転勤などによる1年で最もストレスを感じる時期といわれ、ストレスが原因の顎関節症の患者が急増する季節ですが、昨年春は操体法を併用して症状の緩和を図り、診療に役立てることができたそうです。


【セラピストスキルアップ実践会とは】

 橋本敬三医師(1897~1993)によって提唱された体のゆがみを取る「操体法」という手法をベースに、実践会代表の中村が改良を加えた手法を実践的に学ぶ講習会です。これまでに中村が扱った10,000件以上の症例から、施術時間は短いほど体への負担が減り回復も早いことが実証され、それを手法に取り入れ伝えています。

 実践会は、本拠地である千葉県のほか全国各地で開催し、理学療法士、作業療法士、柔道整復師、整体師などのプロの技術者に実務指導を行っています。これまでの全国での延べの参加人数は8000名を超え、これまでの技術では結果が出せずにいたが、実践的な指導により現場に戻って即活用できる、などの感想が寄せられています。


【中村光太郎 プロフィール】

 介護福祉士として2年、理学療法士として3年の勤務の中で、既存の施術法に限界を感じて操体法を学ぶ。独立後、治療院で多くの来院者を対象に実践的に操体法の改良を行い、2年前にプロ向けの技術指導を目的に、セラピストスキルアップ実践会を立ち上げる。プロ治療家向け教材DVD「操体進化論」監修。

 ケーブルテレビで冠番組「カラダスイッチ」を担当、出演。プロバスケチーム山形ワイヴァンズおよびプロ野球チーム香川オリーブガイナーズの顧問ボディアドバイザー。



当会ではマスコミの方のご取材を随時お受けしております。

本件に関するより詳細情報をご提供させていただきますので、是非お問い合わせください。

--------------------------------------------------------------------------------

【概要】

名称    :株式会社ワントップ セラピストスキルアップ実践会

取締役社長:中村光太郎

所在地    :〒270-2231千葉県松戸市稔台7丁目2-22 山口ビル101号室 

URL:http://after-seitai.net/

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「151912」を
担当にお伝えください。