AIエンジンとの親和性が高い通話アプリ「LCPhone」が登場! サンプリングレート48kHzの高音質により誤認識を軽減

~100万DL突破の高音質通話アプリ「SkyPhone」のビジネス版~

オーエスエスブロードネット株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:宮副 英治)は、セキュアで高音質な法人向け通話アプリ「LCPhone」のAndroid版の提供を開始しました。iOS版は10月末を予定しております。


LCPhone×AI


「LCPhone」URL: http://lcphone.jp



■LCPhoneとは

「LCPhone」は、LTEやWi-Fiなどのスマートフォンのデータ通信を利用する通話アプリです。高品質でクリアな音声が特徴の通話アプリ「SkyPhone」をベースに法人版にしたもので、主に社内利用や内線電話網の代替サービスとして提供を開始しました。

※ 一般のストア配布アプリと異なり、各契約企業向けの専用クラウド環境を構築する必要があります。実際に使用できるようになるのは契約や設定の完了後となります。

詳しくは、LC@lcphone.jpまでお問い合わせください。



■トレンドはAI音声アシスタント

家電などのモノがインターネットとつながる「IoT」、その次のトレンドとして注目される「音声アシスタント」搭載のスマートスピーカーが、メーカー各社で発売予定となっています。

2017年10月6日にGoogleのスマートスピーカー「Google Home」が発売となり、Amazonも年内には「Amazon Echo」を日本でも展開すると発表しました。

すでにネット上には、GoogleとAmazonを実際に使用比較した多くのレポートがありますが、スマートスピーカーでEコマースを利用している人の割合は11%で13位、食べ物やサービスの注文をする人は8%で14位となっています。[出典:comScore]


<スマートスピーカーの使用用途>

1. 一般的な質問 60%

2. 天気予報 57%

3. 音楽ストリーミング 54%

4. タイマーやアラーム 41%

5. ToDoとリマインダー 39%

6. カレンダー 27%

7. ホームオートメーション 27%


さらに近い将来、音声による検索は増加し、調査機関によって見通しに違いはあるものの、30~50%の検索は音声を通じて行われると予測されています。[出典:comScore]



■「LCPhone」の高品質な音声で誤認識を軽減

サンプリングレート48kHzの「LCPhone」は高品質な音声伝達が可能なため、「LCPhone」経由の音声コマンドは誤認識の可能性を低くすることができます。そのため「LCPhone」は“Amazon Alex”や“Google Assistant”などの音声アシスタントサービスへの入出力デバイスとして、「Google Home」等のスマートスピーカーと同等の役割を担えると確信しています。

お手持ちのスマートフォンのマイクやスピーカーを通じてAI音声アシスタントサービスを利用できる可能性にご注目ください。


<プライベートなネットワークを持つ内線網>

・GoogleCloudPlatform上に専用のVMを作り、完全なプライベートネットワーク

・プライベート=セキュアな内線網、発着信できるのは登録者のみ

・1分間の通話で0.36MBのパケット通信を使用(Wi-Fi使用可能ならパケット料も不要)

・基本料は、1番号につき月額100円(税別)

・初期構築費 19,800円(税別)+基本料のみ、リーズナブルでシンプルな料金設定


<LCPhoneの利用が適している要件>

・現在の内線電話網の更新時期にきている。

・企業や団体の社員連絡用内線電話網を整備したい。

・外出や海外出張時の連絡も内線番号で可能。



■アプリ概要

アプリ名  : LCPhone

販売開始日 : iOS 2017年10月末予定

        Android 2017年10月10日

推奨OS   : iOS 9 以上

        Android 6 以上

推奨回線速度: 64kbps以上

公式サイト : http://lcphone.jp



■会社概要

会社名: オーエスエスブロードネット株式会社

代表 : 代表取締役 宮副 英治

所在地: 〒213-0011 神奈川県川崎市高津区久本3-5-7 新溝ノ口ビル5F

URL  : http://ossbn.co.jp

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「141506」を
担当にお伝えください。