日本を代表するオーケストラとの共同企画 ~コンサートホールで...|

日本を代表するオーケストラとの共同企画  ~コンサートホールでオーケストラをもっと楽しむ~ 「東京交響楽団 コンサート&バックステージツアー」のご案内

日 時:2017年10月28日(土)9:30~16:30 会 場:ミューザ川崎シンフォニーホール(神奈川県川崎市)

 株式会社ヤマハミュージックジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林和徳)は、「ヤマハミュージックメンバーズ」*会員を対象に、2017年10月28日(土)、東京交響楽団との共同企画でコンサート&バックステージツアーを開催します。

 本イベントは、コンサートの鑑賞をはじめ、コンサート前にはレクチャーの聴講とリハーサルの見学、また終演後にはバックステージ見学をお楽しみいただける、盛りだくさんの企画です。

 本年2月に開催し好評を得て、再び実現することとなりました。オーケストラファンはもちろん、コンサートホールでオーケストラ演奏を鑑賞するのが初めての方にもおすすめです。

*「ヤマハミュージックメンバーズ」は、音楽を楽しむ皆さま、ヤマハの製品やサービスをご愛用のお客さまに、より充実した音楽ライフをお送りいただくための会員組織です。音楽や楽器に関する情報をお届けするほか、会員限定イベントや各種優待など、さまざまなサービス・特典を提供しています。スタンダード会員(年会費無料)とプレミアム会員(年会費1,500円・税抜)の2種類あります。

▼ヤマハミュージックメンバーズ Webサイト 

https://member.jp.yamaha.com/

  東京交響楽団(ミューザ川崎シンフォニーホール) (C)Ikegami


<東京交響楽団  コンサート&バックステージツアー>

■公演名:

東京交響楽団 川崎定期演奏会 第63回

■日  時:

2017年10月28日(土)9:30~16:30         

■会  場:

ミューザ川崎シンフォニーホール(神奈川県川崎市)

■出  演:

ダニエル・ビャルナソン(指揮)、神尾真由子(バイオリン)、東京交響楽団(管弦楽)

■曲  目:

ビャルナソン「ブロウ・ブライト」(日本初演)、ショスタコーヴィチ「バイオリン協奏曲 第1番」、リムスキー=コルサコフ「交響組曲『シェエラザード』」

■イベント概要:

レクチャーでは、若手注目株の指揮者、角田鋼亮氏が、ご自身の知識と経験に基づき、当日の演奏曲目や出演者について分かりやすく解説します。

ゲネプロ(公演前の最終リハーサル)では、角田氏によるイヤホンの実況解説付きで見学ができます。

指揮者がどのような意図でオーケストラに指示を出しているのか、それに対してオーケストラがどのように呼応し、演奏がどう変わっていくのか、音楽を形成する過程を実感いただけます。

コンサート鑑賞後は、楽屋やアーティストラウンジなどバックステージの見学もできます。ここでしか味わうことのできない、オーケストラの魅力がたっぷり詰まったオリジナルツアーです。

※前回実施(2月)の様子 

https://member.jp.yamaha.com/public/seminar/view/190

■募集対象:

ヤマハミュージックメンバーズ 

プレミアム会員  スタンダード会員 

■参加費(税込):

プレミアム会員 8,000円  スタンダード会員 9,500円

※公演チケット(S席 8,000円相当)付き

■応募期間:

2017年8月8日(火)10:00 ~ 9月5日(火)17:30

■定  員:40名様   

※ご応募が定員を超えた場合は、抽選とさせていただきます。

■応募方法:

下記ヤマハミュージックメンバーズWebサイトよりお申し込みください。

「東京交響楽団  コンサート&バックステージツアー」

https://member.jp.yamaha.com/public/seminar/view/210

■スケジュール(予定):

9:30~10:00  

受付開始(ミューザ川崎 音楽工房内 研修室)

10:00~10:45  

角田鋼亮氏による、オーケストラの楽しみ方や曲目等についてのレクチャー

11:00~12:30  

ゲネプロ(公演前の最終リハーサル)見学。角田鋼亮氏によるイヤホン実況解説付き

一旦解散

14:00~16:00  

コンサート鑑賞

終演後          

バックステージツアー(楽屋、アーティストラウンジ等の舞台裏を訪問予定)

16:30頃 解散

 

■講 師  角田鋼亮 氏(指揮者)

(C)大杉隼平


東京藝術大学大学院指揮科ならびにベルリン音楽大学国家演奏家資格課程修了。2008年、第4回カラヤン生誕100周年記念の第4回ドイツ全音楽大学指揮コンクール第2位。2010年、第3回グスタフ・マーラー国際指揮コンクールにて最後の6人に残る。これまでに、ベルリン・コンチェルトハウス管、ブランデンブルグ響、上海歌劇院管、東京都響、東響、東京フィル、大阪フィル、京都市響等と共演している。セントラル愛知交響楽団指揮者および大阪フィルハーモニー交響楽団指揮者。

 

■この件に関する一般の方のお問い合わせ先

株式会社ヤマハミュージックジャパン  

事業企画部 ミュージックメンバーズ課

〒108-8568 東京都港区高輪2-17-11

 TEL:03-5488-6685(月~金 10:00~17:45 ※祝祭日を除く)

プレスリリース添付資料

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「135199」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報