<沖縄県初>医療ビッグデータを利用したカラダの年齢をあらわす...|

<沖縄県初>医療ビッグデータを利用した カラダの年齢をあらわす「健康年齢(R)」を ハートライフ病院予防医学センターにて提供開始

ノーリツ鋼機株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:西本 博嗣)のグループ子会社である株式会社日本医療データセンター(本社:東京都港区、代表取締役社長:上沢 仁、以下 JMDC)と同じくグループ会社であるNKメディコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:富永 朋、以下 NKメディコ)は、JMDCが開発した客観的な健康度をあらわす指標である「健康年齢」をNKメディコが健康診断のオプション検査として社会医療法人かりゆし会(所在地:沖縄県中頭郡、理事長:安里 哲好)が運営するハートライフ病院予防医学センターにて2018年4月1日より沖縄県で初めて提供開始いたします。


「健康年齢」は、JMDCが全国160万人の健診データ、レセプトデータを用いて開発した統計モデルから算出される健康度をあらわす指標です。健康診断の受診者ごとに、性別、年齢、BMI、血圧をはじめとする12の検査項目の結果値から、今後1年間の医療費の期待値を予測し、その医療費が何歳相当のものであるかを「健康年齢」としてあらわします。



<健康年齢算出スキーム>


健康年齢とは


ハートライフ病院予防医学センターでは、「健康年齢」を健康診断の追加オプション検査として1,080円(税込)で提供いたします。受診者は事前予約、もしくは当日院内の受付にて申込みができます。健康年齢算出のための特別な検査は不要です。受診者の健康診断の検査結果がハートライフ病院予防医学センターから健康年齢算出クラウドサーバに送信され、健康年齢が算出されます。後日、受診者には健康診断の結果報告書と併せて健康年齢通知レポートが郵送されます。



<健康年齢通知レポート>

https://www.atpress.ne.jp/releases/149850/img_149850_2.png

一般的な健康診断の検査結果報告書は難解な指標が多く、多くの方にとってわかりづらいと考えられますが、健康年齢は健康状態が総合的に表された情報として分かりやすく、直感的に健康状態を理解できる為、健康の維持もしくは改善のモチベーションアップの一助となると考えています。

また、健康年齢は高ければ高いほど、生活習慣病にかかるリスクや将来負担する医療費が増加するリスクが統計的に高いことを意味します。したがって、健康年齢の改善は、健康寿命の延伸や医療費の削減につながります。

健康年齢がハートライフ病院予防医学センターにて沖縄県で初めて導入されることでその他の医療機関はもちろん、保険者、企業等への普及を通じて県民ひとりひとりの健康意識改革のきっかけ作りにつながることが期待されます。



<参考>

健康年齢(R): https://kenko-nenrei.jp/

健康年齢(R)は、JMDCが全国160万人の健診データ、レセプトデータを用いて開発した統計モデルから算出される健康度をあらわす指標です。健康診断の受診者ごとに、性別、年齢、及び BMI、血圧をはじめとする12の検査項目の結果値から、今後1年間の医療費の期待値を予測し、その医療費が何歳相当のものであるかを「健康年齢」としてあらわします。また、厚生労働省のガイドライン(後期高齢者支援金の加算・減算制度の見直しについて)に保険者インセンティブの評価項目に「本人への分かりやすい情報提供」が加えられていますが、健康年齢はこれに沿う指標であると考えられます。


健康年齢(R)通知レポート: https://kenko-nenrei.jp/report.html

個人の健康年齢(R)や同世代の方々との健康年齢や各健診項目の値の比較ができるなど医療ビッグデータを扱う企業ならではのレポート内容となっています。


株式会社日本医療データセンター: https://www.jmdc.co.jp/

NKメディコ株式会社      : http://www.nk-m.co.jp/


※ 健康年齢(R)は、株式会社日本医療データセンターの登録商標です。



■社会医療法人かりゆし会 ハートライフ病院

ハートライフ病院は平成19年に地域医療支援病院に認定され、沖縄県中南部東海岸地域の中核病院として24時間の救急医療を行い、地域の診療所や病院、介護・福祉施設との連携を密にした急性期医療を展開しています。また、がんの予防、診断、治療にも力を入れており、日本がん治療認定医機構の認定研修施設として消化器、血液、乳腺などの癌の治療に多くの実績をあげています。加えて、人間ドックでは疾病の早期発見やメタボリック・シンドロームの予防、健康管理の指導を行っています。 また、平成29年にはDMAT隊をはじめ病院をあげた取り組みが認められ、地域災害拠点病院に認定されました。



■株式会社日本医療データセンター

業界のパイオニアとして2002年に設立。独自の匿名化処理技術とデータ分析集計技術を有する。1億6,000万件以上のレセプトデータと1,000万件以上の健診データ(2017年2月時点)の分析に基づく保険者の保健事業支援、医薬品の安全性評価や医療経済分析などの情報サービスを展開している。また、健康度の単一指標(健康年齢)や健康増進を目的としたWebサービス(PepUp)など、医療データと解析力で健康社会の実現に取り組んでいる。


設立  : 2002年1月

所在地 : 東京都港区芝大門2丁目5-5 住友芝大門ビル12階

代表者 : 上沢 仁

資本金 : 1億円

主要株主: ノーリツ鋼機株式会社

事業内容: 医療統計データサービス

URL   : https://www.jmdc.co.jp/



■NKメディコ株式会社

東証一部上場のノーリツ鋼機グループの医療分野におけるコーポレートベンチャーです。2012年に「脳梗塞・心筋梗塞のリスク検査~LOX-index~」の提供を開始し、現在では全国1,300を超える医療機関で予防医療に関わる様々な検査・サービスを展開しています。


設立  : 2010年7月

所在地 : 東京都港区芝大門2丁目5-5 住友芝大門ビル11階

代表者 : 富永 朋

資本金 : 1.2億円

株主  : ノーリツ鋼機株式会社100%

事業内容: 予防医療事業

URL   : http://www.nk-m.co.jp

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「149850」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報