外国人の視点で日本のモノ・コトを紹介する英語オウンドメディア...

外国人の視点で日本のモノ・コトを紹介する 英語オウンドメディア「LiiiFE(ライフ)」β版をリリース

~世界各国の編集部認定ライターによる記事を掲載~

越境EC事業を展開する株式会社BENLY(本社:東京都中央区、代表取締役:中瀬 浩之)は、世界各国のライターが外国人の視点で日本のモノ・コトを紹介する英語オウンドメディア「LiiiFE(ライフ)」( http://liiife.tv/ )のβ版を2017年10月20日(金)にリリースいたしました。


LiiiFEトップページ


■LiiiFEについて

LiiiFEは、日本人の視点で日本のモノ・コトを発信するのではなく、世界各国のLiiiFE Logger(記事を掲載するライター)が様々な文化圏の価値観をもとにして、日本のモノ・コトを発信するオウンドメディアです。日本人が作ったモノや日本で起きているコトなどを外国人の視点で検証・評価することにより、日本の素晴らしいモノ・コトを世界中に伝えていく事を目的としています。


β版では、「APPAREL(アパレル)」「FOOD(フード)」「BEAUTY(ビューティー)」「HOBBY(ホビー)」「CULTURE(カルチャー)」5つのカテゴリで日本のモノ・コトを発信します。


年内中に中国語版をリリース、2018年にはロシア語やスペイン語などの多言語で記事を配信し、日本のモノ・コト紹介メディアとして、広く世界各国の外国人に情報発信することを目指します。


※ LiiiFE Loggerとは、LiiiFE編集部が認定した外国人ライターのこと。

※ 記事はLiiiFE編集部のレビューを介した内容を掲載。



■LiiiFEの名称由来について

世界中には「自分が知っている事を多くの人たちに伝えたい語り手(I)」がいます。語り手の伝えたいモノ・コトを配信することで、人の人生(LIFE)が豊かになる架け橋になりたい。その想いでメディア立ち上げました。

LiiiFEの3つの「i」は多くの語り手を意味し、LiiiFEをライフと読みます。



■今後の展開について

1.動画記事の配信

昨今、動画記事が世界的に閲覧されています。LiiiFEでは、より日本のモノ・コトが伝わるよう、動画と書き起こし原稿を組み合わせた「動画記事」を配信します。(2017年12月開始予定)


2.人工知能を活用した記事レコメンデーション

BENLYでは東京工業大学、千葉工業大学と共同でBAIS(BENLY AI System)を開発中です。当該AIシステムを活用し、海外ユーザーの趣味趣向に合う最適な記事をレコメンド表示する仕組みを導入します。(2018年3月開始予定)



■BENLYについて

「Beyond the Border」をコンセプトに、日本国内EC向け越境EC支援事業と海外向け専門のデジタルマーケティング事業を展開している。


会社名 : 株式会社BENLY

代表者 : 代表取締役 中瀬 浩之

設立  : 2014年7月

所在地 : 〒103-0013

      東京都中央区日本橋人形町2-10-5 TMA人形町ビル4F

事業内容: 越境ECトータルサポート事業

      グローバルデジタルマーケティング事業

      メディア運営事業

      海外転送サービス事業 BENLY Express、海外代理購入事業

URL   : http://www.benly.co.jp

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「141009」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報