朝日広告社、クラウドソーシングを活用した動画サービス「ASA...|

朝日広告社、クラウドソーシングを活用した動画サービス 「ASAKO VIDEO CROWD」の提供を開始

~オンライン動画広告のニーズに対応したクラウド型の動画制作体制を構築~

2016.12.02 10:00

 株式会社朝日広告社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:上田 周)は、市場が拡大するオンライン動画広告における柔軟な制作体制の構築を目指しクラウドソーシングを活用した動画サービス「ASAKO VIDEO CROWD」の提供を開始します。

体制図
体制図

 朝日広告社は、ローコスト・ハイクオリティな動画制作のクラウド体制を構築しました。日本国内のみならず全世界に6,000人以上の映像クリエイターを抱える世界最大級の動画制作クラウドサービス90 Seconds Japan、約13,000人の登録声優を抱えるPanda Graphics「Voip!」、約4,000曲の楽曲ストックを有するETUDEを統括。動画の制作から配信までをワンストップでサービス提供します。


■背景
 オンライン動画広告は、デジタル領域のトレンド市場で今後成長が見込める市場です。テクノロジーの進化により柔軟な広告配信が可能で、映像表現をどのようにユーザーに届けるかを自由に選定することができます。一方で、制作環境においては、旧来のテレビCMの制作手法に準じた制作体制・進行がまだまだ一般的で、柔軟な配信予算・期間・規模に対応できる制作体制の整備が急務となっています。


■ASAKO VIDEO CROWDとは
 「ASAKO VIDEO CROWD」は、数多くのCM制作実績を持つ総合広告会社である当社が提供する、クラウドソーシングを活用した新しいカタチの動画サービスです。当社がクラウドソーシングおよびストックサービスを中心に事業展開する3社と協業し、広告制作から配信までをワンストップで提供します。


■ASAKO VIDEO CROWDの協業3社について
 映像制作は、世界7カ国に拠点を有し、日本国内のみならず、全世界で活動する映像クリエイター6,000人以上をクラウドで束ねる90 Seconds Japan社が担当。国内での映像制作はもとより、海外ロケが必要な表現もスピーディ、高品質、ローコストで対応できます。これまでに世界70カ国、1,000社以上のクライアントに10,000本以上の映像を納品した確かな実績を持っています。
 ナレーションなど声の制作は、約13,000人の登録声優をクラウドで束ねる「Voip!」を提供するPanda Graphics社が担当。無料オーディションにより動画に最適な声を選定することができます。
 楽曲の制作は、約4,000曲の楽曲ストックを有するETUDE社が担当。完全オリジナル楽曲の制作からストック楽曲の提供まで、ご要望に合わせて柔軟な楽曲サービスの提供が可能です。


■ASAKO VIDEO CROWDにおける当社の役割について
 「ASAKO VIDEO CROWD」の提供を通じて、当社はオンライン動画広告における複雑なKGI・KPI設定や市場調査などの「マーケティング支援」、データドリブンな訴求軸の選定やクリエイティブディレクションなど品質管理を含めた「表現支援」、動画広告の配信から実施レポーティングや運用改善対応などの「広告配信支援」を担当領域としたソリューションを提供します。
 当社は、90年以上にわたって多くの企業のプロモーションおよびマーケティングを支援し、マスメディアからインタラクティブメディアまで多種多様な動画制作を重ねてきました。当社が持つ数々の実績に基づく動画マーケティングにおける幅広い経験とノウハウをクラウド型の動画制作に活かし、ローコストかつハイクオリティ・ハイパフォーマンスな動画広告の提供を目指します。

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「117392」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ