山の日(8月11日)に『誕生木』の指輪とメッセージの贈り物 ...|

山の日(8月11日)に『誕生木』の指輪とメッセージの贈り物  天然木の指輪を販売するイング、12ヶ月の『木言葉』を発案

2017.08.10 17:30

個性を大切にするジュエリーを企画・製作する株式会社イング(本社:東京都台東区、代表取締役:武田 正明)は、言葉の持つ力で心を満たす“マインドフルネス”の提案として、つける人に癒やしを与える天然木の指輪「誕生木(たんじょうもく)」からのメッセージとして、12ヶ月の「木言葉(きことば)」を発案しました。


4月の誕生木「ヤマザクラ」と11月の誕生木「イチョウ」の指輪



「誕生木」は、屋久杉の指輪「千年指輪」と並ぶ株式会社イングの木の指輪ブランド「年輪」の人気シリーズです。2015年11月に発売した「誕生木」は、結婚指輪や記念の指輪として女子大生から中高年男女に至るまで幅広く愛用されています。購入者から「自分を見守り、高めてくれるお守りのような存在」といった声も多く寄せられ、「誕生木」は記念の証としての存在だけでなく、身につける人の心を満たすことのできる存在であることに気づかされました。


そこで、この「誕生木」を身につけ、それぞれの木の性質や日本・世界で愛され続ける由縁、文化に根付いてきた背景など、木の持つ力を表現した「木言葉」に心を向けることで、マインドフルネスな日常を過ごしていただくことを発案しました。

既に多くの人に認知されているものにアメリカで生まれた「誕生石」とそのメッセージ「宝石言葉」がありますが、日本からは、木の指輪「誕生木」と「木言葉」を、大きなスポーツイベントも控え関心が集まる今、国や世紀を越えて愛されるコンセプトとして発信いたします。



【誕生木と木言葉】

誕生木:8月「ケヤキ」

木言葉 :華麗・調和・あなたはバランスよく生きる

ケヤキは個体によって紅葉の色が異なるため、赤から黄色まで様々な紅葉が美しく、樹形も扇を開いたように華やかで、街路樹として人々を楽しませてくれています。木材としても、その木目の美しさ、磨いたときに出る光沢といった見た目の素晴らしさだけでなく、固くて摩耗にも強いなど、内面外面両方兼ね備えた、調和のとれた樹木です。

▽8月の誕生木「ケヤキ」の指輪

https://www.atpress.ne.jp/releases/135395/img_135395_3.jpg


誕生木:9月「ホオ」

木言葉 :包容力・安定・あなたは守られている

ホオの葉はとても大きく、甘い香りに殺菌作用まであることから、古来より食器代わりに活用されてきました。味噌と具材をのせて調理する朴葉味噌(ほおばみそ)は、飛騨高山地方の郷土料理として有名ですね。ホオは、自分が育つ場所をしっかり守る母親のような性質を持つ樹木で、まな板に使うと包丁が錆びにくいことで重宝がられています。

▽9月の誕生木「ホオ」の指輪

https://www.atpress.ne.jp/releases/135395/img_135395_4.jpg


誕生木:12月「モミ」 

木言葉 :慈愛・寛容・あなたは愛されている

一年の内で人々が一番優しい、慈愛に満ちた気持ちになれるクリスマス。その飾りつけの主役クリスマスツリーとして欠かせないのがモミです。サンタクロースの起源とも言われる聖ニクラウスが、人々の健康を願ってモミの木を使ったという言い伝えもあるように、冬でも緑のままでいるモミの木は生命の象徴とされ、魔除けとしても利用されていました。

▽12月の誕生木「モミ」の指輪

https://www.atpress.ne.jp/releases/135395/img_135395_5.jpg


すべての木言葉は以下サイトよりご覧いただけます。

http://www.nenrin.tokyo/kikotoba



【「誕生木」の概要】

名称      : 木の指輪ブランド年輪(TM)「誕生木(TM)」

販売開始日   : 2015年11月11日

販売料金    : 14,904円(税込)~

サイズ     : 縦約20mm×横約20mm×幅2.6mm

種類      : 1月 マツ・2月 クルミ・3月 ヒノキ・4月 ヤマザクラ・

         5月 スギ・6月 クス・7月 トチ・8月 ケヤキ・9月 ホオ・

         10月 クリ・11月 イチョウ・12月 モミ

販売店     : 1/f Anniversary 上野本店 1/f Anniversary 銀座店

誕生木Webサイト: http://www.nenrin.tokyo



森林率が国土の約70%と、先進国では群を抜いて多い山の国の日本は、太古から木と密接につながりながら生活を営んできました。最近、縄文人は栗などの木を育て、食料や生活の糧を得ることで人類史上最も安定した平和な日常を送っていたことが分かってきました。日本人は、木に助けられ、木に癒されつつストレスの少ない生活を送ってきたのです。日本文化において、宝石よりも身近で大切な存在であり続けた木々を素材にした「木言葉」は、世界中で異常気象が頻発する今、木々が作る新鮮な酸素など大切な自然環境に心を向けるきっかけを生み出したいという願いも込めています。

「年輪」は、人々の生命の共通の母である大自然への恩返しを目的として生まれたブランドだからです。「誕生木」を含む「年輪」ブランドの利益の一部は、自然環境保全のための基金としています。



■株式会社イングについて

株式会社TASAKI(旧:田崎真珠)にてマーケティングプランナー兼デザイナーとして活躍していた代表 武田 正明が1989年にジュエリーデザイン会社「株式会社イング」を設立。企業理念「人の心に和みを、社会に潤いを、地球に愛を」の元、人々の暮らしに潤いを与える存在としてのジュエリーを製造・販売。2000年、最も愛する人には、世界一の婚約指輪を贈ってほしいという代表 武田の発想から、ダイアモンドが最も美しく輝く留め方「ヴィーナスグレア」を開発し、特許を取得。代表 武田は環境保全への想いが強く、非常に難易度の高い、薄い板状の木材を貴金属に特殊な技術で貼り付けた指輪「年輪」を約3年かけて商品化させ、その利益の一部を自然環境のための基金にしている。

http://www.nenrin.tokyo/tanjyoumoku

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「135395」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報