行列のできる銀座の僧侶 西川隆光の著書『願いをかなえる 月瞑...|

行列のできる銀座の僧侶 西川隆光の著書 『願いをかなえる 月瞑想』を3月2日(金)発売

~ トークショー&サイン会を神田で3月14日(水)開催 ~

2018.02.15 18:00

月瞑想協会は、銀座で10年以上行列が途絶えない僧侶 西川隆光の著書『願いをかなえる 月瞑想』(自由国民社)を2018年3月2日に発売することをお知らせします。


*“月瞑想(つきめいそう)”とは

僧侶 西川隆光が、お釈迦様からの教えと、25年間3万人超の人生の願望成就に導いた実践の融合から生まれた独自の瞑想メソッドです。「満月」をイメージするだけで幸せを引き寄せる効果(※)があり、尚且つ“型”にハマらない現代人が習得するのにピッタリな瞑想法でもあります。


※個人差があります。



願いをかなえる 月瞑想


【なぜ西川隆光がこのタイミングで“月瞑想”を出版したのか?】

“どうぜ自分なんて…”という病が流行している昨今、その病の根源にある「罪悪感」を打ち消すべく、“月瞑想”を“世界平和”の第一歩に向けて世に送り出しました。

著者の西川は現在52歳。13の4倍というタイミングの年に出版されるには意味があります。それは13年周期。また、瞑想を追求して30年。西川の節目の年でもあります。

昨今、流行りのカッチリ“型”にはまった瞑想法では、自然体で簡単に瞑想状態に入るのは困難であり、現代の心の病を打ち消すことも難しいと西川は唱えています。瞑想はヨガではなく、“型”にとらわれるものではありません。そのため、簡単で誰でもできる形での瞑想を世に普及される必要があると感じ、今回の出版に至りました。



【なぜ八正道なのか?】

瞑想の真の意味を知らしめくべく“八正道”を現代に復活させたのが、西川が唱える“月瞑想”です。誰もが簡単に“月”をイメージするたけで、手軽にできる瞑想法ですが、月瞑想の効能は奥が深いです。心の闇を打ち消すだけでなく、この瞑想のチカラは魂の存在までにも達しているといいます。本覚と始覚の壁も超え、小乗大乗の区別もなく、釈迦が本来伝えたかった瞑想を、西川の悟りにおいて、現代版に現しました。



【西川隆光について】

1965年生まれ。蠍座。A型。

幼少の頃より、宗教やスピリチュアルな世界に興味を持ち、様々な勉強や体験をする。22歳の頃に瞑想と出会い、瞑想修行を多数経験。30歳から本格的にスピリチュアルな世界で生計を立てていくことを決意。その後、20年以上、スピリチュアルカウンセラー活動を中心に3万人以上の方々の相談に乗りながら、スピリチュアルな愛の風を送り続けている。2017年からインディーズ僧侶の会を立ち上げ、僧籍を持たない僧侶の在り方を追求している。そして、全ての活動の信念に“世界平和”を掲げ、2018年以降の活動も全世界の魂へ向けて精力的に行っている。



【新刊概要】

書籍名:『願いをかなえる 月瞑想』~お釈迦様が説いた最古の瞑想法~

著者 :西川隆光

出版社:株式会社自由国民社

発売日:2018年3月2日

価格 :1,300円(税別)

ISBN :978-4426124069



【出版イベント】

『願いをかなえる月瞑想』出版記念としまして西川隆光のトークショー&サイン会を開催します。


開催日 :2018年3月14日(水)

場所  :書泉グランデ7階( https://www.shosen.co.jp/grande/ )

     東京都千代田区神田神保町1-3-2

開始時間:19時

開場時間:18時45分

定員  :60名

お問合せ:書泉グランデ4階までお願いします。

     ( https://www.shosen.co.jp/event/68720/ )

参加方法:イベント対象商品『願いをかなえる 月瞑想』を

     お買い上げの方にイベント参加券を1冊につき1枚差し上げます。



【関連サイト】

西川隆光公式サイト

http://ryuukou777.com/

月瞑想協会

http://meiso.work/

日本スピリチュアルカウンセラー協会

http://japan-spiritual.jp/

株式会社ブレイクスルー・マネジメント

http://bt-m.biz/

銀座エルアモール

http://el-amor.jp/

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「149718」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事