個人投資家の競売に対する意識調査結果報告 ~ 82%の個人投...

個人投資家の競売に対する意識調査結果報告  ~ 82%の個人投資家が競売に非常に興味 ~

ジーニアスファクトリー株式会社(代表取締役CEO:高城 永地)では、同社が運営する不動産投資アカデミー(責任者:融資コンサルタント 小川 武男)が実施した、個人投資家の競売についての意識調査の結果を報告いたします。

82%の個人投資家が競売に非常に興味がある、と熱い眼差しを競売での収益投資に向けていることがわかりました。


■質問内容とその解答数

競売についての関心レベルは?(選択回答)

・すぐにでも実践したい   :34人
・非常に関心がある     :87人
・なんとなく関心がある   :22人
・知ってはいるが興味はない : 1人
・競売はやらないと決めている: 0人
・無回答          : 3人


競売に対して不安に思うこと(自由回答)

・入居者、明渡しについて       :86件
・物件の瑕疵、内見できないことへの不安:39件
・融資について            :49件
・落札、手続き関係          :49件
・物件の見分け方           :43件
・その他               :47件


競売のプロに教えてほしいこと(自由回答)

・入居者、明渡しについて       :19件
・物件の瑕疵、内見できないことへの不安:8件
・融資について            :20件
・落札、手続き関係          :52件
・物件の見分け方           :72件
・その他               :49件


■調査結果についての分析

【全体の23%がすぐにでも実践したい、97%が興味がある。】
弊社が競売に対して調査した結果、個人投資家の97%が競売に興味を持っていることが分りました。

個人投資家が競売に興味がある背景には、競売の法律が整備されて個人でも競売に参入しやすくなったことが挙げられます。
また、競売物件数が増えたことにより、魅力的な収益物件の絶対数も増え、『自分でもできるのではないか?』という個人投資家の期待感が高まっていることがアンケート調査から読み取れました。

競売物件数が増えた背景には、リーマンショック後の起業の相次ぐ経営破たんと個人の破産が影響しています。
さらに銀行が融資を絞っているため、任意売却物件への融資も厳しくなっている現状があります。
任意売却が減っていることにより、落札に至る物件が増えています。


【57%の不動産投資家が、競売を考える上でその物件の入居者、明渡しに不安を持っている。】
以前からも個人投資家が競売物件に参入するのに占有者問題が不安だという声がありました。
今回行った調査でも競売をして不安に思う1番に【入居者、明渡しについて】という調査結果になりました。

しかし、最近では法律が整った結果、個人投資家が抱くような占有者問題も少なくなっているのが現状です。


【競売で教えてほしいことは物件の見分け方】
競売の専門家に教えて欲しいことでは、物件調査書などの競売特有の資料の読み方について知りたいと挙げる個人投資家が49%とほぼ半数になりました。


<調査概要>
調査対象:弊社不動産投資教材購入の会員
調査方法:会員へのアンケートメール
回答者数:147人
調査期間:2009年10月21日(水)~2009年10月23日(金)


【今回の意識調査結果を受けて】
最近、不動産投資家の間で競売に興味を持っている方が増えているのは、多くのお客様とお会いする中で実感はありました。しかし、改めてアンケート結果を見ると関心の高さがうかがえます。

ただその一方で、多くの方が競売に関心はあるものの、詳しいことがわからないことに起因する不安も持っていることが、アンケート結果から見えました。

弊社としては今後、投資家の競売に対する不安解消や実務能力向上のため情報発信をしていこうと考えております。


■ジーニアスファクトリー株式 会社概要
商号   : ジーニアスファクトリー株式会社
代表者  : 代表取締役CEO 高城 永地
本店所在地: 東京都豊島区池袋二丁目75番1号 第一岸本ビル4F
設立   : 2008年6月16日
事業内容 : 経営コンサルティング、
       DVD教材の企画、制作、販売
       (融資コンサルタント 小川 武男のアパートローン必勝マニュアルなど)
資本金  : 300万円
URL    : http://www.genius-factory.jp/

カテゴリ:
調査・報告
ジャンル:
金融
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「12883」を
担当にお伝えください。