Tranzax、でんさいネットとの接続協議開始

FinTechベンチャーのTranzax株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小倉 隆志)の100%出資子会社であり、かつ、国から指定を受けた電子債権記録機関※であるTranzax電子債権株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小倉 隆志)は、株式会社全銀電子債権ネットワーク(でんさいネット)との間で、接続協議を開始いたしました。


接続協議とは、電子記録債権法の一部改正を含む「情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律(平成28年6月3日法律第62号)」に基づき、Tranzax電子債権株式会社とでんさいネットの間で、電子記録債権を移動させるための記録機関変更記録の実施に向けた協議です。


本協議開始は、お客様の利便性向上及び電子記録債権市場の発展を目的とするものであり、今後も当社は電子記録債権を活用したFinTech領域における新たなソリューションの提供や新サービスの開発を進めてまいります。


※ 国から指定を受けた電子債権記録機関は国内5社。



■Tranzax株式会社について

Tranzax株式会社は、日本の活力を金融面で支えることをめざし、資産(Asset)中心の守りの金融から、企業活動と商流を裏付けとする攻めの金融(トランザクション・ファイナンス)へのシフトのために、利用者の利便性が高く、革新的なサービスを提供してまいります。


会社名   : Tranzax株式会社(旧社名:株式会社日本電子記録債権研究所) 

設立    : 2009年7月7日

資本金   : 1,524,225,000円/資本準備金 1,056,050,000円

代表者   : 代表取締役社長 小倉 隆志

所在地   : 東京都港区虎ノ門1-12-9 スズエ・アンド・スズエビル6階

グループ会社: Tranzax電子債権株式会社

        資本金 900,050,000円 資本準備金 400,000,000円

        100%子会社 国による指定を受けた電子債権記録機関

ホームページ: http://www.tranzax.co.jp

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「139287」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報