現代のダヴィンチと称されるアーティスト、テオ・ヤンセンが『エ...

現代のダヴィンチと称されるアーティスト、 テオ・ヤンセンが『エコー・アワード』受賞

~環境に配慮した最も革新的なアート作品として高く評価~

世界環境デーの6月5日、ベルギー・ブリュッセルにて開催される「第一回エコー・フェスティバル(ECHO FESTIVAL)」にて、オランダのキネティック・アーティスト、テオ・ヤンセン(Theo Jansen)が、UNEP(国連環境計画)より『エコー・アワード』を授与されます。
テオ・ヤンセンの創る、風力を動力源として自ら歩き出す不思議な巨大生命体“ストランドビースト”(STRANDBEEST、オランダ語で“砂浜の生物”)が、環境に配慮した最も革新的なアート作品として高く評価されました。

テオ・ヤンセンと“ストランドビースト”
テオ・ヤンセンと“ストランドビースト”

地球に優しいエコライフをテーマに、UNEPの後援の下、「エコーフェスティバル」は今年第一回目の開催を迎えました。
今回、テオ・ヤンセンの他、坂本龍一も同アワードを受賞しています。

ECHO FESTIVAL公式サイト(英語): http://www.echofestival.org/

“ストランドビースト”の動画は、こちらでご覧いただけます。
http://www.theojansen.net/


【テオ・ヤンセン プロフィール】
1948年、オランダのスヘーヴェニンゲンに生まれる。デルフト大学で物理学を学び、1975年に画家となる。1990年から“ストランドビースト”制作を開始、2006年南アフリカのBMWのテレビコマーシャルで映像が使用され世界的に注目を集め、現代のダヴィンチとも称されている。

2009年1月~4月まで東京・日比谷パティオにて行われたテオ・ヤンセン展は大好評を博し、7月から韓国・ソウルにて同展示会が開催される予定です。


◇キネティック・アーティストとは
動く作品、または動くように見える作品を創造するアーティスト


【株式会社メディアフォースについて】
弊社は、テオ・ヤンセンと、日本を含むアジア・オセアニアおよび北米地域のエージェント契約を締結しております。

会社名:株式会社メディアフォース
代表 :代表取締役社長:宮島 比呂美
所在地:東京都港区虎ノ門4-1-21 葺手第二ビル3階

テオ・ヤンセン日本オフィシャルサイト[THEO JANSEN JAPAN]
http://www.theojansen.net/


※文中敬称略

カテゴリ:
告知・募集
ジャンル:
アート・デザイン
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「11127」を
担当にお伝えください。