2017年12月10日(日)開催(現地時間) JALホノルル...|

2017年12月10日(日)開催(現地時間)  JALホノルルマラソン2017大会結果速報  ~ホノルルで2万6千人を超えるランナーが走り納め~ フルマラソン男子は、ローレンス・チェロノ(ケニア)が 2時間8分27秒で連覇、2年続けてコースレコード更新! フィギュアスケーター・浅田真央さんは、 4時間34分13秒で初マラソン完走

【26,371名(内日本人 11,727名)がエントリー(車椅子競技部門含む)、今年リニューアルした「10Kラン&ウォーク」に4,864名(内日本人2,418名)がエントリー】

「JALホノルルマラソン2017」(特別協賛:日本航空)は、現地時間12月10日午前5時、スタートガンの合図とともに打ちあがる色とりどりの花火の中、マラソン、10Kラン&ウォーク合わせて3万名を超える、ランナー&ウォーカーが一斉にスタートしました。クリスマスイルミネーションに彩られたダウンタウンや、10キロを過ぎたダイヤモンドヘッド付近の美しい日の出など、魅力満載のコースをそれぞれのペースで楽しみながらのレースとなりました。


ゴール地点



【フルマラソンは男女ともケニア勢がコースレコードで連覇】

フルマラソン男子は、ローレンス・チェロノ(28歳・ケニア)が、昨年に引き続きコースレコードとなる2時間8分27秒で、女子もブリジット・コスゲイ(23歳・ケニア)が2時間22分15秒のコースレコードで連覇。ケニア勢が圧倒的な強さを見せました。



【浅田真央(あさだまお)さんは、4時間34分13秒で初フルマラソン完走】

今回自身の初マラソンに挑戦したフィギュアスケーターの浅田真央さんは、「完走できてホッとしています。この機会を与えて下さった方々に感謝したいです。沿道の応援が試合の時みたいにすごくて、それが力になって完走できました。11月以降あまり練習できなかったので、目標タイムだった4時間30分を切ることができず、悔しさはあります。今日の走りに点数をつけるとしたら、目標タイムに届かなかったので、80点ぐらいです。今後も、やりたいことがあって機会があればチャレンジしたいです。」と語りました。また、公式應援團のロックバンド「氣志團(きしだん)」のボーカル、綾小路翔さんは、5時間24分34秒で同じく初マラソンを完走しました。



【車椅子競技部門は、副島正純(そえじままさずみ)、土田和歌子(つちだわかこ)が通算11回目の優勝】

車椅子競技部門では、男子は副島正純(47歳・長崎県出身・ソシオSOEJIMA所属)が1時間39分24秒で、女子は、土田和歌子(43歳・東京都出身・八千代工業所属)が1時間49分33秒で男女とも優勝し、それぞれホノルルマラソン通算11回目の優勝となりました。副島さんは「ハイウェイのあたりから雨が降り、途中苦しかったですが、年末楽しみにしている大会なので勝ててうれしい。あと2年間追い込んで、2020年50歳でぜひ東京パラリンピックに出たいと思っています」。土田さんは「ハイウェイ入ってから、ずっと雨でグリップが滑って苦しみました。ホノルルマラソンは、毎年コンディションを確かめることができ、自分の記録の挑戦する大切な大会です。今年最後の大会で、優勝できてよかったです。2020年も現役でいたいと思っています。」と語り、優勝をかみしめていました。



【関連イベントも充実しているJALホノルルマラソン】

今年からレースデーウォークに代わる新イベント「10Kラン&ウォーク」も同時開催。トップは36分12秒でゴールするランナーもいる中、楽しくウォーキングする家族など様々な人が参加しました。また昨年より前日土曜日の朝に、ワイキキホテル街のカラカウア通りを1マイル(1.6km)走るマイルレース、「カラカウア・メリーマイル」も開催。走力別に午前7時からウエーブスタート。早朝の気持ちよい気候の中、幅広い層の人が参加しました。折り返し1マイル(1.6km)のコースのため、すれ違う際に家族や友人たちと声を掛け合い、写真を撮り合いながらゴールする人たちが目立ち、盛り上がりを見せました。



「JALホノルルマラソン2017」の開催概要は下記の通りです。

【JALホノルルマラソン2017 大会概要】

■大会名称:「JALホノルルマラソン2017」

■開催日時:2017年12月10日(日)午前5時00分スタート

      制限時間なし(フィニッシュエリアのサポートサービスは午後3時まで実施しています。)

■競技種目:フルマラソン(42.195km)・フルマラソン車椅子競技部門(42.195km)

■主催  :HONOLULU MARATHON ASSOCIATION(ホノルルマラソン協会)

■特別協賛:日本航空

■協賛  :三菱UFJニコス/佐藤製薬/スポーツ ビューティ/デサントジャパン

■賛助協賛:NTTドコモ


■最終エントリー数(車椅子競技部門含む)

フルマラソン26,371名(内車椅子競技部門10名)【内日本人11,727名名(内車椅子競技部門3名)】

10Kラン&ウォーク4,864名【内日本人2,418名】


■大会速報写真

※添付している写真は、 http://20.gigafile.nu/1218-77a71cc3545adf00e6d739d5f5b7003d よりダウンロード可能です。(有効期間1週間)

※浅田真央さん、その他の公式素材は下記よりダウンロードし、報道にご利用いただけます。

ご利用の際は必ず(Getty Images for HONOLULU MARATHON)のクレジット表記をお願いいたします。

オールアクセス(メディアサイト) http://www.image.net/honolulumarathon2017



【JALホノルルマラソン2017 大会結果】

<フルマラソン総合/フルマラソン男子>

(順位・総合/氏名/年齢/国籍/記録)

1位/1位 ローレンス・チェロノ 29歳 ケニア 2:08:27(コースレコード)

2位/2位 ウィルソン・チェベト 32歳 ケニア 2:09:55

3位/3位 ビンセント・ヤトル 28歳 ケニア 2:10:38


■総合優勝者/男子優勝者コメント

「20Kくらいからベストのコンディションでした。このマラソンで2度目の優勝が出来て嬉しいです。コースレコードが出るとは思っていなかった。途中雨が降り強い風でしたが、“ゆっくり行こう”と言い聞かせて走りました。湿度は気にならず、かえって走りやすかったです。」



<フルマラソン女子>

(順位・総合/氏名/年齢/国籍/記録)

1位/6位 ブリジット・コスゲイ 23歳 ケニア 2:22:15(コースレコード)

2位/8位 ナンシー・キプロプ 38歳 ケニア 2:29:16

3位/10位 ジョイス・チェプキルイ 29歳 ケニア 2:33:18


■女子優勝者コメント:

「全体的にとても良い走りができたと思います。特に25キロくらいから調子がよくなり、雨も降りましたが、それがかえってよかったです。去年より良かったと思うけれど、2018年はもっと追い込んで、どこかの大会で、記録を作りたいです。」


<フルマラソン日本人トップ>

(順位/氏名/年齢/出身地/所属/記録)

男子 総合7位・男子7位 谷本啓剛(たにもとひろたか) 32歳 千葉県柏市(ウェリントン・スコティシュ) 2:29:07

女子 総合16位・女子5位 吉冨博子(よしとみひろこ) 33歳 佐賀県(メモリード) 2:40:13



■日本人男子1位コメント:

「ホノルル初マラソンで日本人トップ、うれしいです。今はニュージーランドに家族で住んでいて、今回は家族(父・母・弟)で参加しています。他の大会と違い、走りやすく、エイドステーションでの声援も多く楽しかったです。ただ湿度が高く、タイムはあまりよくありませんでしたが、思い出に残る大会となりました。」


■日本人女子1位コメント:

「マラソンは30回程出場経験があります。東京マラソンでは自己ベストの2時間31分28秒を出しました。実家の農業を手伝いながら、所属させてもらって練習しています。今日は体調が悪く、はじめから息があがっていたのですが、沿道からの温かい応援もあって走り切れてよかったです。東京マラソンに向けて、ベストな状態に持っていきたいです。」

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「145218」を
担当にお伝えください。