ディランのソングライターとしての魅力に萩原健太が迫る!高田漣...|

ディランのソングライターとしての魅力に萩原健太が迫る! 高田漣の新連載「Gジャン放浪記」がスタート

エリス メディア合同会社発行のいままでにないフリー(無料)の電子書籍版音楽雑誌「ERIS/エリス」第17号は12月8日(木)発行。巻頭では米国を代表する偉大なバンド、グレイトフル・デッドに改めて注目。さらにノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランの魅力を萩原健太が詳しく解説します。

ボブ・ディラン
ボブ・ディラン

本人のみならず、現在までに2,700以上のアーティストによって歌い継がれてきたディラン作品。ノーベル賞という栄誉に輝いた唯一無二の歌詞はもちろん、そのメロディの背景に何があるのか、本誌編集長、萩原健太が多角的に掘り下げます。

巻頭は、昨年50周年記念限定復活公演(DEAD50)を行い世界中の注目を集めたグレイトフル・デッド。そのショー体験とバンドの軌跡を60年代から活躍するロック・ジャーナリストの室矢憲治が徹底解説。面白エピソードもたっぷり。

2つの新連載もスタートします。マルチ弦楽器奏者の高田漣が、楽器目線、演奏家目線で観聴きした音楽をテーマに綴る「Gジャン放浪記~楽器オタクの雑記帳」は、自身のルーツ探訪的要素も含む楽しいエッセイ。音楽評論家・能地祐子が米国クラシックを中心に、ロック、フォーク、アメリカーナなど米国ポピュラー音楽全体に思いを巡らす「オレに言わせりゃクラシック」も、幅広い音楽ファンに楽しんでいただける内容となっています。

人気連載「モア・ザン・ライナーノーツ」にはブルース・ギタリスト / 音楽評論家の小出斉が初登場。自身が最も影響を受けたというエディ・テイラーのギター・プレイが堪能できる『エディ・テイラー&ザ・ブルースハウンズ / レディ・フォー・エディ』について渾身のレビューを展開します。


【雑誌概要】
タイトル  :「ERIS/エリス」第17号( http://erismedia.jp )
発行日   :2016年12月8日(季刊年4回発行、2012年創刊)
発行場所  :webサービス「BCCKS」( http://bccks.jp/ )
商品形態  :HPでのメールアドレス会員登録により無料で購読
購読登録者数:22,000人
編集人   :萩原健太
記事内容  :通常の音楽誌が扱う新譜、ライヴ情報などは載せず、
       個性溢れる著名執筆陣が1万字のボリュームで音楽を
       熱くマニアックに語ります。音楽を読む楽しさ満載!

報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「116749」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ