ラズパイに搭載可能なLTE通信モジュールを発売 IoT/M2...

ラズパイに搭載可能なLTE通信モジュールを発売  IoT/M2M普及の起爆剤に

IoT/M2M/ロボットの企画・開発・販売を行う株式会社CANDY LINE(本社:東京都板橋区、代表取締役:岡田 昇一)は、シングルボードコンピューター「Raspberry Pi」にLTE通信機能を追加する拡張ボード『LTEPi for D』を、2016年8月10日に発売いたします。
なお、2016年9月6日までDMM.make AKIBA Base(東京都千代田区)にて展示しています。

『LTEPi for D』
『LTEPi for D』

『LTEPi for D』製品ページ
http://www.candy-line.io/proandsv.html


【『LTEPi for D』開発の背景】
CANDY LINEは、IoT/M2M導入や開発の初期投資コストを下げた商品が欲しいとのお声をいただいたことから、このたび『LTEPi for D』を開発いたしました。
『LTEPi for D』は、NTTドコモのLTE「Xi(R)(クロッシィ)」エリアおよび3G「FOMA(R)(フォーマ)」エリアに対応したLTE通信モジュールを搭載した「Raspberry Pi」用の拡張ボードです。


【『LTEPi for D』の特長】
1. Node-REDベースのフローエディタ「CANDY RED」を提供
「CANDY RED」は、Node-REDベースのブラウザ上で無料で利用できるフローエディタです。ブラウザ上でフローを作成するだけで、「Raspberry Pi」でクラウドに容易に接続できるようになります。

2. LTE通信モジュール搭載で高速通信が可能
LTEモジュールを搭載し、3G回線と比較し高速データ通信が可能です。

3. 「Raspberry Pi」で利用が可能
「Raspberry Pi B+」や「Raspberry Pi 2 Model B」の拡張コネクタに取り付けることで、「Raspberry Pi」で利用できる世界中のハードウェアやソフトウェアの豊富な資産が利用可能です。


■製品概要
名称    : LTEPi for D
発売開始日 : 2016年8月10日
販売価格  : 29,800円(税別)
販売場所  : Robotma.com( http://www.robotma.com/ )
       ※順次、販売店は拡大予定
サイズ   : 85mm×56mm ※突起物を除く
電源電圧  : DC5V
SIMソケット: nano SIM
付属品   : スペーサー、ビス、USBケーブル、アンテナセット
       ※Raspberry Piは含まれておりません。
URL    : http://www.candy-line.io/proandsv.html


■会社概要
CANDY LINEは「つなぐ・手軽に・楽しく」をコンセプトに、IoT関連製品の企画・開発やサービスの展開をしています。今後もIoTに利用可能な製品やサービスの開発を行ってまいります。

商号  : 株式会社CANDY LINE
代表者 : 代表取締役 岡田 昇一
所在地 : 東京都板橋区蓮沼町34-1
設立  : 2016年4月
資本金 : 1,000万円
業務内容:
1. IoT/M2M/ロボットに関するハードウェアの企画・設計・開発・製造・販売
2. IoT/M2M/ロボットに関するソフトウェアの企画・設計・開発・販売・サービスの提供
3. IoT/M2M/ロボットに関するコンサルティング業務

URL: http://www.candy-line.io/


※報道資料に記載されている情報は発表日現在のものです。そのため、内容が予告なしに変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。
※記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。