日本初!?革を洗った結果を数値化 革クリーニング店「革水」が...

日本初!?革を洗った結果を数値化  革クリーニング店「革水」が洗浄技術を科学的に証明

革クリーニング専門店「革水」を運営する有限会社九州ホールセール(所在地:熊本県熊本市、運営責任者:藤木 幸広)は、日本で初めて革を洗う技術を数値化し、当社で提供する皮革衣類・毛皮製品のクリーニングの仕上がりについて、革を綺麗にするだけでなく洗った後も風合いが維持されると科学的に証明されたことをご報告します。

革を洗う様子
革を洗う様子

「革水」検証結果について
http://www.kawasui.com/leather-test-results

なお今回の検証は、第三者機関である地方独立行政法人大阪府立産業技術総合研究所に依頼し、クリーニング後の汚れの除去や風合いなどの状態を「外観変化観察」から「電子顕微鏡検査」まで6つの項目にて検証いたしました。


■皮革試験を行う背景
革クリーニング専門店「革水」は、インターネットを通じて全国から革クリーニングのご注文をいただいています。
その中には「洗うことで革が縮みませんか」「本当に洗っているの」「以前出した所でバッグをダメにされたのですがそちらは大丈夫ですか」など、革を洗うことに対しての不安の声もよく目にします。
そこで「革水」では、安心して革クリーニングのご依頼していただくために、日頃から行っている作業を数値化することで、根拠のある発信ができるのではと考えました。この試みは日本、おそらく世界でも初めてのことです。


■今回の皮革試験の内容について
今回の検証は独立行政法人大阪府立産業技術総合研究所に協力を依頼し、クリーニング工程である前処理・洗い・仕上げ(加脂)の3工程のうち、前処理と洗いのみの試験をいたしました。

皮革試験では、汚れやカビのついたタイプの異なる皮革衣類・毛皮製品を左右2分割して、ビフォーアフターの比較・分析を行います。
革を洗うということは、革に負担をかけることであるため、当社でも革クリーニングについて少なからず素材へストレスを与えていると考えていました。

しかし検査の結果は、「革水」のクリーニングは革の主成分であるタンパク質がほとんど抜けず、硬化や縮みの心配がなく革の柔軟性を向上させることが認められました。
普段から革ならではの味わいや風合いを大切にした作業を心がけた結果として、当社の技術力が証明されたことを嬉しく思っております。

※数値したクリーニングの試験結果の詳細はホームページよりご覧下さい。
http://www.kawasui.com/leather-test-results


■「革水」について
「革水」は、熊本県熊本市西区にある革専門のクリーニング店です。
熊本地震により一部工場の損壊する、水の供給がストップするなどの状況から、県内外のお客様から励ましの言葉や支援に助けられ、現在では復旧し通常の営業を再開できるまで回復しました。

http://www.kawasui.com/


■会社概要
会社名  : 有限会社九州ホールセール
所在地  : 熊本県熊本市西区蓮台寺4-2-1
運営責任者: 藤木 幸広
TEL    : 096-234-8677
FAX    : 096-354-8666
E-MAIL  : info@kawasui.com
設立   : 1983年11月
事業内容 : 皮革クリーニング、毛皮クリーニング、一般クリーニング
Webサイト : http://www.kawasui.com/

プレスリリース動画

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「111456」を
担当にお伝えください。