世界初のトレーディングカードゲーム『マジック:ザ・ギャザリン...|

世界初のトレーディングカードゲーム 『マジック:ザ・ギャザリング』 「グランプリ・京都2016」イベントレポート  ~3年ぶりのチーム戦に、779チーム・2,337人が集結!~

2016.09.21 11:30

 トレーディングカードゲーム『マジック:ザ・ギャザリング』の大型イベント「グランプリ・京都2016」が、9月9日(金)~11日(日)に京都・京都パルスプラザにて開催されました。
 合計779チーム・2,337名のプレイヤーが参加したメインイベントでは、2日間にわたる激戦を勝ち抜いたThe Sun(松本選手/市川選手/瀧村選手)が優勝、チーム合計賞金15,000米ドルを獲得しました。

「グランプリ・京都」イベントロゴ
「グランプリ・京都」イベントロゴ

※「グランプリ・京都」イベントロゴ
https://www.atpress.ne.jp/releases/112314/img_112314_1.jpg
※グランプリ・京都2016優勝チーム The Sun(松本選手/市川選手/瀧村選手)
https://www.atpress.ne.jp/releases/112314/img_112314_2.jpg

「グランプリ・京都2016」イベント特設ページ
http://coverage.mtg-jp.com/gpkyo16/


イベント名称 :グランプリ・京都2016
開催期間   :2016年9月9日(金)~11日(日)
開催場所   :京都パルスプラザ
参加者数   :779チーム・2,337名(メインイベント参加者のみの合計)
チーム賞金総額:60,000米ドル
チーム優勝賞金:15,000米ドル


 「グランプリ」とは、誰でも参加可能な最高レベルの競技イベントと、競うだけではなく楽しめるバラエティ豊かなサイドイベントを兼ね備えた「マジックのお祭り」です。1シーズンに40~50回開催されており、ほぼ毎週末に世界のどこかでグランプリは開催されています。上位に入賞することで賞金のみならず、世界中のトッププレイヤーが集う世界大会「プロツアー」への招待を獲得することができます。

 「グランプリ・京都2016」は、3人チーム戦での開催でした。日本で3人チーム戦でのグランプリが開催されるのは、2013年以来じつに3年ぶりとなります。メインイベントには国内外から779チーム・2,337人の選手が集結し、盛り上がりを見せました。

※「グランプリ・京都2016」会場風景
https://www.atpress.ne.jp/releases/112314/img_112314_3.jpg

 メインイベントの予選でのフォーマット「3人チーム戦シールド・デッキ」はその場で開封したブースターパックからチームメイトの知恵を結集し3人分のデッキを構築します。限られたカードからデッキを組み上げる技術や、その強さを見極める力が試されます。

 10日(土)には9回戦が行われ、6勝3敗以上の成績を残した168チームが11日(日)の最終競技に進出。最終日には5回戦が行われ、優勝をかけて戦う参加者は4チームに絞りこまれました。

※トップ4に進出した4チーム
https://www.atpress.ne.jp/releases/112314/img_112314_4.jpg

 決勝戦まで進出したのは、どちらもプロプレイヤーを中心に組まれたチームである、The Sun(松本選手/市川選手/瀧村選手)と、Kenkenbaaaa(行弘選手/北原選手/山本選手)の2チーム。どちらが勝ってもおかしくない、会場でも有力と目されていたチームでした。

※決勝戦の様子
https://www.atpress.ne.jp/releases/112314/img_112314_5.jpg

 一進一退の攻防の末、勝負の行方は市川選手と北原選手の対戦に託され、この大一番を市川選手は見事に制し、The Sunの優勝を決めました。

※優勝が決まった瞬間
https://www.atpress.ne.jp/releases/112314/img_112314_6.jpg

 チーム合計賞金15,000米ドルと、プロプレイヤーである3人のキャリアに新たな1ページを加えました。また、招待条件を満たした上位4チームの選手には、アイルランド・ダブリンで来年2月開催予定のプロツアー『霊気紛争』の参加権利や現地までの航空券が与えられました。

 同会場ではメインイベント以外にも様々なイベントが開催され、初心者からベテランまで楽しむことができる3日間となりました。マジックをプレイするイベント以外にも、様々なカードやグッズ、京都土産までも入手できるディーラーブース、飲食が楽しめる屋台、疲れを癒すマッサージ処、アーティストのサインコーナーも盛り上がりを見せました。

※ディーラーブースでは京都お土産の購入も
https://www.atpress.ne.jp/releases/112314/img_112314_7.jpg
※疲れを癒すマッサージ処/飲食が楽しめる屋台
https://www.atpress.ne.jp/releases/112314/img_112314_8.jpg
※アーティストのサインコーナー
https://www.atpress.ne.jp/releases/112314/img_112314_9.jpg

 また、会場の入り口には現在販売中の小型セット『異界月』と9月の十五夜をかけて、マジックの月に関するアートが並べられました。このスペースでは川柳を書くこともでき、プレイヤーやスタッフが思い思いの内容を書いて、展示されている絵の隣に並べていました。

 本大会の模様は「ニコニコ生放送」を通じて生中継され、2日間の視聴者数は14万人を超えました。大会の結果、試合の模様を取材した記事など、詳しくはイベント特設ページ( http://coverage.mtg-jp.com/gpkyo16/ )をご覧ください。次回のニコニコ生放送は、現地時間10月14日(金)~16日(日)開催の「プロツアー『カラデシュ』」でもお届けする予定です。

※現地からニコニコ生放送にて大会の模様を生中継
https://www.atpress.ne.jp/releases/112314/img_112314_10.jpg


◆マジック:ザ・ギャザリングとは?
<世界初、世界最高の戦略トレーディングカードゲーム>
 マジック:ザ・ギャザリングは1993年にアメリカで発売された、世界初のトレーディングカードゲームです。数学者のリチャード・ガーフィールドによって生み出され、現在では11の言語で翻訳、全世界で70以上の国と地域で2千万人を超えるファンとプレイヤーを魅了しています。各国の代表選手がチーム戦を繰り広げる「ワールド・マジック・カップ」をはじめ、世界規模の大会が数多く開催されているのも特徴です。『マジック:ザ・ギャザリング』では入手したカードでデッキを構築し対戦相手と戦います。強大なクリーチャーを召喚したり、強力な呪文を唱えながら、対戦相手のライフを0点にするなどの勝利条件を満たすことを目指します。年間を通して発売される新しいカードセットにより、ゲームの環境は常に変化しています。

日本公式ウェブサイト: http://mtg-jp.com/


■会社概要
商号  : Wizards of the Coast LLC
所在地 : 1600 LIND AVE SW SUITE 400 RENTON WA 98057 (本社)
      〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-8-2 (東京オフィス)
代表者 : Chris Cocks
設立  : 1990年
事業内容: ゲーム出版、デジタルゲーム開発運営
URL   : http://company.wizards.com/

(c) 2016 Wizards of the Coast LLC, a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「112314」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事