「大阪、京都、びわ湖を結ぶ京阪電車」のブランドイメージを統一...|

「大阪、京都、びわ湖を結ぶ京阪電車」の ブランドイメージを統一 大津線車両のカラーデザインを変更します

 京阪電気鉄道株式会社(本社:大阪市中央区、社長:加藤好文)では、平成29年度から、大津線(京津線、石山坂本線)全車両のカラーデザインを順次変更します。

カラーデザインには、京阪線一般車両と同様のものを採用。成長・発展・若々しさといった京阪電車の企業カラーを象徴する伝統色「緑色」に白色を織り交ぜることで、現代的感覚をプラスしたカラーデザインです。現在大津線には、若草色(ライト・グリーン)と青緑色(ダーク・グリーン)のツートンカラーの600形、700形と、びわ湖の水面をイメージしたパステルブルーと日本の伝統色である灰白、刈安(イエロー)の3色を用いた800系がありますが、今回の変更により、京阪線と大津線の車両イメージが統一されることになります。

 これと同時に、新たに京津線、石山坂本線の路線識別マークを設定。行先表示器と並べて表示することで、両路線を識別しやすくし、お客さまの利便性を高めます。

京阪グループでは、中期経営計画「創生果敢」(平成27~29年度)の主軸戦略の一つとして「観光創造」を掲げており、びわ湖~京都・岡崎エリアの観光活性化や比叡山を含むびわ湖淀川水系を「水の路」として観光ルート化し“人の流れ”の創出に取り組んでいます。今回の大津線車両のカラーデザイン変更や平成30年3月に予定している大津線4駅の駅名変更などにより、「大阪、京都、びわ湖を結ぶ京阪電車」としてのイメージを訴求し、観光客のさらなる誘致を図ってまいります。

 詳細は別紙のとおりです。


(別紙)

1.車両デザイン概要

・京津線

(1)該当車両:800系

(2)車両数:32両

(3)配色:上部:濃緑色(レスト・グリーン)

帯線:黄緑色(フレッシュ・グリーン)

下部:白色(アトモス・ホワイト)

(4)コンセプト:緑色は、緑あふれる沿線風景に重なるとともに、成長・発展・若々しさといった京阪の企業カラーを象徴しています。京阪の伝統色であるグリーンに白色を織り交ぜることで、現代的感覚をプラスするカラーデザインです。


800系(新塗色イメージ)


・石山坂本線

(1)該当車両:600形、700形

(2)車両数:600形 20両、700形 10両

(3)配色、(4)コンセプトは、京津線と同様


2.路線識別マーク概要

800系(京津線)と600形、700形(石山坂本線)が同じ配色となるため、本年6月より路線識別マークを設定し、両路線を識別しやすくします。


・京津線

コンセプト:山を越えて東西へ

山を越えて東西に走る路線を抽象化したデザイン。

山をイメージした三角形の下の破線は、

京津線を走る4両編成の車両を抽象化し、

色は、自然豊かな沿線の緑を感じる色としました。


・石山坂本線

コンセプト:湖のほとりを南北へ

湖のほとりを南北に走る路線を抽象化したデザイン。

びわ湖をイメージした三角形の左の破線は、

石山坂本線を走る2両編成の車両を抽象化し、

色は、沿線に点在する歴史的な寺社仏閣の歴史を

感じる色としました。


3.変更時期

  本年4月から順次塗装工事に取り掛かり、1編成目(700形)が6月から営業運転を開始するのを皮切りに、平成32年度までに全車両の塗装変更を完了する予定です。

平成29年4月 塗装工事着手

     6月 1編成目(700形)の塗装変更完了、営業運転開始

            路線識別マークの運用開始

平成33年3月 全車両の塗装変更完了


以  上


プレスリリース添付資料

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「124226」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事